理性

 とある男の感情に貼り付けられた理性。

 男は女を憎むことでかろうじて理性を保っていた。

 もしも彼の精神が理性と感情で分かたれていたのなら、理性のみではきっと女への憎悪以外の想いは消え去っていただろう。

 そうなれば彼は楽になれただろう。

 だからこそ、彼は両極端な想いを抱えたまま狂おうとした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 思えばあの女の印象は、出会った時から悪かった。

 血のように赤い髪と目、死人のように白い肌。

 おぞましいほど美しい容姿のそれは、まるで悪魔のようだった。

 声は高くやたらと耳にく嫌な声で、よく笑うその口をいつも縫い付けてやりたいと考えていた。

 あからさまに怪しい奴であるにもかかわらず、私以外の面子はすぐにあの女を信用してしまった。

 理由はおそらくあの悪魔じみた美しさのせいだったのだろう。

 それからおそらくやたら無防備で、何も考えていないような単純な性格だった事も。

 幼い子供にも似たその女の行動に、全員騙されていたのだ。


 あの女は不死身の化け物だった。

 何があっても決して死ぬ事のない身体だった。

 殺しても殺しても、あの女は死ななかった。

 何度手にかけても、何度この手を穢れた赤で染めても。

 何をしてもあの女の体は再生した。

 手にかけるたびに何度も何度も自分の無力さを突きつけられた。

 自分はあの女を殺さなければならなかった。

 あの女を殺せばそれで私の復讐は終わるのだから。

 苦しめばいいと思って、何度も何度も殺したが、あまりにもキリがなくてただ苛立ちが募るばかりだった。

 たとえ殺しきったところで、自分はあの女を許す気はない。

 そう、絶対に許さない。

 たとえ誰もが許したとしても、私だけは決してあの女を許す事はないだろう。

 自分の利己的な理由から、世界を破滅に導こうとしたあの女を。

 ああなる前にどうしてあの女の正体に行き着かなかったのかと何度悔やんだだろうか。

 悔やんでも悔やみきれない、もっと早くにあの女の化けの皮を剥がす事ができたのなら。

 自分だけは気付く可能性があったというのに、愚かな自分はあの女の甘い声に騙されて何一つ気付かなかった。

 そう、自分は騙されたのだ。

 あの溶けた砂糖のような声の裏側に、あの笑顔の裏に何があるのかも気付かずに。

 あともう一歩引いた場所で彼女を見れば、気付いていただろうに。

 ああ、なんて愚かな話だろうか。

 あんな女の虜になって、言動の一つ一つに振り回されて。

 あの甘ったるい声の裏側に、あの間抜けな笑顔の裏に何があるかも気付けずに。

 そして醜態を晒し、本当に守るべきものを奪われた。

 何度思い返しても、あの女と出くわしてからいい事が何一つない。

 だから。

 本当に、あの女を誰よりも憎んでいる。


 今日もまた、あの女を殺し続ける。

 何をしても死なない。

 焼いても、刻んでも、溶かしても。

 幾重にも呪いを掛けても、それらは全て無駄に終わった。

 殺し続けている間も、あの女は笑っていた。

 苦しみも泣きもしないその態度に、憎悪は募る一方だった。

 赤く染まった肌を踏みつけると、ほんの少しだけ気が収まった。

 それでも憎悪の念は消える事がない。

 早く殺さなければ。

 このままではキリがない。

 殺さなければ終わらない、いつまでたってもこの復讐は終わらない。

 殺さなければ気が済まない、自分の気が収まらない。


 あの女の首を切り取って、身体を炭になるまで燃やして砕く。

 頭部を中心に再生するのは知っていた、なら切り取ったその首を再生できぬように隔離してしまえばいい。

 氷漬けにした時は失敗した、氷を突き破って再生したのだ。

 ただ身動きを取れなくするのは容易だった、全身氷漬けにしてしまえばそれで事足りる。

 だが、それではあの女を殺した事にはならない。

 だいたい、拘束するだけなら容易なのだ。

 いくら盗賊であったとはいえ、その身体は貧弱な女のものだ。

 貧弱で脆くて壊すだけなら容易なのに、決して死ぬ事はない。

 殺しても再生するのなら、その再生を止めればどうなるのか。

 頑丈な鉄の箱の中にあの女の首をしまいこんで、閉ざした箱を鎖で雁字搦めにした。

 そして3日ほど放置した。

 今の所、箱の外観に異変はない。

 ――死んだのだろうか?

 だが、それは箱を開けてみないとわからない。

 今の状態だと生きているのかくたばったのかわかりはしない。

 もう少し放置してもいいが、生きていたとしても成果があればまた同じ事をすればいい。

 雁字搦めの鎖を外そうとして私は気付いた。

 ――ぬるい。

 舌打ちをしながら鎖を外して、箱を開いた。

 中には赤黒い肉がびっちりと詰まっていた。

 肉はびくりびくりと蠢いている。

 乾いた笑い声が喉から漏れた。

 ――失敗した、これはまだ死んでいない。

 鉄の箱の中身を灰になるまで燃やし尽くした。

 灰の一欠片からもあの女は再生する。

 それと、今のように変質した状態で再生するとどうなるかわからない。

 それにあんなものを見ているのも気分が悪い。

 元は美しいあの女があんな無様な姿になっているのは笑えるが、一笑するには悪趣味すぎる外観だ。


 あの日から、あの女を殺し続けた。

 だけど、心臓を潰すだけで、首を締めるだけで、水の中に沈めるだけ。

 何故か。

 もしもあの胎の中に何かがいたら。

 そう思うと腕が止まった。

 いたとして、気付かずに処分できればそれでいい、だがもしも見つけてしまったら。

 ……そんなものは見たくない。

 本当はわかっている、さっさと首を落としてその下を処分してしまえばいいと。

 うまくいけば何も見ずに済む。

 それでも失敗してしまった場合は?

 ……いや、何もない、あの後2回首を落としたし4回は燃やし尽くした、残っているわけがない。

 だが、可能性は零ではないのだ。

 だから後、少なくとも3ヶ月は様子を見る事になるだろう。

 本当はさっさと殺してしまいたいのだが仕方ない。

 いやしないもののためにここまで気を張らなければならないのは癪にさわるがまあいいだろう。

 だが、万が一いたら、その時は。

 殺せばいい、答えなんて見えきっていた。

 そうだ、殺してしまえばいい、そうすれば全て丸く収まる。

 生かしたところでどうしようもない、生かすべきではない。

 簡単な事だろう、人間を殺す事に対してもうなんの躊躇もない。

 自分はあんなにも残酷にあの女を殺し続けたのだから。

 もうこの手は汚れきっていた、これ以上は汚れる事がないだろうというほどに。

 殺す人間がもう一人増えたところで、大差はない。


 深紅の両目は悍ましい血の色に似ていた。

 赤い色は嫌いだ、昔から血を連想させるその色が大嫌いだった。

 だからその色も穢らわしい色だとそう思う。

 硝子玉のように何も写していなかった目が自分の姿を映す。

 あの女は、とても醜悪な笑みをこちらに向けた。

 一瞬、思考が停止した。

 赤色が鈍く光る、血と全く同じ色の瞳に自分の姿が映り込む。

 笑うな、と低い声で囁いた。

 何故笑う、何故そんな目で自分を見る、どうしてそんな余裕まみれの醜い顔を向けられる。

 これだけ痛めつけてもまだ足りないというのか?

