第62話 なお、西で遊んでいるとする


 飛んできた小屋は全部で6つ。目の前のこいつを入れると、合計で7つ。こちらはラーフルを入れても5人。数の優位が一瞬でひっくり返ってしまった。

 その上、向こうは空中戦に対応できるような個体である。下手にかかると、ここの住人の仲間入りを果たすことになるだろう。

 何かできることはないだろうかと思案しながら、地上に影をつくるそれらを睨みつけていると、我先にと飛び出した者がいた。


「こっちはぼくに任せて!」


 言い終わるや否や、ラーフルは空中で風車集団を迎え撃った。着地させるつもりはないらしい。たった一人であれだけの数を捌くとは。

 多勢相手は慣れているようで、全く危なげが無い。私は空を見上げながらため息をついた。


 そうして、空が既に白み始めていることに気付く。明るくなるまでにはけりをつけたい。そのためにも、人任せにしていては駄目だ。

 私はアームズを、いつものアレを呼び出してみた。


「お前、それじゃ」

「だってこれしか呼び出せないし。ちょっと確かめたいこともあったし」

「お前らもごちゃごちゃうるさいんだよぉ!」


 羽根を一枚失った風車が癇癪を起こして、激しい暴風を発生させる。お前が一番うるさいよ、と言ってやりたかったが、立っているのがやっとだ。

 巻き上げられた瓦礫や砂から、せめて顔だけは腕で守りながら、志音を見る。彼女は一切の防御を放棄して、両手で思いきり棒きれを突き出していた。


 距離があるんだから当たらないでしょ、というか間が開き過ぎていて、バグを狙っているようにすら見えない。

 棒術を志す者の素振り、これ以外の何物でもなかった。しかし、それは弾丸のような勢いで伸びて、風車を一突きした。


「!?」

「どーだ、ばーか」


 放たれた一撃は、風車小屋の壁を2枚破壊し、勢い良く貫通する。風穴を開けてからも尚伸びるそれは、風車の背後に佇んでいた木の幹を抉って、漸く制止した。

 バグはというと、回転していた羽根が棒に当たって千切れ飛んでおり、風を起こす機構を完全に失っていた。見るも無惨な状態だ。


「志音!」

「なんだ!?」

「その武器! 猿っぽくて、すごく志音っぽくていいと思う!」

「誰が孫悟空だ!」


 うん、そう。それが言いたかったの。井森さん達はラーフルとバグが衝突する度に降り注ぐ瓦礫から、村人達を守っていた。

 鞘に納めたままの長物を振り回し、怪我をしそうな瓦礫は、ほぼ全て処理している。あっちはとりあえず放っておいても平気そうだ。


「ボキは……ボキには……理想が……!」

「全ての理想が叶うと思ったら大間違いだよ」


 できるだけ速度をつけて、串刺しになっている風車にまきびしをぶつけるよう念じる。あの風車はもう風を起こすことはできない。躊躇する理由は無くなったんだ。

 志音の足止めも長くは続かないだろうから、これで終わればいいんだけど。しかしそんなに甘くはなかった。


「ふひひ……! かゆいかゆい! そんなんじゃボキは……!」


 然程ダメージを与えられなかったことに少しがっかりしつつも、冷静に次の手を打った。アームズを呼び出す。いちいち名前は呼ばない。

 残った枠2つ分、いっぺんに呼び出した。勝算はあった。いや、こうすれば勝機は見い出せると確信していた。


 リンクは呼び出す度に強くなっていく。先程一つ目の枠を消費したとき、「あと少しだ」と感じた。それが、私が志音に言った”確かめたかったこと”である。


 そして残りの枠を解放すれば、アームズのレベルが上がると”分かっていた”のだ。数値のように明確に示されたものではないが、確実にそうなると知っていた。


 呼び出したまきびしは未だに浮かす事すらできないものもある。それがレベル2だとしたら、全てのまきびしのレベルが一つ上がってから次のステージにいくものだとばかり思っていた。レベル3以上が存在するのなら、の話だけど。


 しかしそれは違ったのだ。子供と同じで、もの覚えが早い子もいれば、遅い子もいる、ということだ。


「これでもまだ痒かったら、そのときは謝るよ」


 呼び出されたばかりのまきびしは、凝りもせず風車目掛けて飛んで行く。徐々に大きくなりながら。ボーリング玉くらいの大きさになったところで壁に激突した。

 激しく上がる土煙で目視はできないが、貫通した感触が確かにあった。奥の壁も含め、2枚をきっちり打ち抜いたようだ。


「……!!!」


 サイズを変えられるようになった個体は一つだが、特に問題は無い。貫通したまきびしを自分の手元に戻すように念じると、風車小屋の穴がまた増えた。

 志音が開けた分も含めると前後で、合計6つ。風車は既にボロボロだ。風穴いくつまで、こいつは辛抱できるだろうか。いや、もしかしたら次で小屋自体が崩れるかも。ま、どっちでもいいよね。試せばわかるんだから。


「さいごに……ボキの……思いを……」


 消滅することを受け入れたのか、バグは何かを言い残そうとしていた。確かにここまでボロボロなのだ。私が手を下すまでも無い程に見える。聞くだけ聞いてやろう。


「百合えっち、見たかったな」


 最後は「なぁ……」という感じで、余韻を持たせた言い方をしたかったんだと思う。だけど、それは叶わなかった。

 私と志音の間を縫うように、後ろから飛んできた大太刀が、強制的にバグの言葉を遮ったからだ。


 刀は風車の回転の軸になる部分に刺さっている。人間でいうと眉間に当たるであろう、ど真ん中の急所のような場所。かなり深々と刺さったようで、刀身は半分程しか確認出来ない。

 遅ればせながら、私と志音は自身の横を刀が掠めていったことに気付き、顔を向ける。そういう意図はあいつにも無かったと思うけど、自然と私達は目を合わせる形になった。


「見たら殺しちゃうかも♥」


 見なくても殺しとるやんけ。


 私と志音はおろか、家森さんですらそう思っていたに違いない。どこか恥ずかしそうに微笑む井森さんに引きつつ、私はラーフルが気になって空を見た。


 バグと睨み合い、羽ばたきながら、口から細く短いビームを撃つ彼の姿があった。前に見たそれとは大違いだ。おそらく村を破壊しないように気をつけているのであろう。村自体がバグのようなものだと教えるのを忘れていた。


「こんな村、いくら壊れてもいいんだよって伝えるの忘れてたよ」

「まぁ村人もいるしな。壊さないに越したことはないだろ」


 こいつは野蛮人みたいな顔をして、たまにまともなことを言うから困る。


「あの子、めっちゃ可愛いねー! 私も名前覚えてもらいたいなー!」

「うふふ、私も是非仲良くなりたいわ」

「井森、アレはオスだぞ」

「志音さんって私のことを何だと思ってるの?」


 志音の自然な指摘に、井森さんはショックを受けたような顔をしていた。だけど、志音が言ってなかったら私が言ってたと思う。

 私は知らんぷりをしながら、ラーフルに「頑張れー」と声をかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます