自作の詩

作者 中田祐三

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 身を委ねなさいあるがままにへのコメント

    それだけのことで息を吐ける

    この言葉の深さが染みました。
    身を委ねることは本当に大切とわかります。
    というより、抵抗や足掻きがもう通用しないといつか気づくんですよね。
    素敵な詩ですね。

  • 野晒死(のざらし)へのコメント

    仏教絵画の「九相図」を想起させる詩ですね。

    諸行無常感がすごくいいと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    元はうたた寝してて見た夢を詩にしたものですが、はじめて自分が創った詩なので色々と思い入れがあったのでコメント嬉しかったです。

    2019年8月26日 20:48

  • 朝露に消えなくなるまでへのコメント

    純粋さが眩しく、自分の影が色濃く。

  • 病的テンションへのコメント

     新しい詩ですね、これは……。いや、もう詩を超越した”何か”に羽化しようとしているのかも!?

     病的。この言葉がつくと、一瞬にして後に続く言葉が良くも悪くも激変しますよね。私、生ぬるいのは大嫌いなので、大半はこのワードにつられて損していますが、この作品は見事に「病的」でした! 若干吹っ切れてる感もありますね。

    作者からの返信

    コメありがとうございます。
    これは実際に不眠症で死にそうになった時に限界突破して気分が反転した時に書き上げたものです。
    読んでもらえて面白かったのなら不眠症になったかいもありますね。(二度となりたくはないけど)

    2018年7月4日 00:02

  • すべてのエピソード 4
  • 朝露に消えなくなるまで 1
  • 雪は降る
  • 身を委ねなさいあるがままに 1
  • 坂の向こう側
  • 反射的詩創作
  • 泥の中の哀国歌
  • 問いかけ
  • 幸福を零した愚者
  • 恋愛賛歌
  • 僕は僕の道を君は君の道を
  • 夢路のカバン
  • 僕らの詩
  • 孤独の必要性
  • 病的テンション 1
  • 化学物質の夜
  • 成功とは懐いた野良猫に似ている
  • 非国民の浅はか?
  • そして夜を迎え、また
  • 骨組みだけ残して絶望が持っていく……その幸福について
  • 野晒死(のざらし) 1
  • Born slippy
  • 朝焼けドライブ
  • 退廃の女王の孫
  • 雨でも降ればいい、慟哭のような
  • 交差路のような僕らの道
  • ファナティックマゾヒスティック
  • 火蜻蛉の華
  • ニャアニャア
  • 夜薄き国から友人へ送る手紙
  • 孤独の喜び 異国のカフェにて急雨を凌ぐ
  • もう若くはない君へ
  • 無意味な無意味さ
  • 彼女はとても寂しがりや
  • 連れ出してくれ友よ
  • 磨き上げた鏡でも見ること出来ない笑い
  • 暗闇の中の誰かの手を
  • 確かにある一欠片
  • 誰が為の勝利の渇望
  • 今日は死ぬには良い日だ。
  • 堕ち、月を湖底から見上げる
  • 縋りつく夜
  • サイケデリックな現実を旅立ち、辛き夢の中へ
  • あなたの死を見つめましょう。
  • せめて、一雫だけでも
  • 寂しき唇と煙草一箱
  • ああ
  • 目を覚まさないで
  • 未完成の言葉と物語
  • 恋詩
  • まぐわい
  • 『喜んでいても心は冷たく』
  • それでも明日は来てしまう。
  • 早く戦争が始まればいいと思います
  • 酒と不誠実
  • 無能の人
  • 君は小さな僕 大切な一つの宝物
  • 雪降る街を丘から
  • 試作叙事詩 『序詩 「愛」国の詩』
  • 歌のように叫べ、嘆け
  • 星下交友宴
  • 戦死する自分に捧げる詩
  • 君、「 」の畜になるたもうことなかれ
  • 憤りの砂
  • 総員勃起せよ!
  • こんなに月が綺麗な夜には
  • 拝金主義者の被虐
  • 耳朶に吹く風
  • 私という人間。
  • ぼんぼる僕と花咲くいろは
  • 浮上まで……あとどのくらい?
  • 『前を向くことを決めた』
  • 錠剤の階段を積み上げていこう
  • 月夜に吠える
  • 嘘をつくことにはもう飽き飽きなんだ。
  • 詩『ああ、まったく……』
  • 孤独とはなんですか?
  • 耳朶に吹く風
  • サイの角のようにじゃなくて螺子のように掘り進め!
  • 殺した明日を求めて。
  • 明日世界が滅ぶとしたら
  • 詩『かつての最愛の人よ』
  • 詩『友よ、馬鹿者となれ』
  • 知ることによって
  • 四行詩①
  • 四行詩②
  • 停電の街を見る
  • 詩『夜の来ない街』
  • お前は知らないだろう
  • 心の飢餓は進んでいく
  • 肛門(イエローゲート)攻防戦
  • 狂人観察
  • 詩 『孤独に進む道をため息つきながら』
  • 友達よ、悲しいね
  • 友、来訪する。
  • 愛国者は懺悔する。
  • 秋月
  • 君と明日を
  • ギシギシ。
  • 固茹で卵の心
  • カギ出すように書き出す
  • 詩『仔猫は死んでいた』
  • 愛を乞う人
  • 我から生まれるものは全て我が子なり
  • ボールルームへようこそ
  • 朧月夜に雨が降る
  • 箱入り娘
  • 怒り焦り嘲りを詩想に変えて
  • 誰にも罪は無い
  • 人生とは
  • 『古人を偲ぶ酩酊者』
  • 10月24日、こんな夢を見た。
  • 時の果て、花よその扉を開け!
  • 差異は咲く、この白秋の元で。
  • 『詩人の書く詩と書けぬ物語、その間のジレンマよ』
  • さて、何年生きられるだろうか?
  • 星空の下に僅かな小銭を
  • 嗚咽に励む愚かさよ
  • 悪癖に溺れ
  • チクタク、チクタク
  • 夜の裾を飛び出して
  • 詩『お前は機械未満であり家畜以下であり、そして猿より愚劣』
  • 地平線を昇る金魚を夢見て
  • 春を売る少女
  • たった一つだけで
  • 一字に意志、十文字 縦横に
  • あの時を忘れないで
  • 一人が好きだ。
  • それはかつて持っていたもの
  • 裸の詩
  • 『時の流れの中の虚ろな私達』
  • いつかまたここで
  • 鬱苦しい人(うつくしいひと)
  • 無意味の旅人
  • 有限の床
  • 意味から逃れられず
  • 老木と化す心
  • 草創期の詩もどき
  • 窓枠に捕らえられた夕日
  • 哀れみを忘れた生物
  • 賭け狂い
  • 東北道を走る車にて
  • 自我の換気
  • 現代スケッチ
  • ありふれた誰かの物語
  • 四ねない君と五つけない彼、そしてこの六でもない世界
  • 慣れることの悲しさよ
  • 成長という名の…
  • 立ち尽くす
  • 夢現(ゆめうつつ)の中で
  • 感情を美しく飾り立てるために歯をくいしばる
  • 我らの大魔皇帝(たいまこうてい)
  • こちとら大(たい)マジでいっ!
  • 『行き』たいとキャベツ畑で待つ
  • 詩『私はこの地に咲く造花』
  • 一週間
  • 全てに意味があるなんて過剰過ぎる
  • 深海からの泡
  • 寝室から出て
  • 愛しい貴方への手紙
  • 愛しい貴女への返信
  • 乾く瞳
  • 椅子の観察者
  • 自室でただ横たわる
  • 陶酔出来ぬ末席の嘆き
  • ミックスジュース
  • 横の次元、縦の次元
  • 矛盾の朝
  • ペテン師の誠実
  • 時計
  • ある日、夢を見た。
  • 『昔の昔、昔、そして今』
  • 故郷どこにいても離れてくれぬもの。
  • リーディングMIX 押韻盲信する凡人
  • オノマトペ、オノマトペ
  • 世露死苦!四行詩
  • 吊られる女のシーラカンス
  • 共同家幻想
  • 暗闇で燃える煙草
  • 空に走る飛行機雲というヒビ
  • 『さい』有る人の巻きタバコ
  • 祝い事、口上 十二文に
  • なき続ける不如帰たち
  • 許しこそ最高の快楽
  • 夢の中、車が見つからない
  • 休日の前の日にだけ会う愛しい『人』
  • 例えば明日世界が滅びるとしたら
  • 詩『夢なき青年の人生という名の小説』
  • 寝入りの気づき
  • 繋がり
  • ゆらゆら
  • 僕らは風吹く水面の上の落ち葉の一つ
  • 歓喜の詩
  • 家路
  • ただそれだけのこと
  • 微睡の泥
  • 今日は死ななかったねと「あいつ」は言った
  • ハネムーンサラダ
  • サクラ、チル
  • 和病
  • 痛みの根から恨みの華が開花する
  • トラ!トラ!トラ!
  • 同じ風
  • 勤労
  • 桃のスムージー
  • 求む人
  • 蝿の王
  • 頃無くして死す
  • 花見酒
  • 殺戮者の懺悔
  • 暗い個室
  • 鬱屈と卑屈を薪に怒りの種火を
  • 倒木
  • 居場所
  • 好きな人の理由
  • 身を削り、心をくべて
  • 詩『どこに居ればいいの?』
  • 道化師
  • 4畳の部屋を駆けていく小人
  • 『要らないモノ?』
  • 繭は月に包まれて
  • 迷走肯定者
  • 夜を駆ける 夜を走る
  • 六行、四つ
  • 砂利の声
  • 『3月11日、あの日』
  • お猿の大将
  • 蛍光の夜
  • 月に吠え、消えて生まれても寄り添う月
  • 自らを由とするために必要なこと
  • 故郷に帰る
  • 間抜けで誠実な蛇
  • 散文詩『眠れぬ夜明けを迎えて』
  • 火花
  • 頬擦る、壁
  • そうしてあなたも私も生きていく
  • そしてみんな死んでいく