第0-19話 吾輩の冬アニメ日記2

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。


「旦那、お目覚めですか?」

「きたな、吾輩のお時間だ」

「ですね、漆黒のバンパイア」

「いくぞ、わが眷属」

「ハイ、旦那!」


とやる気を見せても前回の続きです。冬アニメ日記です。

とりあえず作品ですね。『からかい上手の高木さん』。


さいきんこの手のラブコメが流行ってる気もする。

ちょっといじわるだけど、隠せない感じでデレてる。

毎回、毎回主人公が好きな女の子に振り回されるお話。

安定感が高い作品です。ネットでもよく話題になっていてようやっとアニメ化です。さらにスピンオフ的な単行本も数多い。すさまじい人気ぶりである。


特筆すべき点はヒロインが可愛い。と言ったところかな?

からかい方がかわいい。そして振り回される主人公も可愛い。

そんな感じです。伝えるのがムズイな……。



さーて次だ。次。『グランクレスト戦記』


ちょっと古いタイプのファンタジー。味があると言った方がいいか。

聖人君主を目指す、統一物語。結構悲恋な恋が多く、事件が起こり引き裂かれるカップルばかりである。そこをすかさず主人公がイチャコラし始めた。うーむ。ダメだ。デットエンドの書きすぎで発想と言葉が可笑しい。ヤバイ。ヤバーい(/・ω・)/


ちょっと斜めに見すぎる吾輩の悪い癖である。

至って真面目な作品である。ただ、まだ最終回を迎えてないのでわからん。



次はこちら。『Fate/EXTRA Last Encore』


もう紹介するのもメンド――。ではなく、ご存知の通り一大コンテンツfateさんである。月型さんはお強い。本当にアプリの課金も捗るよ。ということでFGOってのもあるよ。もう派生が派生を呼び、原形もわからん。どこに月が落ちているのか。


だが制作会社は安定のシャフトさんである。もう2大タッグ。というか、もう毎シーズン何かぶち込んできているイメージが強い。おっと本編の紹介がまだだった。


舞台設定は月です。そこになんか特殊なコンピュータがあって、聖杯戦争をしている。すさまじい回数している。なんか塔みたいなのがあって、そこに階層主がいて、謎の記憶喪失主人公がトリッキーな変身を使いながら、赤セイバーさんと頂点を目指す。謎多きストーリー。というか、吾輩も見ているがようわかっていない。


赤セイバーさんのセリフが印象深いものは多いのだけれど……なんかうまくつかめない。だから説明が大雑把になってしまう。知ってる登場キャラも多いのだが、原作から若干変わりも多く、もう何が何やら。


おもしろいんだけど、他のと繋げて何をどう見るかはちょっとわからない。

というか、Fate エクストラとか手を出してないのがいけないのかも……。


おっとここで千文字を超えてしまった。残念。


吾輩は無理やり眠る。


《つづく》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます