勇者パーティーで回復役だった僕は、田舎村で治療院を開きます

空 水城

第1章

第1話 「追放」

 

「あんたいらないから」

 

「はいっ?」

 

 勇者マリンが、いきなりそんなことを口にした。

 魔王軍四天王の一人『北のネビロ』を討伐し、シンシン大陸から帰還した直後。

 王都で祝宴を催している最中、その席でケーキを頬張っている主役のマリンが、唐突に僕にそう言ってきた。

 青髪青目の少女にフォークで指し示されながら、彼女のパーティーで”回復役”を務めている僕はきょとんと目を丸くする。

 意味がわからないと言うように固まっていると、やがて彼女がスイーツで頬っぺたを膨らませながら続けた。

 

「だってあんたの回復魔法、傷の治り悪いし、何回も掛けないと完治しないし、それに次に行く魔大陸はもっと魔物が強くなるみたいだから、これ以上あんたのこと守ってらんないのよ。てなわけで、ここで”お別れ”ってことで」

 

 宴会に参加した町人たちによって、辺りが喧騒に包まれる中、突然の解雇を言い渡される。

 あまりに不意な知らせだったので、しばし僕は唖然としてしまった。

 ここでお別れ? っていうことは、勇者パーティーから追い出されるってことか?

 

「……な、なんで急にそんなこと。ずっと一緒に戦ってきたじゃんか。そりゃ、他のパーティーメンバーに比べたら、僕はそこまですごいわけじゃないし、初級の回復魔法しか使えないけど、それでも……」


 北のネビロの討伐の時は、解毒魔法と解呪魔法で”すぐに”状態異常を治してやった。

 小さな傷だって”即効”で治療してみせた。

 パーティーメンバーの女剣聖ルベラや、女賢者のシーラに比べれば、そこまで大きな功績を上げたことはないけれど、ずっと一緒に戦ってきたじゃんか。

 勇者パーティーの身の回りの世話をしていたのだって僕だし。


「そ、それに何より、僕が抜けたら回復役はどうするんだよ?」

 

 ようやくしぼり出せた声は、情けなく震えていた。

 まだ勇者パーティーの一員として、みんなの役に立ちたい。

 人々のために戦っていたい。

 ここでお別れなんて絶対に嫌だ。

 それに僕がいなくなれば、身の回りの世話をする人はおろか、旅には絶対に欠かせない”回復役”がいなくなってしまう。

 という脅しにも似た問いに対して、マリンは平然と答えてみせた。

 

「あぁ、それだったら、この子に代わってもらうことにしたから」

 

「えっ?」

 

 彼女は椅子の後ろに突っ立っていた一人の少女を、僕に紹介した。

 肩で切り揃えられた黒髪と、感情を感じさせない無表情。

 小柄な体躯を包むのは、汚れ一つない純白の修道服。

 赤髪赤目の男勝りなルベラも、金髪金目の大人っぽいシーラも、整った顔立ちをしていてかなりの美人さんなのだが。

 彼女はそれを凌駕するくらいの美少女だった。

 終始ジトっとした目をこちらに向けて、ただただ黙り込んでいるが。

 

「この子、テレアっていうんだけどね、この祝賀パーティーで偶然見つけたのよ。なんか『聖女』っていう珍しい天職を持ってるらしくて、すんごい回復魔法が使えるみたいだし、勇者パーティーの回復役にぴったりじゃない?」


「……」


 実に嬉しそうにテレアなる少女のことを紹介されて、僕は思わず呆然とする。

 回復職の中でもトップの力を持つとされている『聖女』。

 その聖女の天職を持つ少女が、まさかこの場にいるなんて。

 まるで考えもしていなかった。


「これから回復役はこの子に任せることにしたから、あんたはもういらなーい」


 そう言われてしまえば、僕に返せる言葉は何もなかった。

 聖女の回復魔法は、全天職の中でも随一と言われている。

 まさに勇者パーティーに打ってつけの回復魔法の使い手だ。

 比べて僕は、初級の回復魔法しか使えない落ちこぼれの治癒師。

 回復役として劣っているのは誰の目にも明らか。

 

 おまけにマリンのみならず、『剣聖』のルベラと『賢者』のシーラも反対はしていない。

 彼女たちはただ黙って、テーブルの端で僕とマリンのやり取りを見守っている。

 そういえば二人は、僕のことをそこまで好いてはいなかったんだっけな。

 サバサバとした性格のマリンとは違って、彼女たちは明確に僕を嫌う理由がある。

 剣聖のルベラは強いものが好きで、弱っちい僕のことをバカにしているし。

 賢者のシーラは大の男嫌いで、パーティー内で唯一の男子である僕のことを遠ざけているし。


 勇者パーティーに僕の味方は誰もいない。

 聖女テレアも、元々寡黙な性格なのか何も言わないし。

 だから僕は、泣く泣く荷物をまとめることになる。


「……くそぉ」


 祝賀会の会場の端っこで、密かに毒づきながら荷物の整理を進める。

 まあ、いつかはこうなるだろうと、薄々予想はしていた。

 マリンのサバサバとした性格なら、初級の回復魔法しか使えない僕のことを、いつかは切って捨てるだろうと。

 それがたとえ、自分が強引に連れ出した相手だろうと容赦なく、だ。

 ていうか、僕のことを無理矢理パーティーに入れたこと自体忘れてそう。

 ……まあ、別にいいか。


 なんて考えながら荷物まとめを終わらせて、僕は祝賀会の会場から立ち去ろうとする。

 だが、ふと思いとどまり、マリンたちがいるテーブルへと進路を変更した。

 最後くらいは挨拶しておこうと思ったから。

 理不尽な解雇通告を受けたとはいえ、これまでたくさんの苦難を一緒に乗り越えてきた仲間たち。

 性格は最悪な連中だけど、黙ってお別れするのも……なんだか寂しいしな。

 そう思って談笑する彼女たちの元に歩み寄ると、僕は背中のリュックを背負い直しながら、弱々しい声で言った。

 

「じゃあ、僕もう行くから」

 

 これが最後の言葉になるのだと思った。

 だから僕の脳裏には、勇者パーティーで過ごした数年間の思い出が、ふと蘇ってきた。

 大変だったけど、その分やりがいのある回復役だったし、苦しい戦いに勝った時の充足感は、他では決して味わえないだろう。

 それらの思い出を噛みしめながら口にした、精一杯のお別れの言葉……だったのだが。

 勇者マリンは……

 

「んー、お疲れぇ」


「……」

 

 こちらに目を向けることもなく、投げやりな感じでぶらぶらと手を振っただけだった。

 これにはさすがにキレそうになった。

 祝賀会の会場のド真ん中に置かれている巨大ケーキを持ってきて、パイ投げの要領でマリンのムカつくくらい綺麗な顔をクリームだらけにしてやろうと思ったくらいだ。

 しかしそれをやる度胸もなく、僕はすごすごと後ずさっていく。

 仕返しが怖かったから。ちくしょう。

 

 そうして僕は、勇者パーティーから追い出されたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます