レベル1の勇者が乗り込んできたんだが。

作者 宇部 松清

38

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なんなんだ、この『ほのぼのハートウォーミング大ツッコミ大会ストーリー』は!
勇者が弱い。とにかく弱い。弱いくせに最強。
魔王が強い。とにかく強い。その癖レベル1の勇者には弱い。

勇者にも魔王にも哀しく辛い過去があって、それでも前向きな二人。
この魔王、きっとA型(笑)
この勇者、きっとB型(笑)

今まで見た中で一番好きな魔王と勇者だ。

ページをめくる手を止めることができない物語。
あなたも体験してください!

★★★ Excellent!!!

物悲しい勇者の過去語りや、やるせない魔王の現状にくさびを打ち込むこのレベル1勇者の物語。
そうか、厳しい試練に耐えてきたんだ、勇者……と胸にキュッと来たと思ったら、パズルに夢中になる子供みたいな魔王……そうか。彼らにも希望はあるのだ――読者を確実に笑わせに行く! という……どんなに悲しいことがあっても、ここへくれば微笑を取り戻せます! 必見!!!

★★★ Excellent!!!

 これ、面白いです。読むときには周りに人がいないか注意しましょう。絶対、吹いちゃうと思いますので。魔王は人間より常識人(?)で、規格外に弱い勇者に振り回され気味。魔王城にやってきた勇者は何とレベル1!しかも、「鎧重いから、脱ぐの手伝って」というセリフを、魔王に向って言い放つ! ボケとツッコミの会話の中で、何だか魔王と勇者(女)は意気投合してしまって⁉ しかも、勇者は魔王の家庭教師までかってでる⁉ 予測不可能な笑える短編ファンタジー。
 魔王に同情すること間違いなし⁉ 
 是非、ご一読ください。