さぁ、行っておいで

某所 佐倉宅



静かに日が昇り出した頃。

その一室にも朝日が差し込み、穏やかな目覚めを迎えるはずだった。



「やばばばば!しろちゃん何で起こしてくれないの!!」


半ば叫びながら、慌てて支度をするあかね。

何度目かの目覚ましの音で意識が覚醒したものの、とうに起床時間を過ぎており現在に至るのである。


「ふわぁ……昨日遅かったんだよ。それに、いい加減目覚ましで起きろ。これから寮住みなんだから」

「そうだけど!あーもう!制服はどこ!」


寝不足なのか目をこすりながら、欠伸をする司郎。自らも身支度を整え始めるが、乱雑に支度をするあかねと対照的に動きがやや鈍い。


「支度も昨日のうちからな。制服は玄関に掛けてる」

「ありがとっ」


あかねは小走りで玄関の方へ向かい、衣服掛けに掛けてある制服を手に取った。

黒生地に桃色の線が入ったセーラー服。

柄や色は違えど、中学からセーラー服のあかねにしてみれば、馴染みやすく着替えやすいものだった。

素早くスカートを履いて、ハンガーに掛けてあったピンク色のスカーフを取る。

身なりを整えると、近くにある鏡の前に立つ。


「これで大丈夫…………なのかな」


新たに身につけた制服は悪くはなかった。

が、今日から高校生活が始まると思うと、あかねの頭に不安と期待が過ぎる。



「準備できた?」


玄関とリビングを区切るドアから、ひょっこりと顔を出す司郎。


「一応。どうかな?」


司郎に駆け寄り、軽く回って見せるあかね。

その様子を見て、司郎は優しげに微笑む。


「ん。似合ってる。大徳高校は制服が可愛いって評判だったけど……君はセーラー服がよく似合う」

「そう?子供っぽくない?」

「前よりお姉さんになってるよ」


その言葉にあかねは目を丸くし、自分の服装を再び見遣る。


「そう?大して変わらなくない?」

「自分じゃ気付かないこともあるだろ」

「それはそうだけど」


中学の制服は襟とスカートが紺だったが、今回は黒にピンクの線が入った可愛らしいデザインだ。

この高校を受験した理由の一つでもあり、あかね自身気に入っているわけだが、大人っぽいかは分からなかった。


「そろそろ行かないと。初日から遅刻はキツい」

「うん」


あかねは鞄を持って、靴を履き始める。


「入学式には間に合うように行くから」

「仕事は?」

「半休取ったから、大丈夫」


司郎はあかねの頭を撫でる。


「ふふ」

「なに?」

「しろちゃんにこうしてもらうの、落ち着くなぁって」


その言葉に、司郎は優しい笑みを浮かべる。


「泣いててもぶすくれても、君はこうすると機嫌が直ったから」

「…いつの話よ」


唐突に幼少の頃の話を出され、気恥ずかしくなる。


「君なら大丈夫だと思うけど、無理はしないこと。何かあったら俺に言うこと。いいね」

「うん。しろちゃんもね」

「ありがとう。さぁ、行っておいで」


背中を軽く押され、あかねは玄関のドアを開ける。


「いってきます!」

「いってらっしゃい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます