レベル1の勇者が乗り込んできたんだが。

作者 宇部 松清

第3話 それは何だ、勇者よ!」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 最初は本当にただのギャグだと思っていたのですが……、
    ちょっと泣きそうになりました。

    作者からの返信

    @chauchau様

    私、ついついちょっと暗い過去とか背負わせたくなるっていう厄介な持病があるんですよね。ここでもその病気が出ちゃいました。

    2020年1月14日 12:09

  • 「何かさ、魔王に悪いから、もーさっさと殴らせてもらって、それで終わりにするよ」

    これ、泣ける。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
    てか、泣いた。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

    作者からの返信

    如月芳美様

    で、ですよねー!泣かせるために書いたんですよー!ウフフー!
    (おかしいな、コメディのはずだが……)

    2018年8月24日 20:48

  • コメント失礼いたします!

    サイコーです。

    作者からの返信

    みささぎ真守様

    ありがとうございます!
    嬉しくて震えます。

    2018年6月28日 21:42