04 天魔の正体

 水上都市ジラフの中心にある大聖堂。

 大聖堂はいくつもの建物が連結して一つの建物となっているが、それゆえに内部は複雑怪奇な迷路のようになっている。中には出入りしている神官達も知らない場所があった。

 ここも一部の関係者しか知らない場所だ。

 屋根裏部屋のような、その場所の中心には複雑な構造の巨大な筒が設置されている。円筒形の物体は、台座のからくりで傾きを変えられるようになっていた。

 古くからあるこの装置は、人が星を観測するために造り出した、望遠鏡というものらしい。しかし、今は存在を忘れ去られ、表面に幾多の埃が降り積もっている。

 望遠鏡の側面に片手を置き、仮面の男は天窓を見上げて呟いた。

 天窓からは淡い月の光が射し込んでいる。


「……天魔の剣が持ち去られた」


 彼は聖骸教会のトップに立ち、司教と呼ばれている。

 部屋には彼以外に誰もいない。

 一人言かと思われた呟きに、しかし虚空から答えが返る。


『使い手が現れたのか。それは、あの天魔か』

「違いないだろう。我らをこの世界から切り離した、かの天魔の王にしか、天魔の剣は扱えん」


 司教は見えない相手の疑問に答えた。


「また、西に不穏な動きがある。天魔どもが国を支配して、戦争を仕掛けてきたようだ」

『おお……ようやく境界が薄くなり、干渉できるようになったというのに。忌々しい天魔どもめ』


 虚空から響く声は苛立ちを含んでいる。

 声を宥めるように、司教は淡々と言った。


「問題ない。西の天魔どもの国は聖女に滅ぼさせよう。天魔の剣については……既に手を打ってある」


 聖女シエルウィータが残した組織を利用して、彼は準備を整えてきた。長い年月を掛けて少しずつ天魔達を弱体化させ、管理できる仕組みを整えてきたのだ。

 魔王信者達が悪足掻きをしようが、天魔の剣の使い手が復活しようが、未来は変わらない。

 司教の口ぶりからそれが確信できたのか、声は「そうか」と満足そうに相槌を打って消える。やがて、天窓の光は陰って部屋は暗闇に閉ざされた。




 四枚の翼を持つ竜に似た魔物、フェイに乗って、リヒト達はコンアーラ帝国を目指すことにした。途中でバブーンの海際の街に寄ることになっている。そこでスサノオと別れる予定だ。

 スサノオは故郷が魔物に襲われていないか、気が気でないらしい。


「悪いな、リヒト。最後まで付き合ってやれなくて」


 謝ってくるスサノオに、リヒトは「気にしないで」と手を振った。彼は真面目な顔でリヒトを見る。


「そういえば、礼を言ってなかったな。クラーケンとの戦いでは、世話になった」

「僕はソラリアを手伝っただけだよ。礼はソラリアに言って」

「いや、お前にも感謝してるんだ。モモと話してくれただろ?」


 スサノオを助けて戦おうと言い出したのはソラリアだった。リヒトはただ協力しただけだ。しかし、スサノオはリヒトに礼をしたいのだと言う。

 少し考えてリヒトは、宿屋の娘と最後に交わした会話を思い出した。


「戦いが終わったら二人で話せ、って言ってくれたんだって? おかげで俺はモモと話して誤解を解くことができた」

「良かったね」

「ああ。それだけじゃない、モモが天魔が危険なモノじゃないと街の人を説得してくれたんだ。そのおかげで多少、居心地が良くなった」


 スサノオがクラーケンから街を救うために戦ったことを、人々は理解してくれたのだという。頭の固い一部の人を除いて、概ね好意的になったそうな。


「教会の連中は、天魔の能力者と一般人との間に境界線を引きたがるが、俺は共存ができると思う。きっかけさえあれば、俺達は一緒に生きていける」

「……うん」


 リヒトは微笑んで頷いた。

 時間が掛かるかもしれないし、そこに至るまでは平坦な道のりでは無いかもしれない。けれどリヒトは可能性を信じたかった。

 途中まで真剣な様子で話していたスサノオだが、この話はここで終わりと言わんばかりに声のトーンを楽天的に変える。


「ところで話は変わるが、リヒト、お前の天魔はいったい何なんだ?」

「え? 何って?」


 唐突に話題が変わって、リヒトはきょとんとした。

 アニスが「私も聞きたいー!」と言って背後から抱きついてくるのを、リヒトは振り払わずに好きにさせる。彼女はリヒトにとって妹のようなものだ。特別、異性だと意識していない。


「ほら、天魔の正体だよ。だいたい強力なスキルを持ってる奴は、天魔に名前がある」


 例えば薔薇吸血姫ロゼリウム、例えば災禍鳥魔女モリガンなど。天魔の欠片は、宿主に力の使い方と自分の名前を教えてくれる。

 リヒトの場合は……。


「恥ずかしがって、名前、教えてくれなかったんだ」

「は?」


 正直に答えるとスサノオは眉間にシワを寄せた。


「どういう意味だ」

「いやさ、一回、夢で僕に宿った天魔に会ったことがあるんだけど」


 あれは両親が死んで少し経った夜のことだった。

 夢の中に優しそうな青年の姿をした天魔が現れたのは。


「役職名が恥ずかし過ぎて突っ込まれそうだから、君には名乗りたくないって言われた」

「何だそりゃ」


 スサノオが奇妙な顔で聞き返すのに、リヒトは曖昧な笑みを返した。

 恥ずかしい役職名って、何なんだろう。

 改めて考えると、自分の天魔の正体が気になってくる。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます