第131話 なお、実は死にかけていたとする

 枕を取りに行った後、私達は部屋に戻り、映画の続きを再生した。蚊はどこかに消えたようだ。家の中を捜索しようとウロウロし始めたところで、ゴリラに怒られてしまった。ちなみに、ゲストルームには入れて貰えなかった。こいつ私のこと1mmも信用してないよね。


「……ごめん、ストーリー忘れた」

「あたしもだ」


 時間が空きすぎたせいか、映画の内容が全然頭に入ってこない。というか、この刑事さん誰だっけ。ぼんやりとテレビを見つめていると、志音がおもむろに口を開いた。


「いつも通り、ピザでも取るか?」

「え、いいの?」

「作ってくれないんだろ?」

「パテ・ド・カンパーニュとかでいいなら作れるけど……」

「普通にめちゃくちゃ料理できるんじゃねぇか」


 誰も作れないとは言ってない。お礼として振る舞って恥ずかしくない料理を作る自信がないだけ。

 私はつらつらとそれを述べると、志音はやけに目を輝かせた。子供が玩具を見るような目だ。


「じゃあ、和食とかも作れるのか……!?」

「和食がいいの? 分かった、じゃあ今日の夕飯はおにぎりね」

「いきなりレベル下がってんじゃねーか」


 期待したり落ち込んだり、こと料理に関する志音のリアクションは見ていて飽きない。でも、よく考えたら夕飯におにぎりとか、私が嫌だな。


「和食は苦手なんだな」

「一通り作れるくらいだよ。郷土料理はあんまり自信ないけど」

「やっぱ作れるんじゃねぇか!」


 志音がうるさいので、メニューは冷蔵庫を見て決めることになった。この会話の最中にもずっと流れていた映画は、おどろおどろしいBGMと成り下がっていて、部屋を離れる時に一時停止することすら放棄された。


「冷蔵庫の中なぁ。あんま入ってないと思うぞ」

「んじゃ、失礼しまーす、っと」

「どうだ?」

「あ、ステーキ用の肉入ってる! めっちゃいい肉じゃん! メニュー決まったね」

「初めて母さんのこと恨んだ」


 志音はお母さんを恨んでるようだけど、私にとってこれ以上無い幸運だった。うちじゃこんなにいい肉には、なかなかありつけないから。何を残念がっているんだ、この小僧は。贅沢にも程があるわ。


「まぁ出来るだけ手間かけて焼くよ」

「何するんだ?」

「焼いてる最中にスクワットしたりする」

「味に反映される手間をかけてくれ」


 私は志音にアルミホイルを用意させて、調理に取りかかった。っていっても、大雑把に言うと焼くだけだけど。


「アルミホイルなんて何に使うんだ?」

「あぁ、志音はオーブンとか使う派?」

「あ? こんなもん、じゅっと焼いて終わりだろ」

「もうお前は生肉でも食ってろ」


 信じられない。こんないい肉を適当に焼いておしまいだなんて。いや、ゴリラ的に言えば、火を通しただけでも上出来なのかもしれない。そう考えると、むしろ良くやっていると言えなくもないだろう。


「ごめんね、火、通したんだよね。偉いね」

「すっげームカつく」


 私はあやすように志音の頭を撫でて、手を洗う。パッケージから肉を出して下ごしらえしていると、電話が鳴った。空中にディスプレイが表示されるタイプのもので、手が濡れていようが、汚れていようが関係ない。料理中も気兼ねなく応じる事ができるのだ。ディスプレイをタップしようとすると、志音が口を挟んだ。


「出なくていいぞ、多分勧誘とかだ」

「勧誘?」

「あぁ。教材のセールスとか。最近は詐欺の電話も多いみたいだし、関わらない方がいいだろ」


 画面には非通知の文字が表示されている。確かに、この上なく怪しい。

 しかし、呆れたような顔で腕を組み、ディスプレイを睨んでいる志音を無視して、私は電話に出た。こんなものは出鼻でブン殴れば、何の問題も無いのだ。


「お電話ありがとうございます。こちら、鈴重警察署南交番です。あ、切れた」

「先手打ち過ぎだろ」

「札井セキュリティを忘れてもらっては困るね」

「さっきお前がその設定を忘れたせいで、私が困ったけどな」


 クレームを聞き流しながら、私の調理の手は淀みなく動く。食器を用意させることでその口を塞ぐと、今度は知らない番号から電話がかかってきた。

 ディスプレイの右上に志音と書かれている。志音はケータイにかかってきた電話をこちらに転送しているようだ。どうせ家には自分しか居ないし、と考えてのことだろうか。ケータイの電源が切れている事も多いし、掛ける側としても有り難い対策と言えなくもない。


「これ、取っちゃっていいの?」

「あ? 誰だ、これ」

「アンタにかかってきた電話でしょ」

「そうだけど……まぁいいや、あたしが出るよ」

「なんで? 私が出る」

「あたしのケータイにかかってきた電話に他のヤツが出たらおかしいだろ!」


 再び志音の声を無視しつつ、私は通話ボタンを押した。音声のみの通信なので、姿が見える心配もない。ちょっとイタズラしてやろう。


「もしもし、なんざますか?」

「お前の口調の変化が”なんざますか”だよ」

「うを!? 志音じゃねーのか!?」


 この声は知恵だ。志音に電話だなんて珍しい。っていうか、志音もクラスメートの電話番号くらい、登録しといてあげてよ。


「志音の母のクリスティーネですが?」

「あたしの母さん日本人だぞ」

「す、すみません! えっと、志音の友達の知恵って言います!」


 ヤバいコイツ信じてる。

 っていうか、クリスティーネって何?

 自分で言ったくせに、珍妙過ぎて笑いそうになるんだけど。しかし、ここまで信じてくれているのだ。私は母になりきらなきゃいけない。


「知恵さん! あなたが噂の!」

「え、噂? あたしのことなんか言ってたのか!?」

「ご学友の菜華さんといい仲だそうで」

「はぁ!? あいつそんなこと親に言ってんのかよ!」

「なんざますか! その口の利き方は!」

「すいません! いい仲です!」


 びしっと背筋を伸ばしているのが見えるようだ。堪えきれなくなり、私は笑いを噛み殺した。今まで小声で喋っていた志音だったが、見かねて「そろそろやめてやれ」と声をかけてきた。


「あー……面白かった。ごめんごめん、私だよ」

「は、はぁ!? あ、夢幻か!?」

「そーだよ、何? クリスティーネって」

「てめぇが言ったんだろーが!」


 知恵はぎゃんぎゃん吠えている。おそらく、羞恥と怒りで顔を真っ赤にしていることだろう。


「悪かったな、こいつが勝手に電話出ちまって」

「ったく、勘弁しろよ……マジでビビったろうが……」

「安心しろ、母さんは知恵のことなんて知らねぇから」

「それはそれで悲しいじゃねーか」


 複雑そうな声色が聞こえたところで、私は肉をひっくり返した。ヤバ過ぎ、めっちゃ焦げてる。これ志音の分ね。


「で、なんの用だ? 夢幻に聞かれてマズイなら、5分後にまた掛け直してくれ。今度はケータイで取るから」

「いんや、暇だったからかけただけだ」

「なんだ。あたしらこれから夕飯なんだ」

「いい仲なのはてめぇらの方じゃねーか。邪魔しちゃ悪いから切るな」

「あ、志音の肉めっちゃ焦げたから」

「炭じゃねーか!!」


 炭化したそれを志音に押し付けながら、私は知恵に話し掛ける。


「別に切らなくていいよ。っていうか菜華は? そっちこそ入り浸ってそうだったけど」

「あいつならそこでギター弾いてるよ」

「自由かよ」


 私達は菜華の自由さにドン引きしながら食事の支度をした。うん、私の肉はすごいいい感じで焼けてる。フライパンの具合を確かめる為に、分けて焼いたのは正解だった。私は自分の判断に惚れ惚れしながら、取り出した肉をアルミホイルで包む。


「お前らも泊まりなのか?」

「じゃねーの? コイツ、昨日も泊まってったし」

「やべーな」

「ところで、菜華ってなんでそんなに知恵が好きなの?」


 私は前から気になっていた疑問をぶつけた。菜華という生き物が知恵を好いている、これがデフォになっていたけど、その由来を聞いたことは無かったのだ。

 食卓についた志音も、「そーいやなんでだ?」なんて言いながら、炭にナイフを入れている。ねぇその炭食べるの?


「それがわっかんねぇんだよなぁ。心当たりと言えば、滅茶苦茶になってるコイツのネクタイを結んでやったくらいだ」

「……へ、っへぇー」


 それ、私もしたことある。

 そうか、あの日以降、知恵が私の代わりに菜華のネクタイを結んでいたのか。世話焼きなコイツの事だ。あの破滅的な、現代アートのような結び目が視界に入る度に直してやっていたのだろう。


「もしもし」

「菜華か。ギターはもういいのか?」

「えぇ。夢幻に一つ言っておきたいことがあって」

「わ、私に? なに?」

「夢幻が私のネクタイを直してくれたとき、正直落ちかけた」

「っっっっぶな!!」

「失礼だろ!?」


 志音が私を窘めるけど、これを危ないと言わずしてなんと言うの?

 一歩間違えば私がターゲットになってたんだよ? っていうか、ビックリする程惚れっぽいくせに愛が重いって怖すぎるわ。お手軽メンヘラは駄目、回避しようがないもん。


「っへぇー…………」


 知恵はあからさまに面白くなさそうな声をあげて黙り込んだ。「い、今は違う」とか「知恵だけだから」等という、かなり珍しい菜華の焦った声が電波に乗ってこちらに届く。

 ねぇ、二人ともめんどくさい。あんたら結構お似合いだよ。私は二人の痴話喧嘩を聞き流して肉を口に放り込んだ。


「あ、めっちゃおいしい」

「良かったな」

「志音はどうしてお歯黒してるの? どなたか亡くなったの?」

「お前が生成した炭のせいだよ!」


 黙らせる代わりに、志音に私のステーキを切り分けて食べさせた。眉間に寄っていた皺が、咀嚼を繰り返す度に消えていく。


「うっま……!」

「ね。こんないい肉が冷蔵庫に入ってるなんて、志音は幸せ者なんだよ」

「自分用に出された肉がRGB(0, 0, 0) って感じでもか?」


 その後、私達は食事を終えて、流しを片したけど、知恵達はまだ似たようなやりとりをしていた。知恵は既にケータイを手放してどこかに置いていたみたいだけど、時折「うるせー!」とか「ばーか!」とか言う罵声が聞こえてきたので、間違いない。


「ねぇ、二人とも。通話中だって忘れてるでしょ」


 やることも無くなった私は、大きめの声でディスプレイに話しかけてみた。すぐあとに、「おーい、聞いてるかー?」と志音の声が続く。少し間を置いて、ガサガサという音が鳴った。


「ご、ごめん! そういえば電話中だったよな!? そ、その、えーと……」

「いや、いいよ。なんとなく察してるから」

「悪ぃ……」

「仲直りのエッチでもしなよ、なんてね」

「大丈夫、今してた」

「とっとと切れ!」


 切れと言いつつ、通話終了のボタンをタップした。いや、タップと言っていいのだろうか、空中にでかでかと表示されていたそれに、殴りつける勢いで触れた。

 菜華なりの冗談だったんじゃないか? なんて、冷や汗を流しながら志音はフォローしてたけど、苦しすぎて居たたまれなくなってくる。あんな冗談を言った私も悪かったけど……あの二人のことはもう忘れよう、それがいい。


 部屋に戻ると、テレビが真っ暗になっていた。点けっぱなしで出てきた筈なんだけど。映画も終わって、そこからさらにしばらく時間が経って、スタンバイのモードにでもなっているんだろう。

 志音はディスクをケースに戻しながら、呟いた。


「なぁ」

「何?」

「ホラー映画と菜華、どっちが怖い?」

「菜華って言わない人いるの?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます