睡ること、生きること。

作者 木子あきら

銀河を腹に」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 木子さんと言えば矢張り”星座”です。

    美しい、夢のような、おとぎのような世界を星の数ほど無限に魅せてくれます!

    作者からの返信

     cypressさん
    星の話が大好きなので、そんなふうに読んでくださると書きがいがあります。
    これからも、夢や、おとぎの世界を大切にしていきたいので、このコメントをいただいて元気が出ました。ありがとうございます。

    2018年9月29日 23:37

  • 鉱石を呑み、銀河を腹中へ…というイメエジに感嘆します。どこか幻獣じみた肢体の構成像も美しいです。

    作者からの返信

     安良巻祐介さん
    いつも丁寧に読んでいただいて、嬉しいお言葉までありがとうございます。
    青色燐灰石(ブルーアパタイト)の、銀河がはしっている宇宙のようなすがたから着想を得ました。
    綺麗なものを呑みこんで、また不可思議を吐きだす、というものにロマンを感じます。

    2018年4月30日 21:48