二人の会話

昼下がりの午後。

眩しい陽射しは遮られ、最低限の灯りしかない、どことなく暗いその部屋。

その中心で、黒いサングラスを掛けて椅子に腰掛ける一人の男。

机の上でやや散乱してる書類を手に取り、ただ眺めていた。


「お疲れ様」


その様子を近くで眺めていた青年が声を掛ける。

笑みを浮かべながら歩み寄り、お茶の入ったペットボトルを男に差し出す。


「ほぅ……お前にしては珍しく気が利くな」

「おや、いつもではないかな」


戯ける青年の言を聞き流し、男は差し出されたペットボトルの蓋を開け一口飲む。


「先程聞いたのだけれど、君はこれから予定があるとか」

「そうだ。今から接触しようと思ってな」


男の言葉に青年から笑みが一瞬消える。

先程とは違い目を細め、その姿はまるで相手の動向を伺っているようであった。


「それは……この前話してくれた例の娘かな?」

「ああ。そろそろ時期かと思ってな」

「時期、ね。何のだい?」

「……」


青年の問い質すような物言いに、男は沈黙を貫き通す。

やがて懐から一枚の写真を取り出し、一旦眺めた後ゆっくりと机に置いた。


「大分待たされたからな。先方がどう言おうが、もはやこちらの勝手だろう」

「………」


やや不自然な物言いに、真意を探ろうと射抜くように男と写真を交互に見つめる青年。

意味ありげな青年の視線に、男は気付きながらも何も言うことはなく時計を見上げる。


「もうじき子供達も来る頃合いだな。私がいない間、暇そうなら書類の整理なり作成なり、何でも押し付けてやれ」

「押し付けとは、随分と手荒いね」

「フン。学生とは言えど今は休み。多少の労働は必要だと思うが。まぁこれも教育の一貫だ」

「教育ね。調教の間違いじゃないのかい?」

「さぁな。このチームにいる者に、私がどうしようと勝手だ。加えて、それを部外者に言われる筋合いもない」

「そう言われると何も言い返せないんだけれど……とりあえず、いってらっしゃい」


席から立ちながらサングラスを掛け直して歩く男の背を、青年はただ見送った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます