それぞれの生き方

 アレン達とタクミは眠くなるまで語り明かし、ふざけ合った。眠くなった順に二階へ上がり、ベッドに潜り込み、そして夜が明けた。


「……うむ」


 もそりと身体を動かし、ココは身を起こした。窓からの日差しが眩しい。隣にはショコラが眠っている。朝鳥の声は聞こえない。もうそんな時間ではないらしい。


「ショコラ、起きるのじゃ、ショコラ」

「……うふふ、そんなに揉んだらだめですよぉ……」

「何をじゃ。何を揉むのじゃ」

「……おっぱい……うふふ……」

「ほう」


 と、馬乗りになったココがおっぱいを一揉みした途端、ショコラはパチッと目を見開いた。


「キャーッ! 何するんですかアレンさんっ!?」

「うがっ!?」


 払い落されたココはベッドから転げ落ち、盛大に身体を打ち付けた。


「痛った、痛った!! 何じゃ、何をするのじゃ!?」

「……あれ? ココちゃんどうしたんですか?」

「おぬしが落としたんじゃが!? 痛った膝打った痛った!!」


 なぜか立ち上がりココは片足立ちでぴょんぴょんし始めた。その様子を不思議そうに見遣り、ベッドから下りてショコラは言う。


「もう外も明るいですね。一度アクアリステの竜さんのところへ行ってみましょうか」

「それか!? 今言うべき事はそれかの!?」


 首を傾げ、うーんと身体を伸ばし、ショコラは元気よく笑った。


「ココちゃん、おはようございますっ!」

「おはようございま――――すっ!!」



 二人が工房へ下りると、アレンとタクミが朝食を食べていた。野菜がたっぷり入ったスープだ。


「おう。どうしたココ、機嫌悪そうだな」

「ショコラのおっぱい揉んだらベッドから落とされたのじゃ。膝痛い」

「ええぇっ!? ごめんなさい……って何で揉んだですかぁっ!?」

「ははは。朝から元気そうで何よりだね。二人も食べるかい?」

「膝痛い。でも食べるのじゃ」

「……私もいただきます」



 朝食を終え、三人は水晶の洞窟最深部へと転移した。それに気付いたサーシャが駆け寄ってくる。やはりシグマは岩に腰掛けたまま微動だにしない。


「遅いにゃ! とっくに復活してたにゃ!」

「マジか。あれだけ食らっといてタフなやつだな」

「……まだ戦える状態ではありません。かたちだけです」


 上からの声にアレン達は揃って見上げた。

 美しい鱗をひらめかせ、青い髪の人魚が宙を泳いでいた。清濁竜だ。


「うおっ!? おぬしがここの竜か!? 随分と美しい姿じゃの、びっくりじゃ!」

「私もびっくりです。まさかこうも簡単にやられてしまうとは。魔法使い、あなたの名は?」

「ショコラです。……大丈夫ですか? 痛くなかったですか?」

「敗北した事にも気付きませんでした。ショコラですね。この胸にしかと刻んでおきましょう。それでは竜の力を、あなたに」

「…………いえ、力はココちゃんに与えてあげてくれませんか?」


 浮遊し、滝壺の上に移動した清濁竜に向け、ショコラは清々しくそう言った。


「うん? いいのかショコラ。あんなに竜の力を欲しがってたじゃねえか」

「そうじゃぞ? ぶっちゃけ私が貰っても大した事はできんのじゃ……」

「いいんです。私はきっと、もう十分に強いんです。なのでこれ以上の力はいりません」

「そうですか。力を求めないと……。私には理解できませんが」


 そう言い、清濁竜は滝壺の水を両手ですくう。


「しかし、強き者に従うのが竜。ショコラ、あなたがそう望むのならば従いましょう」

「……本当によいのかの?」

「はい。構いません」


 ショコラは笑い、ココは清濁竜のすくった水をじっと見つめた。


「ならば遠慮なくもらうのじゃ。幸い、今回は酒でもないしの」


 そう言って清濁竜が差し出す水を一気に飲み、ココはブブーッと吐き出した。


「まっず、え、まっず!! 酒ではないか!? 何これ魔法!?」

「その通りです。魔法でお酒にしました」

「余計なお世話極まりないの! 水じゃいかんのかの!?」

「盃を交わす必要がありますから」


 清濁竜は手に残った酒を舐め、滝壺の中へゆっくりと沈んでいく。


「それでは強き者達、あのクソムカつく竜をブチのめしてきてください」

「急に口が悪くなったの! おぬし掴みどころがないの!」

「水の竜ですから。それではまたいつか」


 最後にぽちゃんと音がして、清濁竜は消えた。


「アレンよ、次の竜はクソムカつくのかの」

「ガキがそんな言葉使うんじゃねえよ。確かにムカつくやつだけどな」

「次の竜さんはどこにいらっしゃるんですか?」

「ゼルテニア王城。クソムカつくが、そいつが最強の竜だ。そいつを倒せば魔王城へ行ける! 気合入れていくぞ!」

「うむ、ついにじゃな!」

「私達ならきっと勝てますっ!」

「……アレン、その事なんだけどにゃ?」

「うん? どうしたサーニャ」


 サーニャはシグマをじっと見つめて――申し訳なさそうに言う。


「私、ゼストと一緒にここに残るにゃ。ゼファルに怒りたいけど……ゼストを一人にしておけないにゃ。だめかにゃ?」

「……ああ、俺は構わねえよ。ココはどうなんだ」

「うむ。寂しいが、サーニャがそう望むなら仕方ないのじゃ」

「おチビちゃん、アレン、ありがとうにゃ」

「だがサーニャよ、魔族と人類が和解する時には手伝ってほしいのじゃ。ゼスト、おぬしもじゃ。魔族が争いをやめたいと言っても、すぐに受け入れてもらえるとは思っておらんからの」

「もちろんにゃ! アレン、その時まで勝負はお預けだにゃ」

「おう。それまでにはちょっとでも強くなってろよ」



 こうしてアレン達はサーニャと別れ、ゼニア王国へと転移していった。

 静かな滝壺近くの岩、ゼストの隣に腰掛けサーニャは言う。


「ゼスト、よく頑張ったにゃ。おチビちゃんがまた戻ってきてくれるまで、もう少しの辛抱にゃ」

「……なぜだ? なぜ魔王様に仕える身でありながら、おそばを離れるのだ」

「アレンもショコラも私よりずっと強いにゃ。おチビは安全だにゃ。でもゼストは大丈夫そうじゃないにゃ」

「俺の事など放っておけば――」


 ゼストの言葉を、サーニャは唇で塞いだ。


「……ゼストが生きててくれて本当に嬉しかったにゃ。これからもずっと一緒。にゃ?」


 ゼストは応えなかったが、肩を震わせ、大粒の涙を落とした。

 そして、アレン達は最後の竜へと挑む。魔王城に戻るのももうすぐだ。

 アレン達の旅はもうすぐ終わる。

 その先にあるのは人類と魔族の共存か――それとも。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます