★ アンケートご協力のお願い

 ここまで『瑠璃の王石』をご愛読くださった方々、ほんっとうにありがとうございます。おかげさまで、ここまで来ることができました。

 そしてもしよろしければ、第二部をより良いものにするため、ここで皆様にアンケートにご協力いただけると嬉しいです。

 しかし答える前に、ご注意いただきたいことが三つ。


*注意

①ご意見をいただいた通りに、第一部が修正されるとは限りません。第二部の執筆を最優先させているため、第一部を修正するとしてもかなり先になってしまうと思います。

②総合評価というよりは、最近感じている印象でお答え下さい。(最初の頃の執筆とは数年の差があるので)

③できれば第一部最終話「灰色の涙」まで読まれている方にご協力いただきたいです。もし途中までの方がいらっしゃいましたら、「○話まで読みました!」とひと言アピールをお願いします。


 答えていただきたいことは、次の通りです。


⑴ 次の事柄について、五段階評価をお願いします。

 (①とても悪い ②悪い ③ふつう ④良い ⑤とても良い)


★読みやすさ

★キャラクターの個性

★キャラクターの数(①多い②すこし多い③ちょうどいい④すこし少ない⑤少ない)

★意外性

★会話と地の文のバランス

★自然な描写(=違和感がないか)

★期待感(=続きが気になるか)

★展開の速さ(①早い②ちょっと早い③ちょうどいい④ちょっと遅い⑤遅い)


⑵ 改善すべき点について、ひと言お願いします。


⑶ 良かった点について、ひと言お願いします。


⑷ 矛盾を感じたところがあれば、教えて下さい。


 以上、四点です。欲張りすぎかなと思いながらも欲を抑えきれませんでした、すみません……。

 回答はコメント欄でも、近況ノートでもどちらでも構いません。皆様からいただいた意見を参考に、力の限りを尽くして第二部を執筆したいと思います。どうぞご協力よろしくお願いいたします。


 また、第二部執筆のため、『瑠璃の王石』は約一ヶ月の間休載させていただきます。次の更新は三月十六日(土)です。


〜第二部の見どころ〜

 第二部の中心は、「ハーシェルとウィルの関係性」。やっと恋愛ファンタジーらしくなってきます。また、石についての新たな情報も続出、石をめぐって、他国でも動きが出てきます。そんな中、ある国の王子がハーシェルに近づき……?


 まだまだ拙い執筆ですが、続きもご愛読いただけると大変嬉しいです。

 これからも、『瑠璃の王石』をよろしくお願いいたします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます