洗いたての服は心が躍る(洗濯洗剤のお話)

 私は洗濯が好きです。


 晴れ渡る空の下で洗濯物を干すのはとても楽しい。日々の嫌なことも忘れるくらいに。


 例えば、入店してレジに直進してきたお客さんに「小さいレジ袋を十二枚くれよ」と言われて、丁寧にお断りしたら「ケチだねあんた!」と吐き捨てられた記憶も、そよ風がどこかへ運んでくれそうな気がします。


 念のために言うと、お断りしたのは「え~何も買ってないのに袋だけちょうだいはちよっとなあ。そしてなぜ十二枚?」と思ったからではありません。


 店での決まりもありますが、差し上げてしまうと、同様のケースで今までお断りしてきたお客さんに申し訳が立ちません。

 その点をなにとぞご理解いただければと存じます。


 ふぅ。角が立たないようにするって、神経使いますよね……。


 おおっと、つい職場で口に出せないことを書いてしまいました。ちょっとスッキリ。

 気持ちが晴やかになったところで本題に戻りましょう。



 洗濯は生活に欠かせない家事ですが、みなさんはどんな洗剤を使っていますか?


 今やいろんな種類が発売されています。複数の洗剤を組み合わせている家庭も多いでしょう。


 洗剤×柔軟剤の組み合わせだけでも数千通り……は言い過ぎかな。

 でも漂白剤や、香りをつける専門のビーズ等を加えると、無限のカスタマイズが可能です。

 洗剤自体にも、同じ商品で粉末と液体がありますからね。


 液体があるなら固形を売る必要ないんじゃない?

 そう考えている方も少なくないと思います。


 昔からあるのは粉末洗剤ですが、今や主流は後発商品の液体洗剤。

 売り上げも液体洗剤が圧倒的なシェアを占めています。


「粉末洗剤がパワーアップしたのが液体洗剤でしょ? じゃあ粉末洗剤はイラネ」


 と思っている方、それは違います。


「後継機に乗り換えたから、従来機はお役御免で格納庫行きだよ」


 そんな悲しいことを言わないでください。

 新しいからって性能や改造値をすべて引き継いでいるわけではありません。


 今でも粉末洗剤が販売されている理由がちゃーんとあるのです。



 実は、洗浄力だけなら粉末洗剤の方が強力です。

 粉末洗剤は「弱アルカリ性」という属性で、これが皮脂の汚れやたんぱく質の汚れに特攻してくれるのです。頑強な相手にこうかはばつぐんだ!


 ただし攻撃力が高い分、衣類に対しても負担をかけてしまうのが玉にキズ。

 洋服の耐久度をわりと削ってしまうため、おしゃれ着洗いには不向きです。


 さらに粉末特有のデメリットとして「溶け残り」があります。粉末から乗り換えたユーザーの最大の理由ではないでしょうか。

 お湯で溶かして使えば問題は解消するのですが……そこまでして使いたくないですよねえ。


 一方で洗浄力はゆずるものの、圧倒的人気を誇る液体洗剤。

 こちらはほとんどが「中性」の属性になります。

 弱アルカリ性とは反対に衣類への負担も少なく、溶け残りもない。

 さらに取っ手がついていて持ちやすい。箱じゃないから捨てる時に潰さなくていい(粉末洗剤の箱を潰すのは結構しんどい)


 攻撃力を落とした分、オールマイティーに対応出来る性能を獲得しました。

 比較なので洗浄力が低い様に感じてしまいますが、そんなことはありません。日常的な汚れには十分なパワーを発揮してくれます。



 ちなみに昨今……というほど新しくもありませんが、ジェルボールという「第三の洗剤」とよばれる種類が加わっています。

 こちらも中性属性が主で、液体洗剤に近い洗浄力となっております。


 ジェルボールは使いやすさにパラメーターを極振りした性能。

 洗濯物を入れる前に洗濯槽に一つ置くだけで溶けてくれます。直に手で持てるうえ、計量の手間も不要。便利の極みです。


 私個人としては、ジェルボールがふにふにしていて、感触が良いのが高ポイント。

 癒し系洗濯洗剤と言っても過言ではないでしょう。



 粉末と液体、それぞれに利点があるので、環境に応じて使い分けるのがベター。


 例えば体力系の仕事をしていて作業着を洗う場合は、粉末の方がより洗浄威力が高いかと思います。

 スポーツでたくさん汗を吸った衣服にも効果的。


 用途に合わせ両方を使いこなすのが、家事熟練者への一歩かもしれません。

 別に目指していない?

 私も勢いで言っただけですので、見ずに流してください。



 職場での売れ行きを見ていると、粉末洗剤もよく売れます。

 購入層は高い年代の方が多いですね。使い慣れているからでしょうか。


 それから粉末洗剤もう一つの特徴である「安さ」。

 これも商品が動く大きな要因です。コスパがいいのは明らかに粉末です。


 比べたら液体洗剤ってだいぶ高いですよ。

 中には洗濯洗剤にここまでお金かけられないな、って値段の液体洗剤も多くなりました。


 きっと価格に見合った性能なのでしょうが……うーん、と手が伸びないあたり、私も庶民に落ち着いています。


 商品を使いこなすには商品を知ること。

『敵を知り己を知れば百戦危うからず』です。


 これからも取扱い商品や、季節柄の商品について、あーだこーだ書き綴っていきたいと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます