愚かでも、愚かなりに

 足に抱き付くココを乱暴に振り払い、ゼファルは一歩一歩、確かめるようにアレンへと近付いていく。

 揺れは収まっていた。魔王の間にはココの泣き声だけが小さく響いていた。


「やめて、おじいちゃん、やめて、お願い、やめて……」


 自分の行いは間違っている。

 ゼファルはそれを正しく理解していた。

 地上に栄える人類、そのたった二人を殺して何になる。

 二人を殺せば、人類は群れを成して牙を剥くだろう。

 天空の牢獄に追いやるだけでなく、今度こそすべての魔族が滅ぼされてしまうかもしれない。

 しかし。

 しかし、だから。

 しかし、だからどうしたというのだ。

 魔族の誇りをかけて立ち上がった我が子は人間に殺された。勝てるはずのない戦に挑み、そして敗れた。

 愚かだ。実に愚か。

 それでもたった一人の愛しい我が子だった。

 玉座の後ろ、巨大な肖像画は雄々しく、堂々と描かれている。

 我が子が今の自分の行いを見れば、果たして何を言うだろうか。

 再びアレンに目を向ける。虫の息だがまだ生きている。

 必ずやこの手で殺さねばならない。そして杖を構え直した時、僅かなノイズが耳に入った。


「――創造主の左、漆黒の燕尾服、純白の手袋」

「……娘、まだ生きていたか」


 まるで見えない糸に吊り上げられるように、ショコラは不自然に立ち上がっていた。前髪に隠れた目が赤く発光している。

 ゼファルは魔力の波動を放ったが、効かない。絶対防御が展開されている。


「――己が名を知らず、すべてを忘れ、忘却もまた忘却の彼方」

「ふむ」


 ゼファルを顎髭に触れ、アレンに向け魔力の波動を放った。

 効かない者よりまず攻撃の通る者へ。この手でとどめを刺したかったが、邪魔が入っては仕方がない。ゼファルは賢明だった。

 だが、しかし。

 明らかに絶命するだけのダメージを受けながら、アレンはうずくまったまま、まだ息をしている。


「娘、何をした。何をしている」


 答えず謳い続けるショコラの前に、手帳が浮かび上がった。ばさばさと勢いよくページがめくられ、開かれたのは白紙のページ――いや。

 ショコラの細かい目線の動きに合わせて、ページに赤い文字が刻まれていく。


「娘ッ!!」


 ゼファルは瞬く間にショコラのそばへ飛び、杖でもって殴り掛かった。アレンの剣と同じく、ゼファルの杖は絶対防御を貫通する。ショコラの頭ががくりと崩れ、しかしまたすぐに顔を起こして謳う。頭からの血は、流れるというより溢れていた。

 血の色をした目が、より強い光を放つ。


「――すべては誰も知らない場所へ。召喚、『亡失の執事』」


 暗黒の翼を翻しゼファルは退いた。魔法は本来魔族のもの、しかしこれは知らない魔法だ。

 現れたのは人のかたちをした影。燕尾服を着ているように見える。

 影は手袋を正すような仕草をして、にぃっと口を歪ませた。


 そして巻き起こる強大な渦。


「バカな、これは……ッ!?」


 爆発にも似た渦は影を中心とし、魔王の間に満ちる魔力を猛烈な勢いで吸い込んでいく。

 ゼファルは反射的に魔力の波動を放ったが、それもまたことごとく吸い込まれる。

 これまでにない危機を感じた。

 魔族の力の源は魔力だ。魔力はこの世界のどこにでも満ちているものだが、それが失われようとしている事は――つまり。


「娘ぇええええええええッ!!」


 影を避け、ショコラに殴り掛かる。

 侮っていた。魔族の王ゆえ、魔法使いを侮っていた。真っ先に葬るべきはこの娘だった。

 しかし、時既に遅く。


「――てめえ、ショコラに何しやがった」


 さっきまで虫の息だったはずの、アレンが。

 ショコラに向けて振り下ろした杖を、手で受け止め、握り潰した。

 どう見てもアレンは瀕死だ。杖だってすぐに再生できたはずだ。ショコラに至っては動いてこそいるものの生きているかも怪しい。

 状況はなお優勢。

 しかしゼファルはアレンの鬼気迫る目に、寸瞬とはいえ気圧されてしまった。


「『絶ち斬る』ッ!!」


 アレンは大技の代償に体力を削る。

 それでも躊躇わない。ゼファルを殺す、そのためだけに生きてきた。

 左肩から右の胴――文字通り、アレンはゼファルを断ち斬った。


「おの、れ……人間……ッ!!」


 最後までアレンを睨め付け、ゼファルは爆発四散した。大量に溢れ出た魔力は影に吸い込まれ消えていった。そのあとにはツノを生やしたカエルが倒れていた。

 魔王の間のすべての魔力を吸い尽くし、燕尾服の影は一礼して消えた。


「……まだだ、動け、俺の、俺の、身体……」


 アレンは剣を落とし、崩れるように倒れた。

 ぷつりと糸が切れたように、ショコラもまた壁にもたれるようにして崩れ落ちた。

 嫌気が差すほどの静寂の中、アレン達のもとへ駆けながらココは泣き叫ぶ。


「アレン、ショコラ、おじいちゃんっ!!」


 三人の中で、ココはまずアレンのもとへ駆け寄った。

 あるいは無意識に近いその選択こそが、彼女の覚悟の表れだったのかもしれない。


 不老不死たる魔族は聖なる攻撃でとどめを刺さない限り死なない。

 ――復讐に生きた者達の戦い、未だ終わらず。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます