決戦、天蓋竜

 天地なき、空。一面の空ならぬ、全面の空。

 アレン達は再び戻ってきた。今度こそ、天蓋竜に勝つために。

 敗北は許されない。一歩を踏み出す時、アレンは慎重に足場を確かめた。ココと手を繋ぐショコラは小さな声で魔法を詠唱していた。もう片方の手に握っていた赤い宝石が消えてなくなる。絶対防御の展開。手帳はあくまで詠唱を省略する道具に過ぎない。

 歩を進めるその先、空が歪み像を結ぶ。クロードと同じ顔、髪の色だけが黒ではなく銀。天蓋竜は初めから剣を手にしていた。


「お前には興味がなくなったと言ったはずだが?」


 立ち止まったアレンは腰を落とし、剣柄を握った。

 身体で隠した柄をちらりと見せ、構え直す。


「この鞘に見覚えがあるんじゃねえか?」

「なるほど。タクミも生きているという事か。信じ難い話だが、事実として受け入れよう。お前の技がタクミの技に似ている理由、ようやく理解した」


 アレンはそのまま、ショコラはココを連れ後ずさる。天蓋竜は構えず近付いてくる。


「その剣も返してもらおうか。元は俺の身体の一部だったものだ」

「構わねえよ。ただし、お前を叩っ斬ったあとだ」

「そうか。ならばお前から遊んでやろう」


 直後、天蓋竜が空に溶けた。同時、ココとショコラが立つ見えない足場が消えた。


「おおぉ――――――っ!?」

「ココちゃん、絶対離れないでくださいねっ!」


 想定内だ。アレンは落ちていった二人に振り返らず、じっと天蓋竜を待つ。

 そして降り注ぐ、空。あるいは天蓋竜のドラゴンブレス。

 アレンは最低限の回避に留め、無暗に天蓋竜を探すような動きをしない。

 天上から声が響く。


「メリッサ達が気にならないのか? この世界に底がないとでも思っているのか」

「お前こそいいのか。ショコラがずっと防御に徹しているとでも?」

「……ほう」


 崩落する空の欠片が静止する。構えるアレンの真後ろ、音もなく天蓋竜が像を結ぶ。

 首を狙い振るう剣に躊躇いはなかった。

 ――しかし。


「お前は空を崩す時、絶対に姿を見せねえ」


 背を向けたまま、アレンは鞘で天蓋竜の剣を防いだ。

 そこからの動きはまさに神速。抜剣、身体を捻り真後ろに剣を振り下ろす。

 滑るように退き、紙一重で躱した天蓋竜は悪辣な笑みを浮かべた。


「お前が頭を使うとは珍しいな。しかし、だからどうした」


 再び天蓋竜が空に溶ける。アレンは追わない。鞘に剣を納め、再びに構える。静止していた空の欠片が動き出し、崩落する。

 世界の終わりのようにひび割れた空が全天に広がっている。アレンは見上げない。気配だけを頼り瓦解する空を躱し、時に落下する空に乗り爆発する前にまた別の空へ飛び移る。

 爆発音が途切れ、天上から声が響く。


「俺が姿を現さない限り、お前はどうする事もできん。せいぜい足掻くがいい」

「ずっとこの声に騙されていた」

「……何だと?」


 アレンは振り返った。その先には何も見えないが、確かに振り返った。


「お前は消えてる訳じゃねえ、姿を隠してるだけだ。空と同化して、空から声を放ち、そこにいないと思わせる」

「はっはっは! どうした、今日は随分と頭が回るではないか! いや、タクミからの入れ知恵か? しかし、だとすればどうする。当たる可能性に賭け剣を振るい続けるか?」

「いいや。もうじきお前は炙り出される」


 返事はなかった。

 跳躍し、走駆し、アレンは待つ。

 すべての力は一太刀のために。



 ココを抱え、落下しながらショコラは詠唱を続けていた。


「――楽園の住人にして崩壊の引き金、務めは宵闇の報せ、星空の画家」


 攻撃を受ける心配はない。なぜなら崩落する空は上からのみ、更に自然落下の速度を超える事がない。全面の空はフェイクだ。


「――黄昏を紺に染め、七色の宝玉を散らし、深い眠りに誘う」


 かつて創造主が住んでいたとされる楽園。今は亡き楽園。

 その住人を呼び出す魔法こそ、禁呪。


「――時は満ちた。長き黄昏に終わりを! 塗り潰せ、『夜』!!」


 詠唱の完了。

 全面の青空は今、紺色の星夜に塗り替えられた。



 禁呪によって作り出された夜の中、アレンは捉えた。

 ヒトのかたちをした青い空。取り残された空、紛う事なく天蓋竜。

 駆ける、駆ける、駆ける――跳ぶ。取り残された空が像を結ぶ。ニヤリと嗤う口元。


「なるほど。考えたものだな」

「『打つ』ッ!!」


 夜空に剣と剣がぶつかり合い、しかし高い金属音は鳴らない。

 アレンはこの感触を知っている。力が打ち消される感覚、絶対防御。少なくともそれに似た何か。

 剣越しに至近、天蓋竜は牙を剥いて笑う。


「どう足掻こうとも俺に敗北はなく、お前に勝利はない。そろそろお前の頭でも理解できただろう?」

「巨大な竜は崩れる空を躱せず、空と同化したお前を見つける事もできない。お前は確かに、竜相手なら最強だろうな」


 含みあるアレンの言葉に天蓋竜は眉をひそめた。

 ここから何ができる。

 物理一辺倒のアレンにまだ手札はあるか。――否。

 しかし、だからこそ。

 こんな状況でもまだ目が活きている事に疑問が残る。

 思索する天蓋竜にアレンは告げる。


「お前の方こそ分かってたんじゃねえのか。俺とショコラを同時に相手できねえからあいつを落としたんだろ?」

「違うな。わざわざ俺の身体を持ってきたお前に少々苛ついただけだ」


 言いながら違和感を覚える。

 なぜ今そんな話をする?

 疑問はすぐに解けた。


「――屍転がる戦場、鉄風に揺れる一輪の花、純潔の白」


 真後ろから誰かに抱き着かれた。見覚えのあるローブ、囁かれる忘れるはずもない声。


「メリッサ!!」


 肘打ちの力が消された。絶対防御。しかしメリッサは遥か下方に落下したはず。

 転移魔法。解はすぐに導き出された。


「――折れず、焼かれず、枯れる事なき不死身の花、呪われた花」

「離れろ、放せ、放せッ!!」


 少女の細腕一つ解けない。詠唱の意味は分からないが、何を発動させようとしているかははっきりと分かる。


「――血を啜り、独り生き続ける孤独。今、楽にしてあげる。打ち消す! 『防御魔法の解除』っ!」


 詠唱の完了、そして――天蓋竜の剣が、折れた。接した状態からでも砕き折ったアレンの剣が首に当てられた。


「お前の負けだ、天蓋竜」

「……なぜだ?」


 綿密な作戦とは言えない。しかし、どこでどう手を打てば崩せたかも分からない。

 少し考えれば分かるような、作戦とも呼べない打ち合わせ程度で敗北した現実が、どうしても受け入れられない。

 そんな天蓋竜にアレンは解を突き付ける。


「お前らはいつも個で戦う。最強の個を求めるからいつだって一人だ。だから人間に勝てねえんだよ」


 強さを求め、より強く。何者よりも強く。

 最強の個を目指す種族、竜が故の弱点。


「なるほど」


 絶対防御がある限り、アレンだけになら絶対に勝てた。

 手帳がなければ同時に魔法を発動できない。メリッサだけにでも絶対に勝てた。

 メリッサにまとわり付いているだけのココなど論外だ。

 故に敗北はないと考えたのは、竜が故の思考。

 天蓋竜は嗤う。


「タクミやメリッサは個の強さが尋常ではなかった。故に群れとして見えていなかったか」


 折れた剣を落とし、天蓋竜は両手を挙げた。


「群れの強さ、よく理解した。俺はまだ強くなれるようだな!」


 高く高く、天蓋竜は笑い――

 勝負は、ここに決した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます