第0-28話 吾輩は卑怯な方法で目標を達成する!

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。


「旦那、お目覚めですか?」

「きたな、遂にこの時が!」

「へっ?」

「やっとだ、やってやったぞー!」

「……何か達成しましったっけ?」

「そうだ。これは吾輩の悲願でもあったが遂にきたぞ!」

「……まさか! 書籍化ですか!」

「……そのまさかじゃないッ!!」

「えっ?」

「デットエンド一万PV達成だぁああああ!!」

「……いやいや」

「なんだよ……喜べよ、眷属」

「喜べと言われましても……まだ七千もいっていないですよ」

「ふふん、ちゃうちゃう」


吾輩は1万PVという大台にようやく到達する。

長かった。いや長かった。話数が長いからというのもあるけど(。-`ω-)


ようやっとここまできたぜ。

悲願の一万PV。次は10万PVだな。

目指せ億万PV長者!!


「いや、旦那! だから七千でしょ!!」

「昔の足したら1万や!!」

「えっ……」

「だから言うとるだろうが。デットエンドあと地があるだろう。そこに三千の隠し財産があるからな。足したら一万PVだ」

「……きたねぇ……」



吾輩は考える。

書籍化という言葉は化石化とちょっと似ている。当たり前か。

でも考えてることはそうではなくて、なにやら最近8日で書籍化が決定した方がいるようで。吾輩恐縮です。まぢでビビる。一週間たったらハイ書籍みたいなね。どんなデリバリーサービスですか? 書籍化サービスデリバリー?


なろうさんの方であったみたいです。

ただ元作家さんというのもあったみたいですが……

何が起こるか分からん世界。それがweb小説。


このビッグwebに乗るっきゃねぇ!!



吾輩は考える。

マズイ……2章直すとか意気込んでも3章書いてしまう。


どうもアカンよね。

どうもー、アカン。テンションがついていかへんねん。キッツいわー、きっしょいわー。ほんま、どないやねん。


とエセ関西弁を使ってみるが気持ちが湧いてこない。

時が来てないということか。南無三。



吾輩は考える。

最近……R15とかよくわからないのだけれど……。

昔結構エロがBANBANされてましたけど……。


今……なんでもありなのね。ふと気づく。どいつもこいつもすぐにやってやがる。キャラ同士が。アカンアカン。というか、これ結構過激ですやん。


どこまでありなのか……。


境界線は着実に動き始めている。書ける範囲が広がっていくのはいいけどね♪



吾輩は考える。

文章でR15って……よーく考えたら意味不明だ。

何を持って禁じられているのだろう。有害図書指定。

ちょっとカッコいい響きだな。有害図書。


ナイスガイになれないといけないからな。それにしても、もはやこういうものって人の気分で決められていそうな気がする。


こういう境界があいまいなものほど怖い。個人の感覚だ。

どうにも太刀打ちできん。やるとしたら、集団での抗議ぐらいか。


闘えR15の戦士達よ! 吾輩はO15だ!

157と似ているが大腸菌ではない! オーバーだ!!


吾輩の年齢が15以上と判明したところで吾輩は寝る。



《つづく》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます