05 恋人は羊さんだけ?

「羊が見つかったら、バブーンに寄ってくれよ! タコ料理をご馳走するぜ!」


 海際の街でスサノオはリヒト達に別れを告げた。

 竜の姿をした魔物、フェイの背から飛び降りた彼に、リヒトは手を振って叫び返す。


「ここまでありがとう、スサノオさん!」

「こっちこそ世話になったな。これから先、苦難が待ち受けるだろうが、お前らなら大丈夫だ。俺の天魔がそう言ってる」


 スサノオはリヒト達の旅路を祝福するようにそう言うと、背を向けて浜辺を歩き出した。

 去っていく彼を見送った後、リヒトはフェイの首筋を軽く叩いて合図する。フェイはゆっくり翼を広げると、再び空へ舞い上がった。

 四枚も翼があるだけあってフェイの飛行速度は中々のものだった。

 眼下には二つの大陸を隔てる海峡がある。セルリアンブルーの海面は、流れるように通り過ぎていった。この速さだと、すぐにコンアーラ帝国に着きそうだ。


「ねえ、リヒト。私のこと好き?」


 リヒトの肩に乗り上がるようにして、アニスが覗きこんでくる。彼女の伸びかけた紅茶色の髪が、頬をくすぐった。


「急にどうしたの?」

「私はね、リヒトのことが好き! 恋人になって!」


 唐突な告白を受けたにも関わらず、リヒトは冷静だった。


「僕の恋人は羊さんだけだよ。人間の女の子には興味ないから」

「嘘つき! 浜辺でモモさんの胸の谷間見てたの、アニス知ってるよ!」

「む、目敏いな……でも、女の子の胸やお尻を鑑賞することと、恋人を作ることは、また別の問題だと思うんだ」


 執拗に引っ付いてくるアニスを、リヒトはやんわりと引き剥がそうとした。二人は地味な攻防戦を繰り広げる。


「アニスだって、背が高くて格好いい男性を見ると目を輝かせてるじゃないか」

「あれは趣味だもん!」

「僕だって趣味だよ。それはそれとして、恋人は羊さんだけだから」

「……ヒツジはタベモノだよ。コイビトにナラナイよ……」


 背中の会話を聞いていたのか、フェイが遠慮がちに呟いているが、肝心の二人は竜の声に気付いていない。


「羊のどこがそんなに良いのよ!」

「あえて言うなら、毛?」


 アニスは「毛?」と呆けたように聞き返した。


「あのフワフワで滑らかでずっしりした羊毛。癖になるよね。刈っても次から次へ生えてくるし」

「アニスの髪の毛は駄目なの!?」

「ボリューム不足というか何というか」


 羊ラブを譲らないリヒトに、とうとうアニスは涙目になった。


「酷いよリヒト……嘘でも良いから、ずっと一緒にいるって、私を一人にしないって、そう言ってよぉ」


 嗚咽混じりに訴えられて、さすがのリヒトも良心が痛む。

 天魔が暴走した事件でアニスの絆の糸を切ったのは、リヒトだ。そのせいで彼女は記憶が曖昧になっている。そして生まれ育った村を放逐され、教会に入ったと思ったらソラリアと共に旅に出て、ジラフでは牢獄に閉じ込められ。

 はっきり言って踏んだり蹴ったりだ。

 不安定な境遇に置かれ、頼れる者のいないアニスが、リヒトに執着するのも無理はない話だった。

 しかし、リヒトは彼女に対して特別な感情を抱いていない。同情したからと言って、恋人の振りをしてあげる程、優しくもないし、大人でもなかった。


「オンなのコ、泣かしチャ、ダメ」

「うん、分かってるよ、フェイ……」


 竜の姿をしているフェイの性別は、どうやら男らしい。

 背中の愁嘆を聞きつけてリヒトを責めた。

 こればっかりはリヒトも理屈をこねて言い返せない。


「ごめん、アニス……」


 両腕を回して彼女の身体を抱き締めると、驚いたのか動きが止まる。


「君を一人にはしない。君が誰か大切な相手を見つけるまでは、ずっと側にいるから」

「リヒトは、駄目なの?」

「僕は今は正直、そういうのは考えられないんだ。だから、ごめん」


 女の子と付き合うということ、その先を、リヒトはまだ想像できない。知識として知っていても、誰か一人に執着して大事にするという感情は、まだ知らなかった。

 アニスの背中を撫でながら、リヒトはふと、海中でソラリアと交わしたキスを思い出していた。触れあった冷たい唇。あの時ソラリアは何故、危険を冒してまで海に潜ってリヒトを助けに来てくれたのだろう。


「コンアーラみえてキタ!」

「もう?!」


 竜が突然、大声を出したので、物思いに耽っていたリヒトはアニスから腕を離す。二人は身を乗り出して地上を確認した。海峡は越えてしまったらしい。

 彼方に正方形をしたコンアーラ帝国の都が見えてきている。


「な、なんだあれ……」


 近付くにつれて、異様な都の様子に気付いたリヒトは絶句する。

 紫色のおかしな植物が建物や壁に絡みつき、都の屋根は斑になっている。都の上空にはフェイと同じような姿をした魔物が旋回し、大通りには魔物が徘徊していた。人の姿が見当たらない。

 今や魔都と化したコンアーラ帝国の都からは、おどろおどろしい気配が目に見えるほどに立ち込めていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます