弱き者よ汝の名は女なり(原著:花楽下 嘩喃さん)

 女性心理むき出しの作品です。おっさんには荷が勝ち過ぎで、どうしようかと悩みました。しかも、シェークスピアじゃないですか! もう既に白旗状態です(笑。

 とは言え、シェークスピアが味方してくれました。「To be or not to be……」ですね。有名な言葉ですが、これは私の中ではすかさず「To be to be ten made to be」と変換されてしまうのが常で(笑。

 あとは、視点を女性から男性へ。

 ちなみに、主人公たる女性の名前は陽月さんの作品から拝借させて頂きました。ありがとうございます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます