第43話 吾輩迷走中2

ということで、吾輩です。

珍しく起きてます。ええ、お目目パッチリ、パッチワークです。

意味不明でごめんなさい。


タイトルは敢えて変えています。

SHASHAさんが鋭いので、ツッコまれる前に潰す!!

ダーティでもある吾輩。ダーティハリーです!

意味不明でごめんなさい。


ということで、今ラノベ研究中です。

一週間デットエンドをお休みしつつ考えようかなって、思って休めてます。

たまには休みもいいもんだ。気軽に書けるし。やっぱりバンパイアっしょ。


もはや、吾輩のライフワーク。バンパイア。

えっ? PV少ないじゃん? うるせぇ! それでもいいんだよ!!

書ければなんでも!!


で、ラノベ漁り中です。

ただで読めるラノベを探しつつ、まったりとしていながら――

デットエンドが頭を離れません!! 

憑りつかれているのに近い状況!! だって終わってないから!!


時間が余った時についつい妄想にふける。

一章直すとしたら、あー書けばいいのかなとか。今後の展開の骨組みどうしよかなとか。今ラブコメ路線で書いてるけどバトルもいれなきゃなとか。大体のエピソードは頭にあっても順番とか考えるわけで。


さらに書き方も久々に調べ直しているわけで。


で――


やばい!!

何がやばいって!?


やっちゃいけないことのオンパレード!!


人称を変えてはいけません。読者が置いてけぼりになります。

主人公は共感できる人物であること。

一人称は見えたではなく、見えるとか。細かいことが多々ひっかかり。

もはや、禁書目録。ラノベでやってはいけないものの禁書目録。

それがデットエンド。正にデットエンド。どんだけデットエンドやねん!!


主人公がいじめっ子で不良の時点でヤバイとはわかりつつも、

ヒドイこって!


まぁ三人称に書き直すのも止む無しとか思いつつも、やっぱりラブコメ部分は一人称ってのがいい気がする。勢いが違うんだよな……ギャグの。


というところまでは愚痴です。ハイ。最近得意の愚痴エッセイです。



まぁ、色々読んでわかったこともあります。

文字で書いてる以上、文字での表現なのですってこと。

アクションとか会話とか、多々あるけども、やっぱり文字なんです。

頭に映像があるという話は何回も書いてる気がするけど、結局映像と文字は違うのですということに気づきました。


何、言ってるのコイツ?と思われたかもしれません。

けど、吾輩の思考なので。


文字での表現って、何よ?

ってことです。文字だからこそ出来る表現。

心を打つ言葉が書けるのです。


ここが重要。あくまで文字だけなのです。

頭の映像とか言っても、伝わるのは映像ではなく、文字が相手の頭にイメージをもたらすということ。


何か……間違っている気もするが……これでいいはず。


イメージなどは千差万別。ようは同じ言葉でも取り方が違う。

これを同一にするのは不可能と吾輩気づきました。いくら吾輩がイメージしようと、受け取りては文字から情報を受けて、に脳内でイメージを作るのです!!


要は頭の映像とかどうでもいいとこです。

どれだけ、華麗なアクションを思い浮かべようともそれは読み手に正しく伝わることは皆無。絶対違うものになるって思うのです!!

八割伝われば成功の部類でしょう。


ということは、結局何がいいのだろう……?

筋道がおかしい……?

まぁいっか、思考だし。


あくまで、文字で楽しませるということが重要!!

ということは文字による表現を極めるのが重要!!

引き出しが必要!!

イコール、いろんな作品を読むってこと!!


ということで、ちょいと読みふけってきます。

吾輩に必要なのは読むこと。西野のおかげで三人称がかけるようになった。

ということは他にも読んでいけば何か掴めるかもしれない!!

インプットを求めたい!!


さらに言えば、最近カワイイ女の子を読み漁っている!!

ざるそば(かわいい)。

コイツが電撃の擬人化コンテストに来たら優勝決定だろう……。


ヤバイ、思考が飛んだ!!


なんか面白いラブコメって、やっぱりヒロインのキャラが面白カワイイのです。ラノベは貞操許そうなビッチが多いのが事実なのだけれど……アイツらすぐ脱ぐし……どんだけ下着見せてくんねん!ってツッコミたくなるところも多いのだが、やっぱり可愛さがある。


この前のリメイクもそうだが、絶対彼女作らせたガールを読んでて白星さんかわいい。とか思うわけで、そういうヒロインの可愛さ表現を学びたい。セリフとかの書き方とかも重要な気がするんだよな……ひらがなとか、えへへとかきゃっみたいな。こういう細かい使い分けができることでキャラが生きるのだろう。


うーむ。ざるそば(食べたい)


吾輩は眠りにつく。


≪つづく≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます