魔王様の馴れ初め話

魔王さま

 完成したばかりの苔盆栽を棚の上においた。


「ふふ、素晴らしい作品が出来たわね」


 ごきげんようアタシは魔王、ニヘラと笑う。

 かれこれ二百年は魔王をやっている。

 昔はあちこちと暴れ回ったものだけど最近は丸くなった。

 年とは思いたくないけど大きい娘もいるし、やっぱり年なのかしら?


 魔王と言ってもアタシは特に国政には関わっていない。

 この魔の国は王政ではあるものの、魔王とは力の象徴ゆえに政治に関わる事は殆ど皆無で、またアタシより優秀な家臣がそろっているので丸投げしているのだ。

 ええ、餅は餅屋よ、昔の人はいい言葉を残したものね。

 そんなわけで今日も平和で家猫ほどに暇を持て余し、城の中庭で趣味の園芸をしながら過ごしているとアタシより遥かに優秀な娘が訪ねてきた。


「こんにちは、お母様。おられますか?」


 娘の呼び掛ける声に棚の隙間から手をあげて顔を覗かせる。

 あの子は思いもよらない所にいたアタシにちょっとビックリしていた。

 そんな表情でも十分に見れるんだから美人さんは本当にお徳よね。

 娘はいつもの通りの動きやすそうなシンプルな黒のドレス姿だ。

 背中に流した炎のように赤い髪と同じ色あいの澄んだ瞳は、彼女の凛とした顔立ちと雰囲気には良く似合っている。

 私が生んだとは思えないほどの恐ろしい美貌だ。

 あの人の因子が頑張ってくれたのね……でも他の者が言うには容姿はアタシに似てるらしい。

 似ているのかな? アタシはこの娘のように美人ではないと思うんだけど?

 

「ふー。驚かさないでくださいよ、お母様」

「ごめんごめん、ところで何か用かしら?」

「ええ、はい。本日はお母様にお聞きしたい事がありまして」

「あら、一体なにかしら……あ、政ならアタシに聞いても無駄よ?」

「それは存じていますよ。聞きたいのは先代の魔王、お父様の事ですよ」


 ん? あの人のなにを聞きたいのかな。


「はい、お父様とお母様の馴れ初めなどを知りたいのです」

「あれ、それって何度か話したわよね?」

「そうなのですが……お母様の話は大ざっぱすぎるのですよ」

「あ、あら、そうだったかしら?」

「ですので今度は詳しく聞かせてほしく思いまして」


 この子にあの人の事は何度も話して聞かせた。

 とはいえそれは彼女が幼い頃の事で、『貴女のパパは拳一発で山を粉砕できたのよ~?』とか誇張して子守唄代わりに伝えていたのだ。

 しかし詳細まで話すとなるとあの人との黒歴史的などつきあいまで語る必要がある。


「……まあ、貴女もいい大人だし、語るには丁度良い頃合なのかもね」

「ありがとうございます、お母様」

「相変わらず堅いわね貴女は、娘なんだからこの程度は遠慮しないの」


 アタシはニヘラと笑ってみせる。

 すると娘は作務衣のうさぎょう姿のアタシを上から下まで眺めて体を近寄せてきた。


「あ、あら、なにかしら?」

「………………」


 無言で見下ろされる。

 うぅ、微妙にこの子のほうが背は高いから威圧感が……さ、流石は闇の森の女王ね?


「では娘として遠慮なく申しあげます。お母様はもう少し身嗜みというものに気を使われたほうがよろしいのでは?」

「ええ!? ……こ、これでも、それなりに気をつかっているつもりよ!?」

「その格好の何処がですか!! 侍女長も、魔王陛下はあれ程の美貌を持ちながら淑女の嗜みに無頓着すぎて何とも勿体ない……と私と会うたびに零しておりますよ」

「しゅ、淑女よりも魔王をやっている方が長いのに、今さらそんなことを言われましても……」


 ごにょごにょと言い訳したらキッと睨まれました……ショボーン。

 というか今は趣味の園芸中で普段はもっと作務衣ふつうの格好なのよ?


「う、うん、しかし、貴女が親の馴れ初めに興味を持つなんて、好きな人でも出来たのかしら?」


 娘さま、口に手を当てるとゴホンゴホンと咳払いをした。

 あ、あら……頬を染めた。

 これは図らずとも正解だったのかな?

 まあ、それは後の楽しみとして今は約束通りに昔話をするとしますか。

 今のアタシとしての始まり、そしてあの人との出会いから別れまでを。


 あれは確か、アタシがまだ人族だった頃……。


 ◇


 あの頃のアタシは今とは違う世界……異世界に生きる人間だった。

 その世界でのアタシは学生で女子高生というものをやっていた。

 唯一つ肩書きが入るのならば、ボッチなスクールカースト底辺の女だったかしら。

 ん、それはなんの事ですかって? まあ、とりあえず気にしないで。


 アタシがこの世界に来た理由なんだけど……巻き込まれ召喚ってやつかしら。

 選ばれし者達を呼ぶ召喚魔法陣。

 たまたま、その近くにいたアタシは手をつかまれて引っ張り込まれたのよ。

 やったのはクラスでもカースト上位に当たる男と取り巻きの三人の女達。

 引っ張り込んだ事に関して一切の謝罪はなし。

 正直いけ好かない連中で、何かあるたびにアタシに嫌がらせや意地悪をするような奴らだった。

 まあ、そうして巻き込まれたお陰で、今こうしてこの場所にいるんだし、一応の感謝はするべきなのかしら。

 彼らも最後には、それ相応の報いを受けたみたいだしね?


 ええっと、召喚で呼ばれたこの世界、人族の国では様々な事を教えてもらったわ。

 ワタシ達が、正確には同郷の四人が召喚された理由や果たすべき使命。

 魔王という世界の絶対悪を倒すために、神に選ばれたという事。

 それから神殿に連れていかれて、与えられた神の加護を調べられたわ。

 アタシ以外の四人には戦うための力が宿っていた。

 でも、アタシには何の力も無かった……ええ、無能力者だったのよ。

 その時のアタシは少しだけ、そう、ほんの少しだけ期待していた。

 ダメなアタシでも別の世界なら、何か力が得られるんじゃないかってね?

 ふふ、現実はそんなに甘くはないわ。

 周囲の落胆する声と、馬鹿にする同郷者達の笑い声で泣きそうになったわね。


 それでも異世界の転移者。

 この世界の人間よりは高い魔力を持っていたから、魔王討伐の旅に強制的に同行させられる事になったのよ。

 平和な世界で生きてきて、戦った事なんて一度もないのに小娘だったのにね。

 しかも魔王の討伐よ?

 今、魔王をやっているアタシでも笑うしかないわ。

 とはいえ当時のアタシに発言権や拒否権などは全くなく、どうすればいいかなんて思いもつかず、流されるままに周りの者達に従うしかなかったわ。


 それから、同郷者の男は勇者としての力を授かっていて、この世界の人間から従者を選ぶ事になったんだけど見事に女ばかりになってたわね。

 エルフや獣人にドワーフもいる、いわゆるハーレムパーティてやつかしら。 

 うん、ハーレムってなんですか?

 男が複数の女を囲い込む事かな? 

 男の夢らしいんだけど、アタシにも理解しがたいわね?

 後々考えてみると随分と気持ちが悪い話なんだけど、その時はアタシや、一緒にいた女達も、その事に大して不信感も抱かず気にも留めない感じだった。

 たぶん勇者の加護には、人を魅了して都合よく意識を誘導する力とかも含まれていたのかな。

 勇者が召喚された理由を考えると確実にあったと思うのよ。

 魔王の討伐、そして世界に神の加護を得た血を広めるための種馬としてね。


 旅の最初の目的地は闇の森、その奥深くにある祭壇の泉。

 ええ、貴女もよく知っている、あの場所ね。

 泉で儀式を行えば魔王を倒すために必要な聖剣を手にする事ができ、歴代の勇者達も最初に向かう場所だった。

 当然そこに向かった……アタシは儀式の内容について何も疑問に思わないで。


 旅については特に語る事は無いかしら……ううん、そうね色々とあった。

 悲しい事にトコトン虐められたわ。

 同郷者の三人の女は元より、従者の女達にも、王族で聖女のお姫様を中心に散々な目に合された。

 何故って、彼女達はこの世界でそれぞれ選ばれし者、頂点に立つエリートだった。

 そんな彼女達でも、何があっても敬うべきなのが神の加護を受けた転移者達。

 種馬である勇者はともかくとして、実績もなく戦闘訓練も碌に受けていない転移者の女達に対し、頭を下げなくてはいけない彼女達の屈辱はいかほどのものだったのかしら?

 その中でもアタシは卑屈でブスで頭も宜しくなく、神の加護も無かったから、見下して自尊心を満足させるには最適な獲物だったのでしょうね。

 そう、彼女達の爪とぎ板が当時のアタシだったってわけ。

 え、お母様は気高く美して強く、王としても非凡で稀有な存在?

 ふふ、ありがとう。

 でもね、当時のアタシはそんな人間だったのよ。

 旅の間、炊事に洗濯や他にも様々な雑用を押し付けられたわね。

 朝昼晩と問わず、寝ていても呼び出されて召使あつかいされ、戦闘では役に立たないからって、盾を持たされて魔獣の前で肉壁にされて何度も死にそうな目にあった。 


 そしてアタシが虐げられた理由はそれだけではなかった。

 今まで酷い事しかしてこなかった勇者が、急にアタシに優しく接するようになったのよ。

 当時のアタシは慣れない環境と旅の中で、孤立無援で追い詰められていたから、優しい言葉をかけてくれる勇者に好意すら抱いたわ。

 本当にあの頃のアタシは馬鹿だったわね。

 何でそんな事をしてきたのか?

 それは女達の嫉妬心を煽りアタシをより虐めさせるためよ。

 勘違いしたアタシを、勇者は同郷の女達と一緒になって笑っていたのだと思う。

 え、許せない?

 虫けらにんげん共、皆殺してやる?

 ちょ、ちょっと落ち着いて貴女、もう昔の話なんだから落ち着きなさいよ!

 ハウスっ!? ハウースっよ!!


 ……えっとそう、そんな事がありながらも闇の森の魔獣達を避け、何とか祭壇の泉まで辿りついた。

 泉については省略するけど、凶悪な魔獣が徘徊してるとは思えないくらい綺麗で穏やかな場所よね?

 それからアタシは、勇者に泉の淵にある石碑の前に立つように言われた。

 もちろん疑問なんて何も持たず彼の言う通りに従ったわ。


 そして刺された。


 ええ、背後から勇者に剣で刺されたのよ。

 理由? それはね、聖剣を得る儀式とは、泉の石碑に高い魔力をもつ生贄を捧げる事だったのよ。


 そうね、信じられなかった。

 確かに虐げられていたし、決して仲が良かったとはいえない、それでも一緒に旅をしてきた者に殺されるとは考えもしなかった。

 不思議とね……痛みはなかった。

 振り返ったアタシが見たのは勇者とその従者の女達だった。

 泣いていたのは聖女のお姫様。

 聖剣を得るための尊い犠牲です、とか言っていたわね。

 でも嘘泣きだと直ぐに分かった……だってアタシをいたぶる時と同じ目をしていたから。

 同郷者の女達はお腹を押さえて、アタシを指さして笑っていた。

 殺し合いすら目にする事のない世界で生きてきた人間が、人が殺されようとしてるのに笑っていたのよ。

 他の女達も反応は様々だったけど、誰もが侮蔑か無関心の眼差しでアタシを見ていた。

 まるで物でも見るような目で……ええ、助けようとしてくれる人なんて、救ってくれる人なんて一人もいなかった。


 平然とアタシを殺そうとしている勇者はこう言ったのよ。


『本当にすまない、この世界を救うため、聖剣を手にするためにその命を捧げてくれ』


 謝罪の言葉……白々しかったわ。


 だって、罪悪感なんてこれっぽっちも感じてない顔をしていたのだから。

 まるで物語に出てくる悲劇の主人公の真似事でもしているようだった。

 ううん、むしろ笑って、目を輝かせていたのかも。

 聖剣を得るという大義名分で、神が許可した罪に問われない人殺しが出来るのだから。

 アタシと同じ世界から来た勇者と三人の女達。

 彼等にしてみたら、ここは何でも自由に思い通りに出来る遊戯の世界。

 アタシを殺す事すらも、遊びの延長だったのかもしれないわね。


 アタシが感じた事は何も、もう本当に何も無かった。


 そして今はそのカラクリを知っている。

 全ては勇者という物語を彩るために、神が用意した試練という名の……悪趣味な演出だったという事を。


 アタシは勇者に心臓を突き刺されたわ。


 アタシの胸から魂を代償として出現したのは眩い光を放つ聖剣。

 柄を掴まれると気が狂いそうなほどの激痛があった。

 勇者は無造作にそれを引き抜いたわ。

 アタシは勇者に殺されて、呆気なく魂まで奪われた。

 輪廻さえも許されず、人としての存在そのものを世界から消されてしまったのよ。


 聖剣を手に高く掲げる勇者と歓声をあげる女達。


 ごみのように打ち捨てられ、崩壊し、灰となって踏みにじられるアタシの体。

 看取ってくれる者は、目を向ける者は誰一人としていなかった。


 ええ、アタシは聖剣を得るための贄として殺され、魂を奪われて死んだのよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます