04 だんだん謎が解けてくる

 リヒトが部屋に足を踏み入れると、老人は開き直って叫んだ。


「わしは何にも悪くない! 効果を確かめずに薬を買う方が悪いのだ!」

「うん。確かにその通りだね」


 リヒトはにっこり笑って頷いた。後ろで床にお座りした羊が毛繕いを始める。緊迫感のない平和な光景である。

 老人は安心したようだ。


「そ、そうじゃ。小僧は物わかりが良いではないか」

「お爺さんは何も悪くないよ。薬の効果が分かっていないコンアーラ帝国の人達が魔物になって、沢山の人達が犠牲になっても、そりゃ僕にもお爺さんにも関係ないもの」

「う……なぜだかチクチク心に刺さる……!」

「……リヒト、先ほどから言っている薬とは?」


 事情を知らない(忘れている)ソラリアが、問いかけてくる。

 リヒトは答えて説明した。


「コンアーラ帝国の人達は騙されて、薬を飲んで魔物になってしまったんだ。その魔物たちが操られて、教会本部のジラフを襲撃していたみたい」

「なるほど。ジラフから派遣された勇者の私は、魔物の国と化したコンアーラ帝国を滅ぼすように命じられています」

「そうなんだ。じゃあお爺さんの薬で、国ひとつが滅んでしまうんだね! でも騙された帝国の人達の自業自得だから、放っておいても良いよね!」

「そうですね」


 ソラリアとリヒトは、楽しそうに笑いあった。

 話を聞いていた老人は脂汗を流して絶句する。


「な、なんじゃと。それは本当か。わしの作った薬が……」


 急に震えだした老人に向かってリヒトは歩みを進める。

 片手に持った魔王の剣を、鞘からゆっくり抜く。

 蒼い鉱石の刃が明かりを反射してキラリと光った。


「お爺さんは何も悪くないよ……でも、災いの元はここで絶っておくべきだよね」

「ま、待ってくれ!」

「どうして? これはお爺さんの自業自得でしょう。お爺さんは自分の薬がどんな影響を及ぼすか確かめずに、魔王信者に渡したんだから」

「!」


 最初に聞いた「効果を確かめずに薬を買う方が悪い」という言葉を混ぜ返すと、老人は目を見開いて蒼白になった。

 その眼前に剣の切っ先を突きつける。


「そう……自業自得と他人を突き放したら、今度は自分が助けてもらえなくなる。世の中って、そういうものだよね。自分の行動の結果、苦しむ誰かを想像できないなら……それは自業自得なんだ」


 静かな船室の中に、リヒトの言葉は冷たく響いた。

 老人は腰を抜かして床にへたりこむ。


「……わ、わしが悪かった。頼む、命だけは助けてくれ……! 何でもする」

「じゃあ、魔物から人間に戻す薬を作って下さい。もしくは、魔物を人間に戻す方法を教えて下さい」


 額を床にこすりつける勢いで謝り出した老人を見て、リヒトは剣を鞘に収めた。本気で老人を切るつもりは無かったのだ。

 本心から反省したかは定かではないが、老人の態度は殊勝になった。


「分かった、が、ひとつだけ訂正させてくれ。わしが作ったのは人間を魔物に変える薬ではなく、人間に潜む天魔の力を増幅する薬じゃ」


 老人はよろめきながら立ち上がって言う。

 リヒトとソラリアは疑問に思った。


「天魔の力を増幅する薬? それが何故、人を魔物に変えるのです」

「それを説明するには天魔について語らねばならん」


 ソラリアの問いかけに、老人は仔細を語り出した。


「よく知られている伝説では、最後の魔王を倒した聖女シエルウィータが天魔を封印し、人間が地上の支配権を握ったことになっておる……しかし、おそらく実際は違う」

「違う?」


 この世界の誰もが知るおとぎ話。

 魔王と勇者の戦い。

 そして最終的に人ならざる天魔は世界の裏側に封印されたのだと。

 そう、リヒトも聞いていたのだが。


「わしは文献を紐解き、密かにジラフの神官に話を聞いて、天魔の正体を推察した。天魔とは、人間と獣の両方の姿を持つもの。この絵を見てみい、下におる人間や竜が天魔じゃ」


 老人は壁に掛かった絵を指差した。

 黄ばんだ紙には暗い色使いでいくつかの絵が描かれている。それは複数の人間と、翼の生えた動物、竜などが並んで武器を上に向かって掲げている様子だった。

 人々の上には雲が描かれ、雲には魚のような、よく分からない生き物がのたうっている。


「では、これは何じゃ。古い壁画に必ず登場する、謎の魚。これらは絵の中で必ず天魔と戦っておる。そう、天魔は人間と戦っておったのではなく、この魚と戦っておったのじゃ。天魔が滅びた理由は人間に倒されたのではなく、魚と相討ちとなったからかもしれぬ。そう考えると、封印された対象は、天魔ではなく魚だと考えるのが自然であろう」


 老人の解説に熱が入る。

 リヒトやソラリアも、いつの間にか熱弁に聞き入っていた。


「人間は天魔を封印したのではない! 異形の魚を封印するため、人間と天魔は共に戦ったのじゃ! わしらは人間と天魔との間に生まれた子孫なのじゃよ!」


 だから、人間の間に天魔の能力者が生まれるのだ。今に生き残る全ての人間は、天魔の子供でもある。

 故に天魔の欠片は人を人でない魔物に変える。

 天魔とは、人と獣の両方の姿を持つ者だからだ。



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます