秘密の女子会

 家の中ではアレンが横になり、ぐうぐうといびきをかいて眠っていた。そんなアレンを見てココはため息をついた。


「だらしのない男じゃの。私らが心配と言っておいて寝ておるではないか」

「酒好きだけど弱いタイプなんすよ。前に来た時もそうだったっすから」

「そういえばヨモギ、いい機会じゃ。おぬしに言いたい事があったんじゃがの」

「何すか」


 ココは座布団に座り、にやにやと笑う。


「おぬし、アレンに惚れておるじゃろ?」

「まったくそんな事ないっすけど、なんでそう思ったか是非聞きたいっすね」

「聞きたい! 私も聞きたいです!」


 ヨモギより食いついたショコラはずいと身を寄せた。思った以上の反応に気をよくしたのか、ココはにひひと笑った。


「そうじゃろそうじゃろ、聞きたいじゃろ? ヨモギも恥ずかしがらんでよいぞ? 私はそういうのすぐ分かるのじゃ」

「いいっすね。続けてください。自信満々に語って盛大に間違える、いいと思うっすよ」

「恥ずかしがり屋さんじゃの。理由ならちゃんとあるのじゃ。ほら、おぬしアレンにだけ様付けで呼んでおるじゃろ? あと私らと扱いが違う気がするのじゃ」

「理由って言ったのに気がするってすごいっすね」

「あっ、でもヨモギさん、男友達もアリかなって言ってましたよね!? もしかして本当に好きなんですか!?」

「よく覚えてたっすね。そこだけ切り取ったらそう取られても仕方ないっすね」


 ココとショコラが二人して迫り、ヨモギは茶碗をとんと置いた。


「アレン様の事は尊敬してるっすが、そういう対象じゃないっす。単に強さと信念を持ち合わせてるからっすよ」

「ダウト! それならショコラも様付けになってるはずなのじゃ! 何せ竜を倒したのはショコラじゃからの!」

「じゃあショコラ様。これでいいっすか」

「…………む?」

「いえ、気恥ずかしいのでやめてください……」


 そもそも富嶽竜戦後、ヨモギはショコラの事を一度も名指しで呼んでいない。


「で、でもっ! 男友達でもアリかなっていうのはっ!」

「私、好きな人がいるんすよ。ずっと昔から」

「えぇっ? それじゃあ――」

「片思いなんすよ。だから、男友達って聞いて、それもアリかって思っただけっす。今はアリ寄りのナシって感じっすけど」

「何じゃ、つまらん」


 推理が外れ一気に興味を失ったのか、ココはあっさり身を引いた。ショコラは目からその真偽を確かめようとしたが、ヨモギの厚い眼鏡越しでは分かりそうにない。


「なかなかいい酒のアテになったっすよ。また次回挑戦してくださいっす」

「……ヨモギさん、私もお酒、頂いてもいいですか?」

「いいっすよ。ショコラ様」

「うぅっ、それはやめてください……」

「何じゃ、まずいと言っておったのにおぬしも飲むのか。酔っぱらいの言う事は訳が分からんからいやなのじゃ」

「うふふ。ごめんなさい」


 謝りながら、しかしショコラは茶碗になみなみと酒をついだ。


「私は酔ってないっすけど、何か話でもするっすか」

「ヨモギは地味でつまらんからいやじゃ」

「そうっすか。私の手元に武器がなくてよかったっすね」


 話す相手がいなければ何もする事がない山奥だ。ココはアレンの隣で横になり、やがて目を閉じ、すやすやと寝息を立て始めた。


「あら、横になったと思ったらすぐ寝ちゃいましたね」

「健康的で何よりっす」


 それから二人は、何を話すでもなく黙々と飲み続けた。ヨモギはぐいぐいと、ショコラはちびちびと。

 外はすっかり夜の帳が落ちていた。郷は闇に呑まれたかのように暗く、しかし家の中は明るい。

 顔を赤らめ、艶めかしく足を崩したショコラは不意に尋ねる。


「片思いって、郷の方ですか?」

「違うっすよ。ここのみんなは家族みたいなもんす」

「そうなんですか。私と似てるかもです。ゼニアの教会のみんなは、本当によくしてくれてて」

「それはいい事っす」


 途切れ途切れ、会話は長く続かない。お互い無理に取り繕おうとせず、自然にそうしている。沈黙は必ずしも気まずいものとは限らない。口に出すのは話したいだけの事だ。


「ショコラさんは伝説の勇者様の話、知ってるっすか」

「大雑把になら。伝説の魔王と相打ちになり、生き残った仲間達がその勇敢と偉業を伝えた。だけど仲間達のその後を知る者はおらず――」


 ココの寝顔をしばらく見つめてから、ショコラは伝説の続きを語る。


「魔王に娘がいるのを知りながら、いずれ解かれるであろう封印に留めた理由は誰も知らない」


 長い歳月を経て細かなところが違うものもあるが、伝説は書物にまとめられ、その大筋は変わらない。世界中でも知らない人など稀だろう。伝説の魔王はそれだけの脅威だった。


「きっと伝説の勇者様も、幼いココちゃんを殺める事はできなかったんでしょうね」


 そう結び、ショコラはそっとココの髪を撫でた。

 ヨモギは酒を口に含み、ゆっくりと味わってから茶碗を置いた。


「これは郷に伝わる話なんすが」


 そう前置き、ヨモギは空になった茶碗を見つめながら語り始めた。


「勇者様の仲間には二人の女性がいたらしいっす。二人とも勇者様の事を愛していて、一人は勇者様の死を悲しみ、自らすべての記憶を消した。きっとその人は優秀な魔法使いだったんっすね」

「その話、初めて聞きました。それだけ深く勇者様を愛してらっしゃったんでしょうね」


 相槌を打つ事もなく、ヨモギは語り続ける。


「だけど、勇者様は本当は死んでなんかいなかったんすよ。自分のせいですべての記憶を失った仲間を悲しんだそうっす。勇者様もきっと、その人を愛してたんじゃないすかね」

「……何だか悲しい話ですね」

「まあ、あくまで異聞の伝説っす。本当のところは、誰も知らない」


 茶碗に酒をつぎ、ヨモギは尋ねる。


「ショコラさんはアレンさんの事、好きなんすか」

「……分かりません」


 いびきをかいて眠るアレンの隣にはココが眠っている。そこで眠るのが当たり前のように。


「今までずっと魔法の事ばかり考えてきたので、人を好きになるのがどういう気持ちか分からなくて。それに、アレンさんはココちゃんの事が好きみたいですし」

「完全にロリコンっすね」

「うふふ。そうですよね」


 ショコラは笑い、二人はそれからも酒を飲み続けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます