悔恨 ~ Re:g-Re:t ~(原著:武論斗さん)

 さて、クライマックスです。今回の企画で最難関と考えていたのが、武論斗さんのこの作品と県バーンさんの「蛾」。

 どっちもうんうん唸っても、きっかけすら出てきません。それだけ、原作と自分の作風がかけ離れていました。

 何故か、自分でやった「トンデモ科学学会」に参加してくれた水円さんの作品「渡し守」が思い出されまして、これで行ってみよう、と相成った訳です。

 何とか書き上がりましたけど、武論斗さんの表現したかったことが薄まりすぎてしまった感が強くて、反省してます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます