第0-4話 吾輩なんか乗ってきた!!

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。


「旦那、お目覚めですか?」

「これきたな。時代きた。吾輩の時代」

「……」

「時代の波にノリスケですよ」

「……」

「困っちゃうな~、ほんと。時代が吾輩を運んでる感じってやつ。あいつらほんと吾輩を――」

「早く書け!!」


吾輩はのっている。

段々イメージと手がシンクロしてきた。いつも通りの勘違いが始まる。

まぁ、デットエンド1章を直してます。足したい追加要素が色々ありんす。

さすがにね、一年もありゃ2倍、3倍のアイディアがね、生まれますよ。


あぁー、なんか幸せ。


書きつつ仕上げつつ、さいしょの頃とは打って変わってる。まぁどっちが良かったかわからんけども、もうね別の作品になりつつある。


4章構成とか思ってたけど、あれね、うん、嘘になっちゃった。もうねあれですよ。一年の妄想が肥大して収集つかない感じ。どう分けるかな~。


1つはノア編やりたいし。ピエロ編も。それになー、あれもこれも書きたいな。どんどん膨れ上がるな。先が長くなりそうだ。骨組みは変わらないけど、増築が半端ない感じ。ハリボテにならないように気を付けねば。


ただ、それが出来るってのが幸せだよね♪

書いてるだけで楽しい♪


「旦那・・・・・・変わらないっすね」

「アホやけん、変わらんよ。あとバカは強い」

「確かに。バカだから」



吾輩は考える。

なんか、星とかハートとかコメントとかありがとうございます。

フォローもありがとうございます。


あとでカクヨム散歩でもしよう。とりあえず、今書きたくてうずうずしているのです。書かせて頂戴。



吾輩は考える。

目まぐるしくてわからん。やばいな、続々アニメ化されとるやん。

なんか喋り方が似非関西弁みたいになっとるやん。

あかん。こりゃあかん。ほな、さいならしない。


転すらアニメ化ですね。あれ先が気になる。漫画で読んだけども。あぁーどこまでやるんだろう。さらにさらにあれもこれも。本当にあれもこれも。


時代の波が来とるなー。まぁ、書き手がたくさんいるから物語は増える一方ですね。

幸せな世界だ。



吾輩は考える。

なにやらお母さん的な包容力のあるヒロインが人気なようで。


もうすでにお母さんが全体攻撃で2回攻撃らしいけど・・・・・・色々あるんね。まぁ、ヒロインの系統なんていっぱいあるけん。好きなの選ぶヤシ。


ヤシガニ。すいません。調子乗りました。



吾輩は考える。

電撃文庫が参戦するとかかんとか。


まじかー、まじかー、はぁまじかー(=゚ω゚)ノ

なんかすごそう。うん。なんか凄そうだよ。多分すごいと思う。だって、電撃だよ。すごくねー?えっ??勘違い・・・・・・。先走りすぎ??


・・・・・・


すご・・・・い・・・・やん?


「旦那、アバウト過ぎてわからんっす。何がスゴイですか?」

「・・・あれだよ。あれ」

「アレって??」

「・・・・・・・・・・・・次いってみよう!」


吾輩は考える。

なんか帰ってきてから吾輩嘘が多い気がする。嘘。

良いウソと悪いウソがある。

ホラっていうのもあるよ。



「旦那、ずっと0話なんですけど、いつ1話書くんすか?」

「……デットエンドで忙しい……」

「甘ったれるな!!」

「・・・・・・」


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます