こころ

「おぬしはバカじゃ! 大バカなのじゃ!!」

「だから何でだよ! それが分かんねえっつってんだろうが!」


 ココを小脇に担ぎ、二人は騒々しく城内を駆け回っていた。無論、ショコラを探すためだ。


「何で分からんのか私には分からん! 実は自分が自分の知らない誰かでしたと言われて、おぬしは何とも思わんのか!?」

「…………分かんねえな。俺は俺だし、記憶が消える訳じゃねえし、その時になってみねえと」

「雑!! 雑アレン極まっておる!!」


 しかし、これもまた仕方のない事だ。

 アレンは復讐に生きている。それだけでなかったとしても、言わばゴールがある。その過程で自分が自分でなくなろうとも、自らの手で復讐できればすべてよしという考えが根底にある。つまるところ、アレンは自分に興味がない。


「そんな事より、もう城ん中にいねえんじゃねえか? お前ショコラの行きそうなところに心当たりねえか」

「聖堂ではないかの? それ以外思い付かん」

「確かにそうだ! むしろ城に残ってる方が不自然だ!」


 今更に気付き、アレンは城を飛び出した。



 王城から下り、泉の広場へ。そこから西へ向かえば大聖堂がある。

 そろそろ大聖堂、というところでココがじたばた暴れ始めた。


「待て、待つのじゃアレン! 私はこれ以上行けんのじゃ!」

「うん? ああ、結界か。じゃあここに置いていくぞ」

「仕方ないが、ちゃんと謝るのじゃぞ! 理由が分からんでもとにかく謝るのじゃ! 今回は全面的にアレンが悪い!」

「分かった、分かったって!」


 聖なる結界が張られた大聖堂にココは近寄れない。

 ココを降ろしたアレンは帽子を深く被らせ、大聖堂へと駆ける。



 静謐なる大聖堂の中、宣教台の前、ショコラは跪き祈りを捧げていた。

 その背から近付いてはならない無音の言葉を感じた。聖堂にはあまり来ないと言っていた。それでも静かに、熱心に祈りを捧げる姿はまさしく聖女だった。

 初めてここに来た時と同じように、アレンは並ぶ長椅子の一番後ろに腰掛けた。今は声を掛けるべきではないと感じた。祈りがどれだけ長いものになろうとも、遮る事は許されなかった。

 信心のないアレンは祈らない。しかし今だけは創造主に願っていた。どうかショコラの心を鎮めてやってくれと願っていた。



 どれほどの時が経っただろうか。ショコラはまだ祈りを捧げていた。アレンは黙し、分からないなりにショコラに思いを巡らせていた。

 様子がおかしい時もあるが、ショコラはいつも微笑んでいた。半ば強引に連れ去ったのに、快く同行してくれた。怒る事など滅多になかった。ましてや自分の事で怒った事など一度たりともなかった。

 そんな優しいショコラが激怒し、悲しんでいるという事。

 その原因が自分にあるという事。

 とにかく謝らなければいけない、と考える自分に、アレンは違和感を覚えた。

 いつから自分はこんな人間になったのだろう。

 復讐を果たせればそれでよかった。そのためだけを考えれば、こうして待ち続ける理由などない。

 しかし今、自分は確かに、何時間、何日掛かろうともショコラに謝罪し、また一緒にいてほしいと考えている。

 優しさは毒だったはずだ。

 幾度となく復讐に生きるのはよくないとタクミから諭され、その度に反発してきた。生ぬるい優しさなど己の軸を蝕む毒でしかなく、復讐を果たす事なくのうのうと生きるぐらいなら、死んだ方がマシだと考えていた。

