美味しければいいってもんじゃない

作者 蜜柑桜

54

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まず、深夜に読むのは危険です。あまりにも美味しそうなのです。時間なんか気にせず、ついつい台所に向かいたくなってしまうのです。

女子大生、嘉穂ちゃんの独り暮らしのキッチンから生まれる料理は、どれもこれも作りたくなるものばかり。だけど、単純じゃない。サンドイッチひとつとっても、必ずひと手間加えたオリジナル。

――ほうほう、飯テロですか?
――いいえ、文字テロです。

お料理だけなら、あー美味しそうで終わるのですが、この物語は違うのです。

犯人は地の文、君だー!

そこかしこに漏れ出る、嘉穂ちゃんのなんとも癖のある心の声。テンポよく、心地よく、くすりくすりと笑わせてくれます。気がつけば、嘉穂ちゃんにやみつき。

美味しくて面白い。おしゃれなお料理小説。是非どうぞ!

★★★ Excellent!!!

※『秋のどら焼き』の感想です
棚の奥に眠っていたホットケーキミックス。しかも一級ホテルの。なんだかリッチなものを見つけた気分
主人公は、ホットケーキの生地は小麦粉と砂糖とベーキングパウダーを自分で配合する強者。滅多に使わないホットケーキミックスで何をつくるのか、ワクワクしながら読みました。

(自分はホットケーキをたまに焼くので記憶を思いおこしながら読んでいたのですが、作者の観察力や表現力に脱帽しました)

タイトルの『秋』がついているとおり、季節を感じるお菓子を作る描写が美しく、美味しそうです。

『イギリス風の…』のセンスに感動して一話だけに着目して書きましたが、どの話も丁寧な描写と美味しそうな食べ物がでてきます。
ぜひ読んでみてください。

★★ Very Good!!

 楽しんで食事をする。というのは文化的な生活においてなくてはならない行いだと個人的に思っています。
 主人公の嘉穂は食事を作るのも、食べるのも実に楽しそうで思わず、このサンドイッチはどんな味がするんだろう、と興味と食欲をそそられてしまい、今日のお昼はベーグルにサーモン、アボカド、レタスにトマトを自分でスライスして挟んで食べてしまいした。