へんじ は したくない。 ただの ふしんしゃ のようだ

第8話 学校が異世界に

 

 新しい制服の襟をふわりと撫でた風から、ほんのり桜の匂いがする。下ろし立てのローファーで学校への道を歩きながら、眠気の残る頭でぼんやりと昨日のことを思い浮かべる。


 昨日は突然の訪問もなく、土曜日と比べてあまりにも穏やかだった。

 突然来たときに備えて、玄関先だけで対応する方法を朝から考えていたのに、御園さんは来なかった。

 もしかしたら、ただのお金持ちの悪ふざけだったのかもしれない。99回生きているとかいう俄に信じがたい話も、きっとただの作り話だったんだろう。……それにしては随分と本気じみていたけれど。そうだ、綺麗な人だったし、きっと劇団員の人だ。劇で演じる人の役作りをしているうちに、自分をその役本人と勘違いしてああなってしまったんだ。たまにあることだって聞くし、きっとそうに違いない。

 とにかく、新年度早々変な人に出会ってしまったけれど、きれいさっぱり忘れて、今日からの新しいクラスでは気の合う友達を見つけたい。


「あれ、里桜?」


 耳に馴染む少しハスキーな声に振り向くと、金に近いほど明るく染めた茶髪が風に揺れた。


恵梨えりちゃん!おはよう。」

「ん。はよー。」


 眠いのか、少しぶっきらぼうな挨拶をしながら、恵梨ちゃんが追いついてきた。普通に隣を見たら、私の目線の高さに恵梨ちゃんの胸が揺れていた。


「恵梨ちゃんまた背が伸びたんじゃない?いいなあ、モデルさんになれそう。」

「えー、無理無理。モデルとか美意識高くないと出来ないっしょ。」


 少し見上げる形で恵梨ちゃんを見ると、モデルの生活をイメージしているのか、面倒くさそうに眉をしかめた。しかめられた眉はきりりとしているし、切れ長の目も強気な印象があって、やっぱりモデルに向いていそうだと思う。


「お、里桜、あたしらも撮る?」


 恵梨ちゃんが校門の「入学式」の看板の前で、写真を撮っている子達を指差した。


「うん!」

「お、ラッキー!今ちょうど空いたよ!」

「わあ、恵梨ちゃん待って、待って!」


恵梨ちゃんの長い足とじゃ歩幅が違うので、もたついてしまう。そんな私をよそに、恵梨ちゃんはすでにインカメラにした携帯を向けていた。


「ほら、撮るぞー!」

「う、うん!」


カシャリ。

シャッター音が鳴った瞬間、目の前にどこかで見覚えのある黒塗りの車がスイッと止まった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます