WIZARDWARE魔法戦記「ソフトウェア魔法VS.影の王」

くら智一

▼「ソフトウェア魔法VS.影の王」

Ver1.1 最弱の魔法

最弱の魔法(1)

 身も蓋もない話に聞こえるかもしれないが、この世界に「ソフトウェア魔法」という名の魔法は存在しない。100年ほど昔、異邦人によって伝授された「魔法」の技術に対し、アキムという若者が独自の概念を組み合わせて発展させたものを何者かが「ソフトウェア魔法」と呼び始めた。


 アキム・ミヤザワは異端者である。「役に立たない」と烙印を押された文献の愛好家だ。無用な書物から無用な知識を得ようとした愚か者だが、実際に役に立つか立たないかは個人の価値基準に左右されるので無下に責めることはできない。


 今からつづるエピソードは、剣を持った兵士が国の存亡を賭けて戦っていた文明未成熟の時代。風変わりな発想を持ったアキム・ミヤザワが、魔法を研究する同僚たちと切磋琢磨した日々、そして祖国を滅ぼそうとする「影の王」といかに戦ったのかを彼の・・視点・・でまとめた冒険活劇だ。


 ひとつ耳を貸していただければ光栄である。



◇ ◇ ◇ ◇ ◇



 ――私は輝く陽光に目を細めた。


 仰げば青く高い空が広がっていた。眼下には、だだっ広い草原に白いローブを着た人間たちが集まっている。緑の絨毯を白く染め上げるように正方形の集団が横へ複数整列している。そのひとつに眼を凝らすと、皆が同じ方角を向き、縦10人、横10人の100名が等間隔に一糸乱れることなくきびすを並べている。


 ひるがえって彼らの顔の先、蒼穹そうきゅうのはるか向こうには、禍々まがまがしい気配に包まれた黒く巨大な球体が宙に浮かんでいた。


 白いローブ姿の集団の先頭に立つ人物が右手を天に向かって掲げた。後方にいる者たちは祈るように両手を組み、口元を動かす。長い文言をつぶやいているようだ。


 集団の先頭にいる者のうち2人が前に進み出て、純白の衣服の長い袖を両側へ広げて何かを叫ぶ。彼らの身体から光が満ちあふれ、まばゆい発光に飲み込まれた身体は溶けるように形を崩した。白い粘土状の姿となって変形し始める。


 2人が身体を白く無秩序な形に変えて一箇所へ集まる。粘土のようになった彼らはゆっくり変形し、何やら筒状のものを作り上げる。やがて細部にいたるまで形を整え、最終的に1台の大砲を成形した。口径50センチメートルにも及ぶ鴻大こうだいな砲身は、照準をはるか遠く巨大な黒い球体へ向けていた。


 背後に並んでいた者たちも次々と身体を白い塊へ溶かした。今度は100名近い人間が一箇所に集まり、金属製の機械を思わせる装置を作り上げていく。白色の精密機械……異様なサイズのコンピューターだ。一部がコードとして伸び、大砲へと連結した。


 もう人の姿をした者は残っていない。一方で、姿を変えた精密機械と砲台は音を立てて動き始め、光り輝く異界の力を生み出していた。人間の身体はハードウェア、そこから魔法の力を集め、砲台へ送る力はソフトウェア。精密機械が低いうなり声を上げると、間もなく大砲の射出口が輝き始めた。


 機械と砲台のセットはひとつではない。今見た人間の集団は左右にも幅広く10組存在し、白いローブ姿の者たちは、すべて機械と大砲のいずれかに変身した。


 大砲が轟音をあげて膨張した光を発射した。10組の大砲が同時に光の塊を撃ち出す。大きな光弾は長く尾を引きながら、青い空の下を直進した。標的に向けて最短距離を稲妻の如く飛び去る。射線の先、黒く巨大な球体は同時に10個の光の塊が突き刺さり、身体の一部が吹き飛んだ。


 光弾は次々と砲台から発射され、光の帯に串刺しとなった球体は原型をとどめぬほど急速に崩れていった。


 ――最高の気分だ。


 そんな折だ。唐突に空の彼方からアキムという自分の名を叫ぶ声が飛んできた。いつの間にか天上の蒼穹は色を失い、世界全てが無彩色へと変わっていく。私は両側いっぱいに広げていた想像の翼をたたむ。世界は姿を消し、急速に暗転した。





「昼間から床に寝そべって読書か。頼もしい奴だな……」


 木の香り漂う図書館で仰向あおむけに寝転んでいた私は、頭上から不意に声をかけられて気だるい視線を向けた。季節は10月初頭の中秋、柔らかな日差しが窓から降り注いでいた。顔の前方では愛読書がページを広げている。


 誰に話しかけられたのかは確認せずともわかっていた。魔法研究所のレッドベース先輩だ。年齢は4歳年上の21歳。背がとりわけ高く、赤色の頭髪を額の上で跳ね上げている。お洒落しゃれにも余念が無く、懐に入れた小さな手鏡を取り出しては時折、クシを片手に整え始める。


 年齢はたいして変わらないが聡明な魔法士であり、魔法研究所では先輩後輩を問わず人気があった。自分も身なりだけは先輩と同じ白基調のローブをまとっているが、不似合いなのか印象はまるで違うみたいだ。


「放って置いてください。読書にはのめり込む性分なんです」


「アキム……7日後には『影の王』のしもべが動き始める。魔法士としての自覚があるなら最低限、集会だけでも顔を出したらどうだ?」


 レッドベースは魔法研究所の新入生である私に目をかけてくれている。レジスタ共和国が誇る魔法研究所は、新しい魔法研究生を4年に1回募集している。彼は1期上の先輩研究生だ。きっと世話好きな性分なのだろう。年下への面倒見が良い。


 やれやれ……私は不平をつぶやきながら手にしていた本を脇へ置いた。ローブについたしわは気にも留めず、背を床から起こしてあぐらの姿勢で座った。


「先輩……、私が魔法研究生を続けているのは国立図書館の蔵書目当てなんです。魔法士としての責務はいずれ必ず果たします。今日は見逃してください」


 頭を下げつつ返答すると、再び本に手を伸ばそうとした。


「まあ、待てって……」


 レッドベースは表紙の寸前まで伸びた指先を制した。床に腰を下ろしあぐらの姿勢で座る。


「おまえのやりたいことは知っている。だが、先輩だったら後輩をさとすのは当然だろう。国を脅かす黒い球体『影の王』は強大な存在だ。魔法研究士、魔法研究生全員にとって影の王撃退は100年に渡る悲願だ。無論おまえの活躍だって求められているんだぞ」


 レジスタ共和国では魔法を扱う者に対し、3つの呼び方をしている。魔法を研究し、教官を務める「魔法研究士」。学び補佐する「魔法研究生」。そして魔法研究に携わる者は内外から総称して「魔法士」と呼ばれていた。


 赤髪の先輩はしばらく私の仕草を観察していたが、不意に高い声をあげた。


「……ん? おまえの趣味も酔狂だな。そりゃあ役に立たない書物だろう?」


 役に立たない書物……レジスタ共和国では、現実とは違う内容が記された書物を総称、時には蔑称して「役に立たない」教科書と呼んでいた。


「確かに国からは価値がないと酷評されています。人間が空の上にのぼるとか、夜でも明るい土地があるとか、フィクションを現実のように書いてある文献など、誰もがおかしな目で見るのは当たり前です。けれど、同じような書物がたくさん存在しているんです。国立図書館で保管している以上は何か意味があるはずです。むしろ普段目を向けられていないから重要な情報が落ちているかもしれないじゃないですか……」


 夢中になってしゃべってしまった。先輩の手が落ち着くよう顔の前に差し出された。


「おまえの主張には一理ある。でも時と場合によりけりだ。『影の王』との戦いにはレジスタ共和国の未来がかかっている。影どもの問題が片付いたあと、ゆっくり読書を楽しめばいいさ」


 正論だった。彼の言うことはたいてい正しい。私は置いた本をつかんで立ち上がった。


「わかりました。集会に出席します。趣味・・は空いている時間に続けることにします……」


 レッドベース先輩は腰を下ろしたまま顔を向け、口の端をニヤリと吊り上げた。


「それで良い。魔法研究の一環として不必要な知識などないというのが俺の持論だ。アキム、おまえの読書がいつか影の王打倒に目覚しい成果を挙げるといいな」


 赤髪の魔法士は腰を上げて国立図書館の出口へ向かって歩きはじめた。私は彼の背中に続いた。人もまばらな木造の図書館がさらに寂しくなってしまうが、仕方のないことだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます