第九章 再会

第30話 ただの少女に

 乾いた風が、城の岩肌に吹きつける。

 そこは城の一角にあたる屋上。城壁にくり抜かれた射手用の四角いくぼみに腰かけ、ハーシェルは眼下に広がる街を眺めていた。

 ここは、めったに人が来ない。だから、一人になりたいときや勉強をさぼりたいとき、ハーシェルはよくこっそりとこの場所に来る。

 風に吹かれ、瑠璃色の石が小さくゆれた。

 母がずっと持っていた石は、今はハーシェルの胸の上にある。ハーシェルはアスリエルとの会話を思い出した。


『この石、返した方がいい? 母様に、父様からもらったものだって聞いたから』

 このように重要なものを、果たして自分が持っていても良いのだろうか。そう思いながら、ハーシェルは尋ねた。

 アスリエルは答えた。

『それは、セミアがそなたにと渡したのだろう? ならば持っているといい。その石はすでに、そなたのものだ。石がまた、そなたを守ってくれることもあるかもしれんしな』


(私を守る、ね……)

 だが、ハーシェルはあの時何が起こったのかほとんど覚えていなかった。

 お母さんが殺されると思った。直後、目の前に青い光が広がり、気づけば部屋は荒れ果て、男たちは姿を消していた。アスリエルいわく、近くに石があったため、無意識にその力を使ったのだろうと言う。

 しかしあれから何度か試したが、嵐を呼ぶどころか、雲の動き一つすら変えることができない。パルテミアの王族たちは、一体どうやって石を使っていたのだろうか。

 ――様。……シェル様。

 街の上空を、白い渡り鳥がふわりと風に乗って弧を描く。ざらついた城壁に背中を預け、ハーシェルはぼんやりとした目でそれを見つめた。

 そもそも、なぜ封印が解けたのだろう。本当に私が解いたのだろうか?

 たまたま封印が切れる時期と重なっただけで、偶然触れたことで封印が解けたように見えたとか。だって、自分に特別な力があるとは到底思えな――

「嬢ちゃん」

 ハーシェルは、ハッと背中を起こした。

 振り返ると、ほんの数歩先のところにラルサが立っていた。風に衣をはためかせながら立つラルサの表情は、なんとなく微妙な様子である。

 目をぱちくりと瞬かせ、ハーシェルはやわらかく微笑んだ。

「ずい分と懐かしい呼び方ね」

「無礼をお許しください。こうすれば、気づいてくださるような気がして」

 ラルサも目を細めて笑った。

「よくここが分かったわね」

「これまでも何度か、こちらの方向へ向かわれるのを見たことがあったので。もしやと思い」

 ラルサの言葉を聞いて、ハーシェルはちょっと残念に思った。誰にも知られていないと思っていたのに。いくつになっても、自分だけの秘密の場所というものは持っていたいものだ。

 ラルサはハーシェルがいる場所を見上げて顔をしかめた。

「それより、さっさとそんなところから下りてきてください。危ないですよ」

「いいじゃない別に。落ちやしないわよ」

 さらりと言い流すと、風で顔にかかる髪もそのままに、ハーシェルは再び城の外に顔を戻した。

 ラルサは一つため息をつくと、仕方なくハーシェルの隣に並んだ。落ちられては元も子もない。

 砂塵の舞う城壁越しに、ラルサはハーシェルと同じ方向を見やった。

「何を、眺めているのですか」

「……街を」

 ハーシェルは答えた。

「何でも持ってるわけじゃないけど、家族や自由な未来がある平民と、何でも持ってるように見えて何にも持ってない王女、いったいどっちが本当に幸せだと思う?」

 言葉がこぼれ落ちるように、ハーシェルはつぶやいた。

 ラルサは眉をひそめて隣に座る王女を見た。

「ハーシェル様」

「なあに?」

「その……大丈夫ですか?」

 ハーシェルは笑った。その目元には、どこか疲れを感じさせるものがあった。

「何が? 稽古なら欠かさずやってるし、ご飯だってきちんと食べてるわよ」

「いえ、それはそうなのですが……」

 ラルサは顔を曇らせた。

 母である王妃が亡くなってから一ヶ月、ハーシェルは一人で考え込むことが多くなったように思う。稽古にはむしろ熱が入り過ぎているようで、それは心の穴を無理やり埋めようとしているようにも見えた。

 城の中で、ハーシェルをただの女の子として接することができたのは、母のセミアだけだった。セミアがいなくなった今、ハーシェルは一人ぼっちだった。

「たまには、気分転換に街へ下りてみてはいかがでしょう。もちろん護衛をつけてですが。気ままに歩きながら、店や旅の一座を見るのも楽しいものですよ」

 ラルサは声を明るくして言った。

 頰づえをつき、遠い目をしたハーシェルは上の空で答えた。

「そうね。考えてみるわ」

 流れるように風になびく髪が、その横顔を隠す。

 昔、よくセミアに三つ編みに結わえられていたその髪も、もう二度とその手で結われることはない。肩を少し過ぎた髪は、何にも拘束されることなく、行き場を失ったようにゆらめいていた。

「ごめんなさい。一人になりたいの」

 ハーシェルは振り返らずに言った。

 ラルサは心配そうにハーシェルを見つめていたが、やがて身体を後ろに引くと、そっとその場を離れた。



 ラルサが去った気配を背中で感じながら、ちょっと悪いことしたかな、とハーシェルは思った。きっと、自分のことを心配して探しに来てくれたのだろう。

 ラルサだけじゃない。

 母を亡くしてからというもの、ハーシェルは色々な人から気遣いの視線を感じることがあった。心配してくれるのはありがたいが、最近ではそれすらも少しわずらわしくなってきた。私は、そんなに不幸そうな顔をしているだろうか……?

(街か……)

 赤い屋根の家々や人の群れを遠くに眺めながら、ハーシェルはラルサが言った言葉を思い出した。

 そう言えば、ここに来てから一度も城の外へ出たことがない。森や湖に行ったことはあるが、それも結局すべて城の敷地内だった。街へ下りてみるのもいいかもしれない。

 ハーシェルは街を歩く自分の姿を想像してみた。

 市場で買った食べ物を片手に、好きなお店を見てまわり、通りすがりのベンチに腰かけてひと休みする。周囲はたくさんの人であふれ返っているが、自分のことを気にする人など誰ひとりいない。石畳の通りを走ろうと服が地面にこすれて汚れようと、すべてハーシェルの自由だ。

 ハーシェルは久しぶりに心が浮き立つのを感じた。

(――行ってみようかな)

 ただし、出かけるなら一人でだ。

 せっかく自分のことを誰も知らない場所へ行くのだ。護衛つきでは意味がない。姫ではなくただの女の子として、自由気ままに街を散策してみたかった。

 だが、城を抜け出すことは容易ではない。目には見えないが、ハーシェルには常に護衛のダルーシアがついている。一人で街へ行くためには、相当綿密な計画が必要だろう。

 ハーシェルは城下に広がる街を見据えた。

(――よし)

 決意を固め、ハーシェルはとん、と城壁から下りた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます