第0-15話 吾輩の人生の時間はあと何秒で何を賭ける?

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。


「旦那、お目覚めですか?」

「目覚めどころの騒ぎじゃない」

「へっ?」

「覚醒し始めてる」

「……」

「どんどん浮かんでくるぜ」



吾輩はスラスラ書ける。これは……きてる!

デットエンドも3章に入り、あっという間に1万文字を超えた。というか書くつもりじゃなかった話がいっぱい出てくる。1月3日から書こうと思っていたのに元旦ネタになっている。不思議な話や。


けど頭を使って、更生を考える。行きつくルートは決まってるのだからそこに積み上げていけばいい。それにしても3章は膨大な量になりかねない。先が長いことは間違いないな。



吾輩は考える。

もうそろそろ冬アニメは終わる。といいつつ過去の作品を見てるので。

『賭けグルイ』。


確か作者さんが司法試験に合格しているだかなんだか。それで漫画家なのだからすごい話だ。まぁギャンブルといいつついかさま合戦であるのだが。やはりギャンブルは胴元が強い。先手を打てるのだから。手品が使える人はトランプが強いだろう。いくらでも組み替えられるのだから。人をだますことがギャンブルの本質かもしれない。読みあいではなく、騙しあいなのである。気づかれても罰則がなければ意味がない。


あぁ、ギャンブルとは誠に恐ろしい。


だが、魅力はわかる。運ってものの魅力は人を引き付ける。

最強のステータス、『運』。



吾輩は考える。

ギャンブルって考えると……人生もギャンブルの連続である。


選択肢が無数のギャンブル。賭けるものは自分の命。

そんなものかもしれない。ただ手札を集めることは出来る自分次第で。

それは時間を使って集めるものだろう。


人生で何をするか?


そういうギャンブルかもしれない。勝てる勝負なんてものは欲しいものによって確立が変わるもの。さて、何を賭けようか?


そして、何を書こうか?



吾輩は考える。

時間というものについて。


これは大切なもの。限りがあるもの。

100歳で約3億秒。意外と少なくも見える。一年で約300万秒。

一秒の時間が3百万回繰り返す。あっという間な気もする。


さらに言えば睡眠時間が8時間として3分の一になる。約100万秒へってしまう。

その時間で何が出来るのだろう。


残された時間はあといくつあるのだろう。



吾輩は考える。

最近竹書房の作品が勢いが強い気がする。


ちょっと一風変わったものが多いような気がする。ポプテピピックもそうだけど。見たことがないものが多いっていうのも魅力がある。宝探し的な感覚だろう。


さて、吾輩も宝さがしをするか。



吾輩は眠りにつく。


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます