X - ファイル部

作者 ユメしばい

108

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 この作品を読んで「イリヤの空 UFOの夏」とか「妖精作戦」シリーズを思い出しました。
 ライトノベルなどという言葉は無く、中高生向けの小説がジュブナイルと呼ばれていた頃のテイストが満載の本作品。
 さあ皆さん細かいことは忘れて、子供の頃に夢見たUFOとか宇宙人とかの冒険へと旅立とうではありませんか。

★★★ Excellent!!!

アクションあり、青春あり、UFOあり。
盛りだくさんのSFライトノベル。
広い宇宙を所狭しと駆け巡ります。

惹きつけられるのは、登場人物たちの生き生きとした掛け合い。
それぞれがそれぞれの方向を見ながら、ちょっとすれ違ったり、勘違いしたり、共に協力し合う。

頑張れ守田!

今後の展開が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

「イーシャの舟」「裏山の宇宙船」から連綿と続く由緒正しき“裏山系(勝手に命名)”ジュブナイルSF。
往年の朝日ソノラマっぽい雰囲気が懐かしくも新しい。
主役三人組の掛け合いがスピーディーで、勢いのまま一気読みしてしまいます。
新章開幕でいよいよ舞台は宇宙に?
どう着地するか楽しみですが、願わくば、皆が幸せにならんことを……

★★★ Excellent!!!

三度目の転校で時坂中学校にやって来た守田俊雄は、「スカリー」を名乗る須賀理恵子によって部活に勧誘される。
彼女が部長を務める「Xファイル部」とはその名のとおり、超常現象を解明するための活動。半ば……というかほぼ無理矢理「モルダー」役に任命されてしまった守田は、須賀理の同級生・プレアを巻き込んでUFOの調査を行うことに。
ところがこのプレア、実は本物の宇宙人で……。

というわけで、往年の名作を思い出させるSFライトノベルです。
残念な美少女っぷりが光る須賀理、秘密を抱えながらも献身的に須賀理を守ろうとするプレア、女子二人に振り回されるバランサーの守田。三者三様にキャラクターが立っていて、かけあいが読んでいて飽きません。

軍や宇宙人も物語に絡んできて、これからどうなっていくのかが楽しみです。

★★★ Excellent!!!

フリートス星の皇女プレアは小さい頃に出会った少女と地球を守るためにやってきた。
須賀理恵子(スカリー)は転校生の守田俊雄(モルダー)を無理やり……無理無理(笑)にXファイル部に入部させる。
転入日早々、須賀理に連れて行かれた山で守田は金髪翡翠眼のプレアと出会って……。

須賀理のことが大切でほっておけないプレア、なんて優しい宇宙人!
プレアの内心と須賀理の推理が本当にニアミスな感じで、読んでてプレアと一緒にドキドキします!
無鉄砲な須賀理を論理的に止めようとする守田。加えてプレア。
この仲間たち、バランス取れてて良いですねー。