 それが今はどうだ。ショコラの優しい微笑みを懐かしみ、求めている。それが正しい事かどうかは分からないが、自分が変わってきているのだけは分かる。

 思えば再会した人々は口を揃え、自分は変わったと言っていた。


「あの、アレン、さん?」


 知らずに深く思い耽けていた。顔を上げればショコラがいた。微笑んではいなかった。不安そうな顔をしていた。


「……ショコラ」


 名を呼び――しかし次の言葉は出てこなかった。

 沈黙に耐えかねたようにショコラは尋ねる。


「ずっと、待っててくれたんですか?」

「……ああ」


 謝罪の言葉が出てこないのは、言葉に実を伴えないからか。

 聖堂内は薄暗い。ショコラの表情は読めない。


「私も、きっと、ずっと待ってたんだと思います」


 アレンにはショコラの言葉の真意を図り兼ねた。意図せず訝しむように眉をひそめたアレンに、ショコラは口元だけに儚い笑みを浮かべた。


「ずっと待ってたのに声も掛けてくれないなんて、アレンさんはずるいです」


 やはり分からない。ショコラが何を言いたいのか、自分はどう返せばいいのか。

 悩むアレンに構わず、ショコラは言葉を口にしていく。

 想いを、打ち明けていく。


「私、アレンさんの事が嫌いになりました」


 儚げな笑みを浮かべたまま、沈んだ様子はなく、むしろ明るい調子で、歌うようにショコラは続ける。


「私、アレンさんの事好きだったんです。さっき気付きました。私、アレンさんの事、好きだったんですよ」


 小さな発見を無邪気に喜ぶ子供のようにショコラは笑った。

 一言一句噛み締めるようにそう言って笑ったショコラに、いよいよアレンは分からなくなった。なぜ今? なぜショコラはそんな事を打ち明けた?

 戸惑うアレンから目を離し、ショコラは恥ずかしそうに笑う。


「嫌いになって初めて気付いたんです。おかしいですよね。笑っちゃいますよね。いつの間にか好きになってて、勝手に嫌いになって、好きだったって、気付くなんて」


 声から明るさが消え、笑みが消え、心底残念そうにショコラは呟く。


「……本当に、好きだったのになぁ」


 アレンの心が鋭く深く抉られた。溢れ出る血が心拍を高める。視界が薄暗い、ショコラを見失いそうになる。


「なので、アレンさんには責任を取ってもらいます」


 急に弾んだ声にショコラを見つけた。ショコラは微笑んでいた。いつもと同じ微笑みながら、アレンはそこに懐かしき憧憬を見た。ずっと昔、まだアレンが故郷で無邪気に笑っていた頃、同じ微笑みを見ていた。


 泣いちゃだめよ、アレン。

 何があっても、絶対に泣いちゃだめ。


「あの……アレンさん? 聞いてますか?」


 目の前にショコラがいた。ずっと目の前にいた。アレンの意識が離れていた。

 気付けば心の傷は消えていた。


「……ああ。聞いてる。大丈夫だ」

「大丈夫、ですか」

「ああ。……責任が、どうとか」


 ショコラは再び優しく微笑み、アレンに告げる。


「そうです。私にもう一度、アレンさんを好きにならせてください」


 アレンは聞き違えたかと思った。意味が分からなかった。


「…………もう一度、俺を?」

「そうです。アレンさんを」

「好きに、ならせる?」

「そうです。好きだった頃と同じ、ううん、もっと好きにならせてください。今、ここで約束してください。でないと、もう一緒にいられません」

「……それは、困る」

「じゃあ約束してください」

「……分かった。約束する」

「はい。約束されました」


 明るくそう言って、ショコラは背を向けた。高い位置で結ばれたポニーテールが細かく震えていた。


「要するに、俺はどうすればいいんだ?」

「そんな事私に聞かないでください。自分で考えてください」

「……おう」


 何もかも、本当に何もかもさっぱり分からないままだ。なぜこんな話になったのかも分からなければ、女心も分からない。


「私もすぐ行きますから、アレンさんは先に戻っててください。私は手帳を取り返さなきゃですし、魔王城の蔵書にもすごく興味があるんです。だから、置いていかないでくださいね?」

「だったら一緒に――」

「先に行っててくださいって言ってるんですっ!」

「……すまねえ」


 アレンは立ち上がった。長い髪が、小さな肩が震えていた。

 よく分からないが、戻ってきてはくれるらしい。


「ありがとう、ショコラ」


 そう言い残し、アレンは大聖堂から出ていった。

 扉が閉まる音を聞き、ショコラはようやく涙を拭いた。


「……バカだなぁ、私って。本当にバカだなぁ」


 嬉しそうに、悲しそうに流す涙は止めどなく、ショコラはその場にうずくまった。



 


 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます