22 おとぎ話の村ですか⁉ その3


「今夜、当家にお泊まりいただけるということでしたら、お部屋はおいくつ必要でしょうか? あまり多くは用意できぬ上、たいしたおもてなしもできませんが……」


「義盾殿に手間をかけては申し訳ない。宿をとるつもりでいたのだが」

 義盾が困ったように眉を寄せる。


「あいにくでございますが、この村は滅多に旅人が来ないゆえ、宿はございませぬ。砂郭さかくであれば、よりどりみどりの宿がございますが……。この村はここより先には町も村もございませんし、街道も行き止まりになっておりますので、乾晶からの使いの方や、迷い人以外は、行商人くらいしか訪れる者もなく……」


 義盾の言葉に、村に入った時の大注目を思い出す。村人以外の者を滅多に見ない村に、三台もの馬車で乗りつけたら、目立つのも当然だ。


「乾晶からの使いの方も、いつも当家に泊まられて、翌朝には帰られます。貧しい村ゆえ、ろくなおもてなしもできませぬが、龍翔様さえよろしければ、どうぞ、今夜は当家にておくつろぎください」


「そうか。それでは、手間をかけてすまぬが、今夜はこちらで世話になる。しかし、夕食も乾晶から持ってきた物があるゆえ、気にしてくれるな。饗応きょうおうしようと思う必要は、全くない。部屋は、二部屋貸してもらえれば助かる」


「かしこまりました」

 頷いた義盾が晶夏を振り返り、支度をするよう言いつける。


「あの……。よろしければ、手伝わせていただけませんか?」

 明珠がおずおずと申し出ると、途端に季白ににらまれた。が、季白に睨まれるのは承知の上だ。


 この家に入ってから、侍女や下男らしき者の姿を見ていない。晶夏一人で部屋の用意をするのだとしたら、さぞ大変だろう。そう思うと、手伝いを申し出ずにはいられない。


「龍翔殿下のご従者にお手数をかけるわけにはまいりません」

 と辞退する義盾に、龍翔が、

「迷惑をかけるのはこちらなのだから、手伝わせてくれ」

 と口添えし、張宇を振り返る。


「張宇。明順一人では大変だろう。お前も手伝え」

「あっ、それならオレが手伝うっス」


 張宇が答える前に、自ら手を挙げたのは安理だ。龍翔は目をすがめるも。

「なら、安理。手伝いはお前に任せる」

 と許可を出す。


「そういえば、義盾殿にはご子息もいるのだったな。晴晶殿は、今はどちらに?」


 龍翔の問いに、義盾はわずかに眉をひそめる。

「はい。まだ十四歳の若輩者でございますが……」


「何を言う。堅盾族の次の族長であろう? ぜひとも会ってみたいものだ」

 義盾が困り顔のまま、かぶりを振る。


「申し訳ございません。晴晶は、まもなく行われる堅盾族の儀式の準備のために、ここ数日村を離れておりまして。その、村のしきたりに関することですから……」

 言葉を濁す義盾に、龍翔は鷹揚おうようにかぶりを振る。


「そうか。それは残念だが、仕方あるまい。よい。しきたりとは、部外者に軽々と話すものではないのだろう? いては聞かぬ」

 義盾は小さく吐息して、ほっ、と表情を緩める。


「ご配慮いただきまして、感謝いたします。……では晶夏。ありがたくも申し出てくださっているのだ。手伝っていただきなさい」


「はい、ありがとうございます。では、あの、こちらへ……」

 遠慮がちに言う晶夏の後について、安理と二人、部屋を出る。


「ええと、いつも使者様がお泊りになられるのは、この二部屋で……。とりあえず、お布団を運んでこないといけませんね」


 晶夏が案内してくれたのは、先ほどの部屋と廊下続きの、隣り合わせの二室だった。部屋の中は暗く、廊下の明かりで見る限り、寝台とちょっとした卓があるだけの、本当に寝るだけの部屋のようだ。


「申し訳ございません。寝台の数が足りなくて……」

 謝る晶夏に、明珠はとんでもないとかぶりを振る。


「いえっ、大勢で来たのはこちらの方なので……っ。わ……、ぼくは全然、床でもかまいません!」


「そうそう。気にしないでいーよ~。乾晶からの使いは、いつももっと少ないの?」

 人好きのする笑顔で、安理が晶夏に話しかける。


「はい。いつもは、使いのお役人様と供の方がお二人なので……。あの、手狭てぜまでほんとすみません」

 恐縮した様子で晶夏が頭を下げる。


「いいっていいって。何の伺いもなしに、急に来たのはこっちなんだし。二部屋あったら上等、上等♪」


 晶夏に請われるまま、物置へ予備の布団を取りに行く。

 女であるとは決してばらせないが、同じ年頃の明珠や、にこにこと人当たりのいい安理に、晶夏の警戒も弱まってきたらしい。作業しながら、明珠や安理に問われるままに教えてくれる。


 それによると、族長といえど、特に侍女を雇っているわけではなく、家事はすべて、晶夏がしているらしい。族長の家で寄合などがある時には、近所の奥様方が手伝いに来てくれるそうだが。


「わた……ぼく、料理もできますから、明日の朝食の準備は、ぜひ手伝わせてください!」


 実家でも主婦をしていたから、急な、しかも大勢の来客がどれほど大変かは想像がつく。


 申し出ると、晶夏はにっこり笑って、

「ありがとうございます。では、お言葉に甘えます」

 とはにかんだ。笑った拍子にできるえくぼが可愛い。


「すみません。族長といっても、こんな家で……。うちの村、裕福ではないので……。ちゃんとしたおもてなしをできなくて、すみません」


 しょんぼりと肩を落とす晶夏を慰めたくて、「大丈夫ですよ!」と声を張り上げる。


「龍翔様は贅沢を求めるような御方ではありませんから! そんなことで不快になられるような狭量な方じゃありません。それに、実は味オ……」


 言いかけて、いやさすがにそれをバラしては龍翔に悪いと口をつぐむ。

 が、楽しそうに突っ込んできたのは安理だ。


「え? 龍翔サマって味オンチだっけ? それを言うなら、張宇サンでしょ? あの人、甘味さえあれば、何でもおいしいって言うんだもん。そのうち、蜂蜜さえかかってたら、土でも食いそうだよね♪」


「……それ、さすがの張宇さんでも、聞いたら怒ると思いますよ……?」


「えーっ、だって気づかないで「うまい」とか言って食べそうじゃん。オレ、龍翔サマはまともな味覚の持ち主だと思ってだけどな~。ナニ、張宇サンに毒されちゃったの?」


 ワクワクと、ものすごく楽しげに安理が聞いてくる。明珠はあわててかぶりを振った。


「違いますよ! ただ……龍翔様ったら、ごちそうより、わ……ぼくの作った庶民料理の方がおいしいなんて、おっしゃったりするから……」


「ぶぷーっ‼」

 言った途端、なぜか安理が盛大に吹き出す。


「うわやべ、ちょー面白~い! 腹の皮がよじれそう……っ」

 ぶっひゃっひゃ、と腹を抱えて笑う安理を、明珠も晶夏も呆気あっけに取られて眺める。


 しばらく笑い転げていた安理は、ようやく笑いをおさめると、目尻に浮かんだ涙を指先でぬぐった。


「じゃあ、明日の朝ご飯は、明順クンの手料理が食べられるってワケか……。うわーっ、ちょー楽しみ!」


「ええっ⁉ どうしてですか⁉ 特別なものなんて作れませんよ⁉」

 過度に期待されても困る。

 ぶんぶんと首を横に振ると、安理は、


「いーからいーから。明順クンは、いつも通りにしてくれれば、それでいーから」

 と明珠の肩をぽんぽんと叩いて、楽しげに笑う。


「第二皇子様のおつきの方とおっしゃるから、どんな方達かと恐れ多かったんですけど……。ちょっと、安心しました」

 明珠と安理のやりとりを見ていた晶夏が、小さく笑う。


「ん? そう言うってことは、乾晶からの使いは、いつも高圧的なのかな?」

 軽い調子で発せられた安理の問いに、晶夏の顔が強張る。

 が、安理はそれにはつっこまず、にへら、と笑った。


「まあ、龍翔サマは、あの身分の方にしては、特別の変わり種だからね~。だからこそ、オモシロイんだけど♪ ま、今回の件については、一応、お忍びってことになってるし、仰々しくもてなす必要なないと思うよ~? そういうのを好まない方だしね~。大丈夫! 何かあっても明順クンが機嫌を取ってくれるから♪」


「ええっ⁉ なんでそこでぼくなんですか⁉ 季白さんじゃ⁉」

 驚いて言い返すと、安理は大仰に顔をしかめた。


「季白サン⁉ 季白サンはむしろ、お小言を言いまくって、龍翔サマのご機嫌をそこねる方でしょ?」


「そ、それは……。そうかもしれませんけど……」

 切れ長の目を三角にして怒る季白の姿がたやすく脳裏に浮かび、もごもごと呟く。


 しかし、心からの忠誠を誓っている龍翔に対する苦言と、雇われの明珠に対する叱責では、ぜんぜん意味が違うのではなかろうか……?


 と考えていると、三人で整えた部屋を見回し、安理が悪戯っぽい笑みを浮かべる。


「うん♪ とりあえず、この部屋を見られたら、機嫌を直すでしょ!」

「はあ……」

 あいまいに頷いて、部屋を見回す。


 ここは龍翔と明珠用の部屋だ。中央には大きな寝台が一つ。明珠の分の寝台はなかったので、床にござを敷き、その上に予備の布団を敷いている。

 晶夏に聞いたが、予備の衝立ついたてはないということなので、諦めた。


 正直、なぜ龍翔がこの部屋を見て機嫌を直すのか……明珠には、さっぱり理解できない。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます