蹂躙

◇◇


 全身を真っ赤に染めて、怒りをあらわにしているリーパー・リントヴルム。

 以前の漆黒だった時と比べると、伝わってくる威圧感がまったく違っていた。

 

「おいおい……。化け物がさらに進化してどうするんだよ」


 ひたいから鼻筋にかけて、一筋の汗が伝う感覚もないほどに、すさまじい恐怖を感じていた。

 クリスティナ、フレイ、そして他のエルフたち……。

 彼女らを守るなら死んでも惜しくない、という気持ちはなんら変わっていない。

 しかし、いざこうして目の前に『死を確実にもたらす龍』が立ちはだかると、恐怖のあまりに叫び出したくなる衝動にかられるのは、動物としての本能としか言いようがない。

 

「もう卵に近寄らねえからよぉ。ここから逃がしてはくれんかね?」


 と、ぶざまな命乞いが、無駄だと知りつつも口をついて出てしまう。

 しかしそもそも人の言葉など通じているはずもなく、奴はじりじりと俺との間合いをつめはじめていた。

 

 あと一歩近づいてくれば、奴の長い尻尾の餌食だ。

 だからと言って後退はできない。なぜならここより少し行った先には、一人のエルフがぐったりと倒れているのだから。

 

「万事休す……か。ならば、覚悟決めるしかねえな」


 もちろん諦めるという訳ではない。

 むしろ逆だ。たった一つのわずかな希望にかけるしかねえってことだ。

 同時に、自分の体が自分が思っている以上に頑丈でありますように、と祈るしかねえってことだ。

 

「一発だけくらってやるよ。ただし、俺の命まで奪ってくれるなよ」


 そうつぶやいた瞬間だった。

 奴が一歩踏み出そうとし始めたのである。

 

「さあ、きやがれっ!!」


 俺は思いっきり地面を蹴って、奴の太い足の方へと飛び込んでいった。

 前と同じように足元にはりついてしまえば、奴の攻撃は届かなくなる。

 しかし、奴の尻尾をぶん回す攻撃を食うことなく、そこへ到達するのは不可能だ。

 

 つまり俺は、奴の尻尾による一撃を受ける覚悟を決めたのだった。

 

 腰から短剣を抜きだしながら、一直線に突き進んでいく。

 奴は予想通りに尻尾を振り回してきた。

 漆黒だった時よりもそのスピードは遥かに増している。

 もちろん威力も比例して強まっているに違いない。

 

 ただ、岩石を粉砕するまでではないはずだ。

 岩石と人間の体を比べるってのも変だが、俺の体は岩石よりもタフであってくれよ!

 

――ブンッ!


 空気を切り裂く音が鼓膜を震わせた。

 

「がああああああっ!!」


 俺は腹にありったけの力をこめると、尻尾が迫ってくるのとは逆の方向、つまり尻尾の振り抜き先へと蹴り出した。

 それは少しでも衝撃をやわらげるための、涙ぐましい努力だ。

 さらに短剣を盾にしようと構えた。

 

 次の瞬間だった……。

 

――ドォォォォォン!!


 という爆発したような音が自分の体から聞こえてきたかと思うと、まるで風になったかのように吹き飛ばされていった。

 俺がもといた位置には、短剣が粉々になって宙を舞っているのが目に入る。

 痛みを感じる前に猛烈な勢いで奴の左方向へと飛んでいくと、背中に強烈な衝撃を覚えた。

 

――ビッタァァァン!!


 それは岩石に叩きつけられた音……。

 まるで果実が高層階から落下してつぶれた時のような、気持ち悪い音だ。

 その音が耳に入った瞬間に、口の中が苦い液体でいっぱいになった。

 

「ぐはぁっ!!」


 息苦しくなって吐きだすと、真っ赤な血が地面を染める。

 だがそんなことをかまけている暇はない。

 もっと言えば、痛みを覚える前が勝負だと、俺は最初から覚悟を決めていたのだ。

 

――ダッ!!


 素早く態勢を整えると、一気に奴から離れるように駆け出した。

 もちろん俺をみすみす見逃すほどに奴は甘くない。

 

――ブウウン!!


 と、凶悪な鉤爪が俺の頭上から襲ってきた。

 

「させるかぁぁぁぁ!!」


 これを食らうわけにはいかねえんだ。

 必死に言うことが聞かなくなった全身に鞭をうつ。

 

――グルンッ!!


 前進を止めないまま、上体をひねって一撃をかわそうと試みた。

 しかし完全に俺の思い通りに体は動いてはくれなかった……。

 

――ザンッ!!


 という鈍い音が腹の柔らかな部分から聞こえてくると、焼けるような痛みが走った。

 

「ぐぬっ……!」


 わき腹をわずかにかすめたか……。

 尻尾の直撃、岩石に叩きつけられた衝撃、わき腹の外傷、さらに少し前に痛めたあばら骨の痛み……。

 それら全てが一気に襲いかかってくると、眩暈を覚えるような激しい痛みに襲われた。

 

「負けるかぁぁぁぁ!!」


 この場合、声はエネルギー源だ。

 多くの血液とともに流れ落ちていった前へ進むパワーがかすかに注入されると、奴からわずかに離れることに成功した。

 

「よしっ!!」


 口には相変わらず血がたまってくるが、それでも意識を失うほどに内臓にダメージは受けていないようだ。そして足もまだ動く。

 今さらながら、頑丈な体に産んでくれた天国の両親に感謝していた。

 

 一方のドラゴンは、尻尾と爪の連続攻撃によって、わずかな硬直時間に襲われているようで、目だけが俺を執拗に追いかけている。

 

「へへっ……。眼光だけで殺されたらゲームオーバーだったんだがな」


 そんな皮肉をもらせるまでに余裕が出はじめると、俺は尻尾の間合いから外れた。

 あとはひたすら前に進むだけだ。

 

 だが……。

 奴の攻撃は止まらなかった。

 

「キャオオオオ!!」


 という聞き覚えのある甲高い声が辺りに響き始めたのだ。

 

「ここでブレスか!! だが、そうはさせねえ!!」


 とっさに振り返り、腰から短弓を取り出そうと右手を動かそうとした。

 ……が、その右手がまったく動かなかったのだ……。

 

「肩が外れてやがる……」


 死の影が突如として心の中を覆い尽くしたが、まだ諦めるわけにはいかなかった。

 

「くっそぉぉ!!」


 必死に残された左手で右の肩をぐいっと押し込むが、なかなかうまくいかない。

 そしてようやく肩がはまった時だった。

 

――カァァァッ!!


 と、まばゆい光が眼前をおおったのだ。

 

「うがあああああ!!」


 とっさに背を向けて身を伏せる。

 しかし到底直撃をまぬがれるには至らなかった――

 

「がああああああっ!!」


 激痛とともに、文字通りに道を転がっていく。

 わずかに距離があったのが幸いしたのか、ひどい火傷を負うまでには至らなかったが、それでも急激に上昇した体温は、ダメージを負った体に容赦ない追い討ちをかけていった。

 

 そして……。

 ついに俺の唯一の自慢だった足は……。

 動かなくなってしまったのだった――

 

 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます