サイバー攻撃は終わらない~2020年東京五輪~

作者 紫衣彪牙

38

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公は実に頼れる男であり、サイバーテロ対策チームには短い期間で急成長した登場人物もいます。
けれど、彼らが表立って讃えられることはなく、サイバー攻撃が終わることもありません。
それでも、果てしない攻防に彼らは挑んでいくのでしょう。
現実にも同じような方々がおり、そのおかげで今のIT社会は成り立っていると、そう感じられる作品でした。

東京オリンピックを2年後に控えた今こそ、読んでおきたい小説です!

★★★ Excellent!!!

サイバー攻撃が何のシステムに対して行われたら、最もヤバイ(被害が甚大、深刻)のか。影響がサイバー空間の中に留まるなら、一般人の眼には触れないまま、葬られるかもしれない。だが実際には、リアルの世界を破壊することこそ、サイバー攻撃の狙いであることは当然だ。
そうした意味で、いま最もホットで、一般ピープルの関心がこれから高まっていく2020東京オリンピックを舞台とした作者の「目のつけどころ」はすばらしい。問題意識も共感できる部分が大きく、期待して読み続けたい。加油!