束の間の休息

「海じゃ――――ッ!」


 せっかくですし海で遊んでいきましょう。

 そうショコラに言われ、アレンは断る事ができなかった。遊んでいる暇などないのだが、生殺与奪を握られているのだから仕方がない。

 水着に着替えたココが楽しそうに遊ぶのを遠目に、ショコラは優しく微笑む。


「アレンさんって、不器用ですよね。危険だから連れていきたくないのに、伝え方が下手っていうか」

「……うるせえ。ガキが分かったような事言うな」

「そういうところですよ? そういうところ」


 なお、アレンは首まで砂浜に埋められている。しかも横ではない。縦だ。隣のショコラも水着に着替えているのだが、その巨乳を拝む事すらできないでいる。青空の下、広い海、ココは潜っては勢いよく飛び跳ねるのを繰り返し、ただそれだけでとても楽しそうだ。


「ココはゼファルの事を肉親のように慕ってる。本当のところはまだ分からねえが、もしあいつが俺から故郷を奪ったんなら絶対に殺す。たとえココの目の前であってもだ。事後報告の方がまだマシってもんだろ」

「いずれにせよ自分もまた恨まれる、ですか」

「…………そうだよ」


 舌打ち、そう吐き捨てたアレンの頭を見遣り、ショコラは再び海と遊ぶココを見つめた。

 沈黙に潮騒、ココの楽しそうな笑い声。

 ショコラは唐突に打ち明けた。


「私、実は肉親がいなくて。どこで生まれたのかも分からなくて、教会の孤児院で育てられたんです。だからアレンさんの気持ちの深いところは、きっと分かってないです。ごめんなさい」

「……俺に謝るような事じゃねえだろ」

「でも何不自由なく育てられましたから。正直、だったら復讐なんてやめればいいのにって、思っちゃいましたから」


 復讐が復讐を呼び、繰り返される争いと流血。

 あるいは人類と魔族の争いもそうして始まったのかもしれない。

 アレンだってそんな事は分かっている。胸が焼け付くほど、分かってはいるが。


「今更止められねえんだよ。俺は、俺が生き残ったのはそのためだと思ってる。でなきゃ死んだやつらが報われねえ」


 瞼を閉じれば今も鮮烈に浮かび上がる地獄絵図。

 復讐を終えたところで消える事などないと分かっていても、アレンは他に生き方を知らない。


「やめようぜ、こんな話は。お前もココと遊んでやれよ」

「そうですね。あくまで仮定の話ですし。アレンさんも一緒に遊びません?」

「バカな事言うな。何が楽しくて俺がガキの相手をしなきゃならねえんだ」

「そうですか。じゃあしばらくそのまま埋まっててくださいね」

「ごめんなさい嘘です! 遊ばせて頂きますからお願い出して!」



 こうして、ようやく穴埋めの刑から脱したアレンだったが。


「アレンは冷たいから嫌いなのじゃ! 一緒に遊んでやらんのじゃ!」

「不条理極まりねえな……」


 ベーッと舌を出され拒絶されてしまった。


「うふふ。ココちゃん許してあげて? アレンさんもちゃんとごめんなさいしてくれたじゃないですか」

「嫌じゃ。アレンなんてもう知らんのじゃ。ショコラと二人で遊ぶのじゃ」

「分かった分かった。二人で遊んでてくれ。俺はしばらく休む」

「ごめんなさい、アレンさん」


 謝るショコラに背を向け手を振り、アレンは砂浜で横になった。

 休むにしては暑い。もう少し歩けば小屋の陰で休めるが、あえてアレンは砂浜に留まった。

 ショコラは大胆な黒いビキニを着ている。さすがに水着を出すだけのようなくだらないページなどないから、ココが魔法で出したものだ。

 二人は水かけっこで遊び、動く度にショコラの豊満な胸が揺れる。

 方や白いセパレート水着を着たココの身体に揺れる部分など存在しない。


「……白い水着が出せるぐらいには成長したのか」


 楽しそうに遊ぶ二人を眺め、アレンはどうでもよさげに呟いた。



「きゃっ、冷たいっ!」

「あははっ! えいえいっ!」


 海の浅いところで水かけっこをして遊ぶココとショコラ。何でもない事がとにかく楽しい。陽が沈む事なくずっと青いままならずっと遊んでいられそうだ。

 しかし、ココはふと疑問に思った。

 自らの身体に目を遣り、ショコラの身体と比べる。

 違う。

 圧倒的に違う。


「ショコラよ、ちょっと聞きたいんじゃがの?」

「はい、何ですか?」

「そのおっぱいも魔法で大きくしたのかの?」

「ほへっ!? そんな訳ないじゃないですかっ!」


 顔を赤らめ、ショコラは身体を手で隠した。

 ココは興味深げにざぶざぶと近付いていく。


「大きくてもいい事なんてないですよ? 肩はこりますし、走りにくいですし。丈の合うローブだとぱつんぱつんになっちゃいますし」

「触ってみたいのじゃ」

「だ、だめですっ! ほら、アレンさんも見てますしっ!」

「ならば尚更じゃ。あれはおっぱいが好きじゃからの、あいつの前で触って羨ましがらせてやるのじゃ」


 そう言ってココは指をワキワキさせてショコラへ近付いていく。ちょっと触るだけの仕草ではない。完全に揉みしだくつもりだ。


「ちょ、ちょっと待ってください。ね? そういうのはいけないと思います」

「なぜじゃ? 私も女じゃぞ。別によいではないか」


 ココの純粋さにショコラは思わず目を逸らした。どう返せばいいのか、ここは慎重に言葉を選ばなければならない。


「ですからその、アレンさんが見てますから、ね?」

「だからこそ今揉みたいのじゃが? む。私だけが触るから不公平なのかの。別に私のおっぱいも触ってよい。これでおあいこじゃ」

「ますますいけない方向に!?」

「何がいかんのじゃ?」

「いえ、ですから、その……はわわっ!?」


 たじろぐショコラに、ココはいきなり抱きついた。


「ふふふ、捕まえたのじゃ!」

「ちょ、ココちゃんくすぐった……ふふっ!」

「ショコラの身体はやわらかいの。おっぱいはもっとやわらかいのかの?」

「ん……っ! そんなとこ触っちゃ……ふふっ! だめですからぁ……」

「あははっ! ショコラはおもしろいの! 触ったら変な声出すのじゃ!」

「ち、違……っ! これは、そんなんじゃ……んんっ!」


 ショコラのいろんなトコロを触るココはあくまで無邪気で、どこまでも楽しそうだ。精一杯抵抗しているつもりのショコラだが、手帳を持たない彼女は普通よりどんくさい少女だ。


「おっぱいはもっとやわらかいはずなのじゃ! どれどれ?」

「もうっ! やめてくださいよぅ……ひゃわわっ!?」

「…………ッ!」


 ココは絶句した。

 ショコラの両の膨らみは想像を超えていた。

 埋まる。ハリがあるのに、どこまでも手が埋まっていく。

 ココは反射的にずざざっと距離を取った。


「お、恐ろしいものの片鱗に触れたのじゃ……」

「恐ろしい!? 何がですか普通です普通!」

「手が飲み込まれるところだったのじゃ」

「飲み込みませんっ! 本当に怒りますよっ!?」


 顔を真っ赤にしたショコラからココは逃げていく。より正確には未知なるおっぱいから逃げていく。


「アレーンッ! ショコラのおっぱいは化け物じゃーっ!」

「誤解を招くような言い方はやめてくださーいっ!」


 おっぱいおっぱいと連呼しながらココは逃げ、ショコラはそのあとを追う。

 牧歌的な光景を遠目に眺めながら、アレンはぽつりと呟く。


「早く帰りてえな……」


 島から戻ればまた旅が始まる。

 まずは竜族と縁のある人物に会わなければならない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます