トキノココンビの初めて

作者 栗饅頭

109

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

トキノコというアニメから入った人は目を疑うであろうカップリング

だがそれがいいっ!

特にトキちゃんがハキハキしてていい!思うにこの時代のトキはフレンズ化実験で個体数が増えているんだとか妄想してみる


でも私としてはオリキャラのナウさん!あのしっかりしすぎて男をダメにしそうな感じが私的にはストライクだ!
 
だから例えば飲み会で
「ボク男運無いんだぁ~シクシク」←泥酔
ってなってるところを
「じゃあ、自分ではダメですか?幸せにします」←真顔
って翌年には寿退社してるくらいの展開を妄想し、その翌月には妊娠も発覚してやがて元気な男の子を産むべきなんだナウさんは、泥酔も一撃で吹っ飛ぶぜ、ソルマックなどいらん

話は逸れましたがこれが切っ掛けでトキノコもっと流行れ




☆100まですぐだ、周りを気にせずトキノコをすこれ


★★★ Excellent!!!

所謂、漫画版と称される「けものフレンズ-ようこそジャパリパークへ!-」。

その作者であるフライ先生は、百合要素を含むお仕事絵を、よく描かれている印象があります。

当の漫画版もまた、主成分はギャグとほのぼのではあれど、そういう趣を端々から感じる内容になっていました。

…こちらの小説は、漫画版の二次創作。

どの時代、どの個体でも、奇跡的な音痴に生まれてしまう、一人の女の子と。

こちらもまた…細かな状況こそ変われど、暗い場所で、ひっそりと生きる、一人の女の子。

…漫画版では、偶然にも、この二人の道が重なる瞬間がありました。

そんな二人の、それからを。

甘めな味付けと、時々、ほろ苦いお茶菓子を添えて。

ゆったり、しっとりと描いた一本になっております。

…漫画版の二人が好きな方は、勿論ですが。

漫画版ベースの時代で広げられる、百合百合しいラブコメの可能性を探りたい…そんな方にも。

ぜひぜひ、おすすめしたい一本です。





…と、ここからは、個人的な印象を。

本作は、漫画版ベースであり、尚且つ、原作のトキとツチノコの出会いから始まる…『同時進行型』の作品です。

…なんですが、原作のキャラは、結構鳴りを潜めています。

はっきり言えば、あんまり出てきません。

正直に言えば…ツチノコに勉強を教えるなら、原作で勉強を頑張ってたオコジョの出番だろ!?って、ちょっとキレ気味に読み進めてた所も。

ですが…読み進めていくと、色々と納得させられる部分が。

栗饅頭氏の描きたい雰囲気を、原作の面子にやらせようとすると…キャラ崩壊になるのは、目に見えています。

そういう意味でも、主要なメンバーに、中身オリジナルの面々を据えたのは、良い判断だったな、と。

…ですが、それはそれ、これはこれ。

ちょい役でも、全然構いません。

漫画版が大好きな私としては、原作の面子も… 続きを読む