剣星様は甘やかしたい!

作者 七野りく

347

127人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この主人公は天性の人たらしです。
ヒロインの剣星様のみならず、関わる人(人外含む)全てが主人公に好意的です。

現状では剣を振らせて貰えないので、戦略家としての部分が全面に出ていますが、武力もかなりのものと匂わせる文面もありますので、今後どういった展開になるか楽しみです。

この作者の作品らしく、主人公の周りは最強クラスが揃っているので、今後も主人公を中心に周りが大暴れする展開を楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

取り敢えず掴みはばっちりだと思います。充分に笑わせて頂きました。七野さんの作品は幾つか読ませて頂いていますが、何時も裏に隠れた伏線に驚かされます。今回第一章は既視感のある展開でしたが、二章以降面白くなりそうなので期待も込めて☆三つにしました。これからの展開が楽しみです。

Good!

この作者さんの作品全体に言えることではあるが、
物語のコンセプトは王道にしてテンプレではあるが真似ではないというほど良いライン。
しかし文章力や表現力が少々………。
文章の途中で()が挿入されているところが多々ありテンポが悪い。
()内に話し言葉を入れているため違和感がある。(人はそんな風に喋らないため)
もう一つ、これが作風ですと言われたらどうしようもないのですが………。
主人公やヒロインの凄さをアピールするのは自陣営最強系では必要ですが、アピールの仕方が『くどい』のと『わざとらしい』ので残念なことになってる。
原因は、登場人物達に『やっぱり○○は凄いわ!』とか『やっぱり○○さんはカッコいい』とか『○○大好き!』とかやらせ過ぎなところにあります。
表現は重ねればより強くなるというものではありません。
より端的な方が凄みを感じさせることもあります。

いろいろ書きましたが、なんだかんだ読み続けてはいますので頑張って