 ああ、腹が立つ、どうしてお前はどれほど私を苛立たせれば気が済むのだろうか。

 恐れろ、泣け、喚け、笑うな。

 そうすれば、自分は僅かではあるが満たされるだろう。

 深紅の目が見ている、世界で1番嫌いな色が視界の中で不気味に光る。

 その色がひどく気に食わなかった。

 だから、その赤に手を伸ばす。

 そして、乱暴に抉りとった。

 左右どちらも順番に、痛みが酷くなるよう勢いをつけて。

 あの女は悲鳴すらあげなかった。

 その事にさらに苛立ちが増していく。

 手のひらの中には抉りとった目玉が二つ。

 赤い瞳は珍しいから、悪趣味な好事家にはさぞ高く売れるだろう。

 そう思って、くだらないと一笑した。

 手の中の血色の目玉を見下ろして、なんの感情も浮かんでこなかった。

 ただの目玉だ、赤色をしているだけの、自分にとっては何一つ価値のない。

 このままでは、なんの意味もない。

 ただ目玉を奪っただけだ、不死身でなくとも死なない人間はいるだろう。

 ただ見たくなかったから抉っただけだ。

 ならば、意味のある行為に。

 焼けた油を用意して、何もなくなった空の眼窩に注ぎ込んだ。

 肉の焼ける臭いが地下牢の中に充満する。

 あの女は小さくあ、と言っただけで、それ以上はなんの反応もない。

 焼けた油が脳に流れ込んだのだろう、おそらくしばらくは息を吹き返さない。

 手のひらの中には未だ二つの目玉があった。

 それを握りつぶして、くだらないと呟いた。


 暖炉の中で真っ赤な炎が燃え盛っている。

 その色はあの忌まわしい色に似ていた。

 傍によると熱い、冬だから仕方がないが炎を見るのは嫌いだった。

 炎は燃える、ゆらゆらと形を変えながら熱を撒き散らす。

 揺れるそれを見ていると、脳裏によく似た色の髪が浮かんだ。

 あの日の事を思い出す、真上から降ってきたあの女の姿を。

 今思えば一番化物じみて見えたのはあの時だったか。

 いっそ、本当に化物だったのならあの時殺してしまえたのに。

 殺せはしなかっただろう、だが不死身である事には気付いたはずだ。

 そうすれば何かしらは変わっただろう。

 ――少なくとも、私があの女の虜にされる事はなかった。

 自分の身体の秘密を知った人間を皆殺しにしろ、とあの女は命じられていた。

 ならきっと、敵対してそれで終わるはずだった。

 いや、ありもしない可能性を考えても仕方がない。

 くだらない事を考えている間も炎は燃え盛るだけ。

 その炎を見ていたら、だんだん意識が薄れていった。

 遠く離れたどこかから声が聞こえる。

 甲高い耳障りの悪い声だった。

 声の主は目の色以外は自分によく似た娘だった。

 何をやっていると娘が喚く。

 初めは何を訳のわからない事を、と思ったがそこで気付いた。

 右手が熱い、焼けるような激痛を感じた。

 というか焼けていた。

 いつの間にか、自分の手が暖炉の中で焼けていた。

 慌てて右手を引っ込める、引っ込める直前でザバリと大きな音が響いた。

 娘が水の魔術を自分に対して使ったらしい、おかげで全身ずぶ濡れになった上に暖炉の火が消えていた。

 文句の一つや二つ言っておくべきなのだが、娘は何か訳のわからない事を喚いた後部屋から出ていった。

 水浸しの部屋を見て溜息をつく、後始末がとても面倒な事になりそうだ。

 赤く爛れた右手を動かそうとすると激痛が走る。

 自分は一体何をしているのだろうか。

 意味がわからない。

 しかし、この程度だとこのくらいの痛みなのか。

 それなのにあの女は笑っているのか。


 血溜まりに手を浸すとまだぬるかった。

 血溜まりに浮いていた左手は、赤く汚れていたがそれでもまだ白い。

 それを左手で拾い上げる、ぬるくて少し柔らかい。

 自分で千切った左手を弄ぶ。

 それを血溜まりに放って、今度は引き裂けた腹の中に手をねじ込んだ。

 嫌な感覚に思わず顔をしかめた。

 生温く柔らかい臓物をぐちゃぐちゃに掻き回して引き千切る。

 ぶちり、ぶちりと肉が切れる、何も入っていない臓物から溢れ出すものはほとんど血だった。

 内臓の中から心臓を引きずり出す、血管がぶちぶちと切れてさらに血が溢れてきた。

 血だらけの赤い心臓を握り潰そうとして、血で滑ってうまく潰れなかった。

 だから、床に思い切り叩きつけるように投げ捨てた。

 心臓はべちゃりとその形を歪めたが、完全に潰れる事はなかった。

 地下牢の中を見渡すと、いつもと似たような景色があった。

 今日はまず首を切り落として、その後他のパーツをバラバラに解体した。

 疲労するだけで意味など無い、それでもやらずにはいられなかったのだ。

 この行為に意味などない、首を切れば残りがどうなろうとあの女への影響はない。

 そうやって、ただの肉の塊でしかないそれを壊して、壊して、壊して。

 そうしていれば、多少の八つ当たりにはなっていた。

 足元に落ちている、あの女の頭に片足を乗せる。

 そして思い切り踏み潰した。

 頭蓋が割れる音とともに、腐った卵の殻が砕けるようにあの女の頭は割れた。

 脳漿と血が辺り一帯に飛び散る、ああ、なんて汚ならしい。

 ゴキリと潰れた感覚にいつの間にか大声で笑っていた。

 その笑い声もどこか遠い、狂ったような声だと客観的に思ったが止める気は起きなかった。

 悪夢じみた現実にただ、自ら狂った末路がこれだ。

 その末路に後悔など何一つない。

 だから、ただひたすらにあの女を殺し続けるべきだろう。


 血の池には細切れにしたあの女の肉が浮かんでいる。

 辺り一面に酷い臭いが充満している。

 鉄と腐った様な肉の臭いだ。

 肉に腐食の魔術を掛けた影響もあって、鼻が曲がるほど強烈な臭いだった。

 それでもまだ足りない。

 腐った血肉の池に毒を混ぜた。

 人体を溶かす薬品だ、意識のある状態の時によく使ってるもの。

 瓶の中身をひっくり返して、全て池の中に混ぜる。

 変化はすぐに起こった。

 細切れになっていたあの女の肉がぐずぐずと溶けていく。

 元々原形をとどめていなかったものが更に崩れていく。

 肉は溶けてもう見当たらない、骨はいくつも残っているがすでに半分以上溶けかけているものが大半だ。

 肉も骨も溶ける、溶けていく。

 一面の赤に同じ色だからここまで不快なのだろうと目を逸らしかけた。

 それでもその光景からは目を逸らさない。

 何度この手を血で汚しただろうか?

 数え切れない、もはや覚えてすらいない。

 ただ、あの日からあの女の血を見なかった日がほとんどない事は覚えている。

 そのくらい殺し続けていれば感覚は薄れていった、初めの方は少しだけ躊躇いがあったが今はもうない。

 何度殺しても殺しきれず、いつまでも終わらない。

 本当は罰を与えているはずだった。

 騙された報復、裏切られた復讐をしているはずなのに何故罰を受けているあの女は平然としていて心労が募るのは自分ばかりなのだろうか。

 それでも、本当に殺すその日までいつまでも殺し続けてやる。


 細身のナイフを胸の中心に突き刺した。

 それはいつもとさして変わらぬ作業だった。

 ナイフを刺した傷から一筋の血がゆっくりと流れていた。

 少し前までは反射で蠢いていた体はもう動かない。

 もう一本、細身のナイフを突き刺そうとしたところで、違和感を持った。

 何かがおかしい、いつも通りのはずなのに何かが違う。

 少しして違和感の正体に気付いた。

 身体が動いていない。

 それはおかしい、胸を一刺しした程度で心臓を止めるような女ではない。

 見間違えだと思って、その身体に触れた。

 やはり心臓が動いていなかった、呼吸すらしていない。

 やはりおかしい、首は切り落としていないはずなのに。

 ふと思いたって、ナイフで腕を切りつけた。

 この程度ならすぐに治るはずだった、それこそ数秒で。

 傷口からゆっくりと血が流れて、途切れない。

 傷が塞がらない。

 名を呼んでいた、随分と口にしていなかった忌々しい名を。

 あの女は何も答えなかった。

 もう一度名を呼んだ、いい加減にしろ。

 返答はない。

 体を思い切り揺さぶった、死んだふりは無駄だ、生きているくせに。

 反応は何もない。

 …………………………?

 …………死んだ?

 あの女は、もう動かない。

 呼吸がない、心臓も動いていない、傷も再生しない、身体が徐々に冷たくなっていく。

 死んだ、死んだ、死んだ、死んだ。

 私が、殺した。

 それを理解した直後、喉が裂けるような笑い声をあげていた。

 死んだ、死んだ、やっと死んだ、やっと殺せた。

 ひどく愉快だった、やっと殺しきったのだから当然だ、達成感と歓喜で気が狂いそうだ。

 しばらく笑っていたが、ふと正気に返って私は黙り込んだ。

 本当に、何の反応もない。

 両手であの女の身体を抱き上げる、冷たい、息をしていない、ああ、本当に殺す事ができたらしい。

 もう死んだのか、という問いかけに何も返ってこなかった。

 死んでいるのだから、反応があるわけがない。

 死んでいる? 嘘だろう?

 この程度であの女が死ぬわけがない。

 抱えていた身体を床に叩きつけるように投げつけた。

 そしてその身体を踏みにじる。

 身体のあちこちがひしゃげて折れ曲り、歪む。

 痛いだろう? 苦しいだろう? 呻き声の一つでもあげてみろ。

 その身体を踏みにじる、細い身体がさらに歪む。

 それでも反応はない、声をあげるどころか身動き一つしない。

 ……まだ、死んだふりを続ける気か?

 その態度に怒りと苛立ちが溢れてきた。

 感情のまま、あの女の身体に跨り身体を乱暴に掴む。

 お前はこれを泣くほど恐れていたからなあ?

 だから、目を覚まさずを得なくなるだろう、そして泣きながら懺悔の言葉を叫ぶのだ。

 少しだけ温いその肌を蹂躙しても、何の反応も返ってこない。

 首を絞める、いい加減にしろと叫んだが答えはない。

 最後まで犯しても、悲鳴の一つどころか身動き一つしない。

 だったら。

 薄い腹を裂いて、内臓をぐちゃぐちゃに引っ掻き回して引きずりだした。

 それでも無反応だった。

 おい……どうした?

 お前はこれも嫌いだっただろう?

 泣け、喚け、恐れろ恐れろ恐れろ。

 何故だ。

 血と内臓の欠片でべったりと汚れた手であの女の身体を殴った。

 名前を叫ぶ、握りしめた拳で何度もあの女の体を殴った。

 嘘だ、嘘だ、嘘だ、嘘だ、嘘だ、嘘だ。

 いつの間にか目の前にあったあの女の体は見るに耐えない真っ赤な肉塊になっていた。

 ……これは、何だ?

 何ってそれは、あの女の死骸だ。

 元には戻らない、当然だ、死んでいるのだから再生しようがない。

 もう、あとは朽ちていくだけだ。

 元の面影は見て取れない、これはもうただの肉の塊だ。

 自分がここまで壊したのだ。

 ……そうだ、これが自分の望みだった。

 あの女を殺す、ただそれだけのために20年近くの年月を費やした。

 その末路がこれだ。

 全部望み通りだ、私の望みはこれで叶った。

 そう、これでいい。

 私はお前を殺したかったのだから。

 他の誰でもない、この私があの女の生を奪いたかった。

 望みは叶った、私はあの女を殺した。

 私はあの女を殺したかった。

 だから、これほどまでに感情が高ぶっているのだ。


 肉塊は、古くからこの家に仕える使い魔の手によって、屋敷の裏の言われなければ気付かぬような暗い場所に埋められた。

 埋めた場所には石が積まれただけだ、名前も何もない、ただそこに何かが埋めてある事を示すだけの墓標。

 結局、殺す事ができただけで名誉も何もない。

 なあ、お前は知らなかっただろう。

 貴様には気取られぬように必死に取り繕っていたが、私は昔、心の底から貴様に騙されていた。

 本当に。

 本当に、本当に。

 いや……もうどうでもいい。

 結局最後まであの言葉を言わずにいてよかったと、そう安堵しているだけだ。

 元々、初めから伝えるつもりのない言葉ではあったから、安堵以外の何もない。

 死ねて満足か? 少なくとも私は貴様を殺せて清々した。

 私が生きているうちに、私の手で殺す事ができたのだから。

 たった一人の女を殺すだけの日常は終わった。

 本当に、終わった。

 あの女はもういない、私がやるべき事もなくなった。

 ――最期に悲鳴の一つも聞かずに殺してしまった事は少しだけ惜しいと思っている。

 せめて、あの女が泣き叫ぶような殺し方をしておけばよかった。

 だが、後悔はそれだけだ。

 殺すべき女は死に、私はやっと復讐を終えた。

 ――ならば、もう生きている理由はない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る