第4章ー1 新造”宝船”

 ヒメシロ星系のワープイン、ワープアウトの両方可能な宙域の近傍に、全長約1.5キロメートルの民間大型輸送船”シンタク”が停泊していた。その大型輸送船に、ボロボロの宝船が連結されていた。

 シンタクの船体には、新技術開発研究グループのブランドマークが随所に描かれている。そして、舳先に新開家の紋章が控えめに掲げられている。

 通常、新技術開発研究グループの船や機体に、新開家の紋章をつけることはない。紋章を取り付けてあるのは、新開家の特命で動いていることを示すのだ。

「うぅーーーーむぅ」

 暑苦しい雰囲気を撒き散らしながら、ゴウは不満げな表情で唸っていた。

 シンタクの第1格納庫にある新造”宝船”を一望できる位置に立ち、エンジニアの作業を眺めているようだ。

 そこに、クールグラスを身に着けた作業服姿の男が現れ、ゴウに声をかけた。

「何か不満でもあるのか。・・・希望通りレーザービームを8門装備し、どの方向から敵がきても対応できるようにした。船首と船尾には、ミサイル発射孔を追加してある」

 男もゴウと同じように、エンジニア達が格納庫で忙しく動き回っている姿を視界にいれる。

「うむっ、ミサイルは?」

 2人は視線を合わせず、下を見ながら話しを続ける。

「多弾頭炸裂式ミサイルと指向性爆薬式誘導ミサイルの2種類を用意してある」

「うぅーーーーむぅ。ラルフ・スタインマン統括よ」

 ゴウは顔をあげ、新造”宝船”の開発責任者であるラルフ・スタインマンに視線を向けた。ゴウの体から暑苦しい熱気が発せられている。そして、大きく見開いた眼からスタインマンに視線で圧力をかけてくる。スタインマンはゴウからの圧力を受け流し、真意を質す。

「なんだ? ゴウ。問題でもあるのか? それとも称賛か?」

 ゴウは重々しく口を開くと、バリトンボイスの無駄に良い声音で、残念な内容を奏でる。

「・・・装飾が見当たらないばかりか、塗装すらされてないぞ」

「はいっ?」

「良いか、これは宝船だぞ」

「ああ、そうだな。お宝屋の為だけに用意した恒星間宇宙船だ。新技術開発研究グループの総力が・・・技術力の全てが、結集されているといっても良い程だ」

「そこまで分かっていながら、なぜに気付かないのだ。スタインマン統括よ」

 体中に力を漲らせ、暑苦しい口調で台詞を続ける。そのゴウの圧力に、同じぐらいの身長のスタインマン統括が後退る。

 いつもの事ながら暑苦しい奴だ。

 近くに寄ってこなくても話はしっかりと聞くのに・・・。

「いいかぁああああーーー。宝船なら、豪華絢爛な外装があってしかるべきだぞ。それなのにだっ、塗装すら完了してないとは、どういうことなのだぁああー?」

「あのなぁ、装飾用の塗装がされていないだけだ。装飾されていないが恒星間航行可能で武装している宇宙船と、装飾されているが恒星間航行が不完全で武装もない宇宙船。どっちが良いか?」

「何を言っているのだ。簡単なことだぞ」

「そうだろうとも」

「そうだとも。両方とも完璧な宇宙船が、俺の宝船に相応しいのだっ!」

「・・・おいっ」

 そろそろ、お宝屋のゴウとの付き合いも、3年ぐらいになる。

 だから知ってた・・・しかし理解したくはなかった。

「よく聞け、お宝屋。いや、ゴウ。いったい何人のエンジニアが、休日返上で働いたと思う? いいかっ、千人以上もだ」

 ゴウは心底不思議そうな表情をしている。

「んっ? 武装はともかく、このくらいの船なら、新開グループにいくらでもある。一から開発しても、ほぼ全自動で製造可能だろ? しかもぉーだっ、1ヶ月もの期間があったのだぞ」

「・・・あのな。お前らが無茶するから、お宝屋特別仕様として、最新鋭の機器を詰め込めるだけ詰め込んだ。その為に、それぞれのスペシャリストが集結して、調整に調整を重ねて開発し完成させた。しかも、その場で仕様変更したり、果ては新規機能を開発し、追加までして完成させたんだ」

