ああ……死にたくねえな……

「はぁ……はぁ……」


 まだ意識は失っていなかった。

 だが、足が動かなくなってしまった今、這いつくばって進むしか手が残されていない。

 

――ズン……。ズン……。


 背後からはリーパー・リントヴルムがこちらに向かってくる大きな足音が聞こえていた。

 そして俺はついに大きな岩石の前までやってくると、そこにもたれかるようにして座った。

 結局はペルガメント山の外周から離れることができず、前方には山頂までくっきりと見える。


「まあ、墓場にするにはちょうどいい場所じゃねえか。絶景、絶景……」

 

 ドラゴンは決着がついたと感じているのだろうか。

 勝利の余韻を楽しむかのようにゆっくりと足を進めている。

 気付けば怒りの炎で真っ赤にそめた体は、漆黒へと戻っていた。

 

「へへ……。そっちの方が、『死をもたらす龍』ってネーミングにぴったりな色だぜ」


 と、最期くらいは強がるのが、男の美学ってもんだ。

 一方のドラゴンの方は、弱点である口を見せつけるように大きく開いた。

 

「ほう……。それは俺を飲み込んでやろうって意思表示かね? たいして旨くねえんだ。やめておいた方がいいぜ」


 そしてこれが本当に最後の強がりだった……。

 

 奴は俺から一歩だけ離れたところで静止すると、じっと俺を睨みつけてきた。

 まるで処刑台に立たされた囚人だ。

 

「最期の祈りの時間を与えてくれているのか……」


 ただ俺は祈るまでもなく、後悔はまったくしていなかった。

 大切な者を守るために、このどうしようもない人生の最期を飾ることができたんだ。

 落ちこぼれフィトにしちゃあ、上出来じゃねえか。

 

「お前さんの英雄になれたかい? もしそうなら、また笑顔を見せてくれよな。天国からきっちり見てやるからよ」


 もうこれでいいんだ……。

 心残りがあるとすれば、ペットのポチにお別れが言えなかったことくらいか。

 あとは酒場のマリーの花嫁姿を見るってのもあったな。

 まあ、天国からでも拝めることを願っているぜ。

 

「さあ、もういい。ひと思いにやってくれや!」


 そう左手を挙げた時だった――


――ポロッ……。


 と、何かが落ちた音がしたので、その方へ目をくれると、それはタブレットだった……。

 偶然にも画面が上向きになって地面に落ちると、その衝撃でひとりでに起動してしまった。

 そしてそこに映し出されたのは……。


 『地図』だった――


 それを目にした瞬間……。


――やったぁぁぁぁ!!


 というクリスティナの喜ぶ声が頭の中に響いてきたのだ。


「おい……やめてくれよ……」


 あれほど鎮まっていた心が彼女の声によってかき乱される。

 同時にぐわっとこみ上げてくる感情は、涙腺を強く刺激したのだ。

 それでも「泣くもんか!」と言い聞かせる。

 ここで涙を流したら、それまで孤独を装って生きてきた自分の矜持に反すると、変なところで意地になっていたのだ。


 しかし、俺はすっかり忘れていたんだ。

 彼女は出会った時から、無鉄砲で無遠慮。

 容赦なく俺の懐に飛び込んでくる人だってことを……。


 次に彼女は『笑顔』で襲ってきた――


 地図を作る冒険をともにした間に、彼女が見せた様々な笑顔が、心の中にまるで花火のように大輪を咲かせては消えていったのだ。

 どれも眩しくて、どれも美しくて、俺の心をがんがんと揺さぶる。

 ついに涙が溢れ出してしまった。


「やめて……くれ……俺は……俺は……」


 とめどなく流れる涙の理由は考えるまでもない。


「ああ……死にたくねえな……」


 もっと一緒にいたかった。

 もっと色んな話をしたかった。

 できればよぉ、王国に連れていって、マリーやカタリーナ嬢にも紹介してやりたかったよ。

 きっとみんな仲良くしてくれるはずさ。


 もっと『未来』の話をしたかったんだよ。

 だから……。だから……。


「やっぱり死にたくねえよ。死んだら、全部おしまいじゃねえか」


 左手をゆっくりと動かして、腰に引っ掛けてある短弓にかけた。

 無意味だって分かってはいるが……。


「最後の最後まで、諦められるか!」


――ドシュッ!


 間近に迫った奴の口の中に向けて矢を飛ばす。

 もちろん結果なんて目に見えていた。


――バキッ!


 奴は素早く口を閉じて矢を防ぐと、眼光を鋭くして大きく腕を振りかぶった。

 ちょうど太陽が奴の爪を照らしていて、眩しく輝いて見える。


「さよならだ……クリスティナ。俺が惚れた最初で最後のエルフ」


 そう口元に笑みを浮かべて、俺はそっと目を閉じた……。

 最後くらい、お前さんと同じように笑顔でいてえのさ。

 そんな風に肩の力を抜いて、その時を待っていたのだった――


 しかし……。

 いつまでたっても『その時』は訪れなかったのだ……。

 さらに言えば、奴の気配すら消えているじゃねえか。


「まさか!?」


 嫌な予感が背筋に一筋の冷たい汗となって流れ落ちる。

 しかしそんなことに気を留めずに、急いで目を開けた。

 そして目に飛び込んできた光景に、血の気が引いてしまった――


「バカヤロウ……バカヤロォォ!!」


 どんなに大声を張り上げても届かないだろう……。

 山頂を優雅に飛んでいる豆粒よりも小さな存在には……。


「クリスティナァァァァ!!」


 それは彼女がリーパー・リントヴルムの卵の周囲を旋回している光景であった――






 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます