いちこわびすけ

作者 大家一元

29

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

んまず、第1話が面白い。その第1話で僕が感じたのは、所謂正義のぶつかり合い!それは戦争とも呼ぶだろうし、目線を変えればテロで、視点を変えれば虐殺だ。

こんな事を書いているが、重い話ではない。人は死ぬし、腕はバンバン切り落とされるし、拷問もあるのに、登場人物達が飄々としている為、残酷な描写には見えない。むしろ少し楽しげですらある。それはもちろん、作者さんの力量によるところが大きいだろう。

キャラの作り方が上手い。登場人物全員が個性的で、深みがあって、背骨がしっかりとしている気がする。まぁそれも、作者さんの力量である。

というわけで、連載を楽しみにしております。また星を入れたくなった時の為に、今は星二つにしておきます!

執筆、よろしくおねがいします!

★★★ Excellent!!!

部隊は日本なのですが、架空の日本を舞台にしており、そこで暮らす人間達の欲望、暴力、思惑が作者様の独特な文章も手伝ってか、映画の様に魅力的な物語になっています。

タイトルはひらがなで、一見純粋なファンタジーに見えるのですが、中身はタランティーノ映画の様なぎらついて熱い男女達の物語のギャップがこれまたいいです。

物語を読み進めていくうちに、自然と力が湧いてくるのが分かるかと存じ上げます。

★★★ Excellent!!!

 ひらがなだけの作品名にやわらかい印象を受け、読んでみたらカウンターパンチを喰らいました。

 時代劇のような、古き良きやくざ映画のような。懐かしくも独特の世界観には、様々な悪党たちの欲望が渦巻いています。
 そこで活躍するのが紅一点とも言える若き女性、いちこ。人情に厚く、強くてかっこいい彼女の立ち回りは爽快で、男女関わらず読み手を虜にすること請け合いです。

 魅力的な女性の活劇を読みたいなら、この作品は外せません。