眠いけど頑張りたいときは(眠気防止剤のお話)

 当エッセイに、テーマのご要望を頂戴いたしました。

 リクエストは『眠気覚ましの薬』について。ずっと気になっていらっしゃった、とのこと。 


 誰しも一度は戦ったことのある睡魔。やつらは不滅で、何度でも襲ってきます。

 強大な影響力の前に、耐えるしかできない人類。だからこそ、一つでも多くの対抗手段を用意しておきたいものです。


 大したことはお話しできませんが……承りました。

 本日は眠気覚ましの薬についてお話いたします。



「眠くなくなる薬ってことぉ? なーんかヤバみを感じちゃうんですけどぉ……」


 ヤバくありません。『眠気防止薬』なんて名称でくくられることが多い、合法の医薬品です。使用年齢は15歳以上がほとんどですが。

 ドラッグストアでは比較的メジャーな商品で、価格も比較的お手頃。錠剤や液体タイプなどがあります。


 気になる成分ですが、特別なものではございません。

 眠たいときに飲むものと言えば……コーヒーですね。眠気を覚ましてくれるカフェインが含まれていますから。


 このカフェインが、眠気覚ましの薬の主成分なのです。

 

「ちょっと待って調べるから。えーと、カ……フェ……イ……」


 グーグル先生に聞かずとも、簡単にですがご説明いたしますよ。


 カフェインとは、主にコーヒー豆や茶葉に多く含まれている成分。

 脳の覚醒作用があるため、眠気を覚ます他に、集中力アップにもつながります。


 その他にも、体のエネルギー作りや脂肪燃焼のお手伝いをしたり、だるさを抑えてくれたり。頭痛緩和を目的として、風邪薬に入っていたりもしますね。

 色々なサポート能力を備えた成分なのです。


「眠気覚ましって言やぁ栄養ドリンクだと思っていたんだが……どう違うんだ?」


 栄養ドリンクにもカフェインはよく含まれています。なので、効果としては期待できますよ。違いはカフェインの量です。


 製品によって様々ですが、通常サイズのビン(約100ml)にだいたい50mgでしょうか。これはコーヒー1杯あたりに含まれる量とほぼ一緒です。


 他の商品とも比べてみましょう。

 眠くて眠くて仕方がない気分を打ち破ってくれそうなドリンクや、目がしゃきっと覚めそうなドリンクは、コーヒー約2杯~2杯半分のカフェインを含んでいます。


「元気出すなら、やっぱエナジードリンクっしょ! 今どきは絶対コレ!」


 バリエーション豊富なエナジードリンクは、製品によってカフェイン量がコーヒー約1杯~2杯半と大きく異なります。最近の主流はこちらでしょうか。


 対して、眠気防止薬は一回分の服用でコーヒー約3~4杯分を摂取できます。用法・用量を守れば一日に8~10杯分の摂取が可能。

 飲み物でカフェインを摂ると、水分量も多くなります。だから薬は、もっとも効率の良いカフェイン摂取アイテムなんですね。


「やだなあ~怖いなあ~、カフェインの摂りすぎ……背中がゾクーっとしたんだ」


 怪談を話す稲川淳二さんばりの怯え方じゃないですか。怖い話は嫌いじゃないですが、店内でのロウソクのご使用はお控えください。火災報知器が反応する可能性がございますので。


 たしかにカフェインの取りすぎは体に悪いです。

 過剰な摂取は神経が刺激され過ぎて、めまいや不安などを引き起こします。消化器管も刺激するので、吐き気を感じたり、お腹を下すことも。


 じゃあどれくらいまでなら問題がないのか。

 実のところ、日本には明確な定めがありません。カフェインの影響は個人差が大きいので、決められないらしいです。


 海外の管理機関の発表によると、一般成人(体重70kgの人)は一回に200mg以下、一日に400mg以下であれば悪影響は出ないそうです。あくまで目安ですよ。

 妊婦さんや授乳中の女性は異なるので、注意しましょう。


「薬やカフェインについてはよく分かったけれど……実際効くのかな?」


 これも個人差です。使用してみなければ分かりません。

 

 普段コーヒーを飲んで眠気が抑えられる人は、眠気防止薬の効果も高いでしょう。

 逆にコーヒーで目が覚めない方は、薬の効果が薄いかもしれません。カフェイン以外の成分も含まれている製品を試して、自分にベストマッチする眠気覚ましを見つけてください。


「よっしゃ! コンテスト応募に向けて、毎日飲んで書きまくってやるぜ!」


 たまにならともかく、毎日はやめておいた方がいいと思います。

 個人的に眠気防止薬の常用は、あまりお勧めできません。

 こんな人もいますよ、って話なんですけれどね……。




 入社して二年目の、ある冬の日の話です。


 毎日忙しく、その日も職場を出たのは日付が変わってからでした。

 車に乗って体をシートに鎮めると、急激に襲ってくる睡魔。

 だけど日が昇る前に出社しなければなりません。

 車内で仮眠も連日は辛い。せめて一度家に帰ってシャワーを浴びたい。


 眠気を抑えるため、液体タイプの眠気防止薬を飲み干しました。

 効果は抜群で、ここ一週間ほど、毎日頼っている必需品です。

 カフェインが全身に回るのは約30分。効いてきた時間を見計らい、運転を始めました。



 サイドブレーキを引いたのは自宅の駐車スペース。

 エンジンを止めたところで、ハッとしました。


 いつ・・帰ってきた?


 職場から自宅の駐車場まで運転してきた記憶がない。気がついたら家の前。

 三十分にも満たない、今さっきの出来事にも拘わらず、まったく思い出せないのです。


 実は先日も似たようなことがありました。

 気がついたら業務を終えていて、過程の記憶はまったく思い出せない。

 思い当たる原因は、短い睡眠時間をごまかすために朝晩飲んでいる薬くらい。


 車を降りて外装を確認すると、バンパーがへこんでいました。まったく“覚え”がありません。


 記憶が抜け落ちていることを自覚した時の恐怖。

 それ以来、どれだけ眠くても、眠気防止薬を口にしなくなりました。




「作り話? それとも竹鋸さんの……」


 一人称が誰かは置いといて。

 カフェインの多量・継続摂取は気をつけて利用しましょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます