第5話「京子とカフェラテ」

「二人とも、何か飲みたいものは?」

「カフェラテ……少しいめで」

「ふつーにカフェラテ!」


び~?』とにやにやするようすけくと、はつから無言の圧力。

大人しくなった二人の後ろをたてが通り過ぎ、カウンターの中へ。


「手伝います」

「じゃあ、ドリップを」

「承知しました」


はつが手を洗ったあと、キッチンの下をのぞいて、冷蔵庫のとびらを開いたような音がした。

何かを取り出した後、すとん、とナイフのかろやかな音。

ふ、と少し笑って、京子とようすけの前に皿が置かれた。


「苦いものには、あまいスイーツがあってこそ。フォンダンショコラならしいからな」

「わあっ」


ようすけがキラキラと目をかがやかせ、『カフェラテまだ?』とねだると、『もう少しですよ』と返事が返ってきた。

ほどなくして、大人な香りがただよってきた。

温めておいたミルクを注ぐと、あわい色付きのカフェラテがソーサーの上へ置かれる。


あまさには苦さを、その逆もまた引き立つ。人間のりよくも、逆のものと合うから好きなんだ」


いつも語る話は、はつなりの教育方針。

好きなようにかざることを『それも個性だ』と言う母親を、京子は尊敬している。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

喫茶店フォレスタ《本編》 うらひと @Urahito_Soluton

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