 新開グループの優秀なエンジニアの能力を結集し、集まったエンジニアが情熱と知識を振り絞った。様々な分野のスペシャリスト達が持ち寄ったスキルを融合させた。それは知恵へと昇華され、新開グループが持っていなかった宇宙戦艦のノウハウとなった。

 まさに一品ものにして、逸品の恒星間宇宙船。

 新開グループが戦闘能力を備え創造した、新たな恒星間宇宙船”宝船”。

「うむ・・・それはアキトに文句を言ってくれ。俺たちは依頼に対し真摯に向き合った。そして遂行したのだ。しかもぉおーだっ。モーモーランドの宇宙戦艦と戦闘して、アキトを含め全員無事に生き残ったのだぞ。称賛されこそすれ、非難される覚えなぞないなぁああー」

 全くもってその通りなのだが、イラっとしてくるのはゴウの成せる業か?

「別の宇宙船が大活躍したと、噂で聞いている。それに空人君は、その宇宙船の船長になったらしいな」

 お宝屋からの報告は、新開家と一部の幹部にしか公開されていない。しかし新開空人の動向は、新開グループの開発部門で注目されている。

 その為、スタインマン統括は事実を知らないのだが、報告内容を噂として耳にしている。

「うむ、そうなのか?」

 ゴウは不思議そうな表情で応じた。

「違うのか?」

 噂は噂でしかなかったか・・・。

「いいや。宇宙船ユキヒョウと協力して、モーモーランドを排除したのは事実だ。だが、アキトがユキヒョウの船長になったのは知らなかったぞ」

 口が軽く脳筋バカにしか見えないのだが、ゴウは不用意に機密を話したり、口を滑らせたりはしない。滑らせたように見せかけて、開示しても差し障りない範囲の情報を流すぐらいだ。

 契約は遵守し、依頼は全うする。

 お宝屋はトレジャーハンターであり、腕利きのマルチコントラクターだ。

 これ以上情報を引き出せないのであれば、用件を済ませた方が精神安定上いい。

 お宝屋も自分も、無為に時を潰してよい贅沢な時間を持っていない。

「新造宝船の改善改修の見通しが立った。33時間後に出立可能だ」

 新造”宝船”は、ヒメシロ星系のワープポイントに辿り着くまで、1週間もの期間をかけて様々なテストを実施した。小さな課題は即座に解決し、大きな問題は原因から根本解決する。

 即応開発体制を整えたシンタクが共に航海して、新造”宝船”の改善改修を重ねてきた。

 その集大成が、33時間後に完成する。

「うむ。それでは、33時間後に出立する」

「それと、装甲の随所にヒヒイロカネを使っている」

「ふっはっはっははーーー。では仕方ないなぁ。仕方ないぞぉお。それならばぁ、装飾は後日で構わぬぞぉおおおーーー」

 スタインマン統括は、溜め息と共に呟く。

「装飾は諦めないのか・・・」

 技術者としての仕事ではないし手配が面倒だな、と考えながらも、宝船の開発責任者として対応を考え始めた。なにせ新開家から、お宝屋の要望に出来る限り応じるようにと、命じられているのだ。


 新造”布袋ロボ”が、シンタクの第4格納庫にスムースに入っていった。

 操縦していたのは、翔太である。

 全7機のコウゲイシの試乗を終えたのだ。

 翔太は、布袋ロボから飛び降り、第4格納庫の上の方にある操作室に赴く。

 そこで一息つこうと椅子に座り、コーヒーブレイクにした。その位置からは、第4格納庫の全景が見渡せる。

 7機の異形のコウゲイシが、第4格納庫に並んでいる。その異形のコウゲイシの周辺でエンジニア達が作業している。

 翔太は七福神ロボの設計書を、クールグラスでじっくりと確認し始めた。彼の特殊スキルは、機体を動かした感触とフィードバックから大体の機能を掴めことができる。だから、自分の違和感を特定しようとしていたのだ。

 その時、翔太の元に新技術開発研究グループの作業服を着た女性技術者がやってきた。

「どうだった? 7機ともアンタの要求仕様通り開発したよ。何かあるかい?」

 戦闘力を加味するとコウゲイシというより、人型兵器の域に達している。女性は、その人型兵器の改善と整備の責任者、ガブリエラ・ミストラル技術統括である。

「ガブリエラちゃんさ。ルーラーリングとの適合率調整機能は、どこかなぁー」

 設計をクールグラスで確認しつつ、翔太が質問した。

「アタシは、アンタより10歳年上なんだよ」

「そうそう、そうなんだよねぇー。だけどさぁ、千沙より色々と小さすぎると・・・どうしてもねぇー」

 翔太は素晴らしい笑顔で、辛辣な内容を口にした。

 身長165センチの千沙と比べると148センチのガブリエラは小さい。しかもガブリエラの体型はコンパクトにまとまっているので、181センチの翔太からすると子供に見えてしまうのだろう。

「アンタには必要ないでしょう。アタシの専門じゃないんでね。割愛したよ」

 ガブリエラはシレッと言い放った。

「いやいや、僕だけが操縦する訳じゃないんだけどねぇ。・・・まぁ、大丈夫かな?」

「それでは、分からないことがあれば、設計書を確認してするようにっ!」

「あれあれ、そこはマニュアじゃないのかなぁー?」

「天の川銀河系で唯一無二の人型ロボットだよ。一々用意なんてしてられないね。それに、こんな機体をまともに動かせる人は、アンタぐらいでしょう」

「そうそう。そこは、もっっっと褒めてくれても構わないよ。それより、そんな機体を開発して、製品になるのかい?」

「製品化の心配より、宝船と七福神ロボを新造しなくて済むようにするのが、新技術開発研究グループの利益に繋がるよ」

「いやいや、こんな新技術ばかりを採用しているのは、テストを兼ねているよね」

「新技術のテストは、完璧に完了してる」

「あれあれ、テスト機だって聞いてたはずだけどなぁー。・・・もしかして、テスト結果が悪く、改善ができなかったのかな?」

「採用した新技術のテストで問題は見つかってない。完了してないのは、人型ロボットのテストだけだよ」

「それは・・・製品として完成してないよねぇ?」

「人聞きが悪いね。テストする余裕もなく、壊したお宝屋が悪いとアタシは思うよ。それに、製品化する訳ではないしね」

「あれあれ、本音はどうかな? 半年後だったら半年後だったで、テストが完了していない新技術を採用するよねぇー」

 ガブリエラは悪びれもせずに答える。

「まあ、そうですね。でもアンタが7機とも動作を確認したし、テスト完了ということで良いね」

 2人して悪巧みを考えているような笑顔になる。

 その表情のまま、翔太が爆弾をブッ込んでくる

「困った困った。もしかして合体も試してなかったりするのかな?」

 ガブリエラの驚愕した表情をみて、不機嫌そうに翔太が言葉を続ける。

「僕だって設計書ぐらい読めるし、動かしてみれば解るさ」

 いいえ、そんなのアンタぐらいだし・・・。

 マルチアジャスト畏るべし。

「ふぅー、流石は特殊人間・・・。無重力下での合体は成功したけど、0.1G以上では1回も成功してないね。それと宇宙空間で合体後の動作確認をしたけど、まともに動かなかった」

「どうして動かなかったのかな?」

「1日でパイロットが音を上げたんだよ。それも肉体的ではなく、精神的に疲れすぎて・・・。翌日も立ち上がれなくてね」

「それで?」

「アンタには、良いテストデータの提供を期待しるよ。あーっと、そういえば、アタシから合体について、説明した方がいい?」

「そうそう、それに最初から合体の説明もして欲しかったか・・・」

 ガブリエラは丁重に発言を無視して、翔太の台詞が終わる前に口を開く。

「それでは・・・」

 それから30分間、ガブリエラ技術統括の説明が止まらなかった。

「・・・合体の概要は、このぐらいだよ。後は仕様書と設計書を確認すればいい。そこに全て記載されてる。後で開発途中に作成したドキュメントと、試験データも全て渡す。他に何かある?」

「ああ、そうそう。最後に、僕を特殊人間と呼ぶのは止めてもらいたいかなぁ。マルチアジャストは特殊スキルであって、僕は改造された訳でもないし、機械を埋め込んだりもしていない。正真正銘、生身の人間なんだよねぇー」

「短くて良い呼び方がない、だから仕方ないんだ。もう良いよね?」

「いやいや、マルチアジャスターでイイでしょう」

「それだと、普通の人間みたいだねぇ」

 翔太は涼やかな笑顔を絶やさないで、ツッコミを入れる。

「いやいや、普通の人間なんだけどねぇー」

 アンタの、その図太い神経だけで、既に普通の人じゃないよ。

 アタシはアンタが、改造人間だと説明された方が、納得がいくんだ。

「はいっ、これで説明は終わり」


 新造”宝船”への武器弾薬の積込みは簡単だった。

 何故なら武器庫の何処に何を配置するか、予め決められていたからだ。

 しかし旧宝船の倉庫エリアには、部品と道具が大量にある。整頓はされているが、積み込んだ・・・というより、詰め込んだ本人にしか分からない状態になっている。

「う~ん。全部は持ってけないの?」

 旧宝船の倉庫エリアで、千沙は20代の男性エンジニアに悩みの解決策を求めた。

「倉庫エリアが以前の3分の2になってるんで・・・」

 しかしミサイル担当の男性エンジニア、田中耕一は素っ気ない口調で答えた。

「宝船は大きくなったのにね~」

「お宝屋の要求仕様に従って武装を増やした結果です」

 心底呆れている田中は、さっさと荷物を新造”宝船”に移してしまいたかった。

「困ったな~。アキトくんが改造したりしてたから・・・。もう何が何やら・・・全然分からないの。アキトくんがお宝屋に戻ってきたら、すぐに使えるようにしたいのに。だから、そのままにしておこうかなって、思ってたんだけど・・・」

 そうアキトは1年の間、宝船の部品と道具を好き勝手に改造していたのだ。

 お宝屋の3人には、どれが改造に成功した完成品で、どれが失敗作なのか判断つかない。つまり、仕分けが出来なかいのだ。そこで、アキトが戻ってくるまで全てを保管しておく事にしているのだ。

「そっ、それなら、全部置いていきましょうっ!」

 急に田中の瞳が煌めいた。

 貪欲なエンジニアの眼をしている。

「新造”宝船”の予備パーツを大量に持っていった方がいいです。テスト航海はしていても、何が起きるか分からないです。それで、ここにある部品と道具は、私が全部責任もって預かっておきますので、安心してください」

「う~ん、そこまで言ってくれるなら・・・。でも、私が?」

「いえ、新開グループの”開発統括”が、大切に責任を持って預かりますともっ。それこそ美術品のように・・・」

 そう、美術品のように、大事に研究しますともっ!

「そうかぁ~・・・う~ん・・・」

 少し冷静さを取り戻した田中は、理屈と熱意で押し切ろうと決意する。

「それに新造”宝船”と旧宝船では部品が異なります。最新の部品を使用しないとフルに性能が発揮できないばかりか、最悪動作しないこともあり得ます。なにしろ、このたった1隻のために開発者と先端エンジニアが千人以上動員されました」

 前のめりに体ごと田中が迫るので、千沙は後退りしながら相槌を打つ。

「あ、あの・・・そうなの?」

「そうなんです。・・・いいですか、新開グループでも最先端の研究開発をしている人材が、全能力を傾け金額を度外視して愉しんだのです」

 田中の熱意が暴走している。

 宝船の開発を愉しんだと言ってしまうところなど、本心を露呈しまくっていた。

 開発者やエンジニアほ優秀になるほど、寝食を忘れて没頭するタイプが多い。それに課題が発生すると議論が活発になる。

 そんな開発者や技術者をサポートする要員も、充分に配置された。

 眠たくなったら睡眠をとり、お腹が空いたら食事をし、行き詰った時には、リフレッシュする。そして新造”宝船”以外のことを考えなくて済むように、生活全般の支援が準備されていた。

 すでに辟易していた千沙だったが、違和感のある言葉には反応した。

「愉しんだ?」

 16歳の女の子とはいえ、千沙も資格を持っている一人前のトレジャーハンターである。鋭く、そして聡い。

「いいえ、苦しんで生み出しましたともっ! 最先端の部品になればなるほど、最初は汎用性を欠いたものになります。製造工程が安定し安価になれば、その最新部品に汎用的なインターフェースを載せるでしょう。逆に最新部品の普及が爆発的に進めば、他の部品自体に最新部品対応のインターフェースが標準搭載されるのです。つまり汎用性が高まります」

 千沙の視線に見透かされそうな気がして、田中は更に早口になる。

「えーっと、ですね。最新部品同士を接続して使用するのは難しい、ということです。代替品ではなく正規部品を持っていなかないと・・・えー、最悪の場合・・・そう修理すら不可能になります・・・」

 最終的に千沙の追及を勢いで乗り切り、新開グループの”開発統括”で荷物を預かることが決まった。

 田中は自分の幸運を喜んだ。

 そう宝船には、宝が積んであったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます