タイガーリリィ・ファントム




 強い光を感じて、わたしはのそりと目をさました。

 いちめんのあお色、空だろう。

 雨は遠そうだが、これだけ太陽のあたる場所はなかなかのものだ。しかし、満足しつつ下を向いてまもなく、わたしは絶望することになった。

(ああ、これはいけない)

 足元はゴツゴツとした岩場だった。そして、周囲はぐるりと海に囲まれていて、どこにも土が見えない。

 何という場所に根付いてしまったのだろう。生まれる零余子むかごたちが根をおろす場所がないではないか。これでは生まれた甲斐がない。

 己が不運を呪いつつも、さんさんと照り付ける陽光に、抗いがたい心地のよさを感じてしまう。

 仕方がない。このまま咲けるだけ咲いて、さっさと散って消えてしまおう。我々にとって、存在の価値というものは、根付いた場所によって、おおよそ決まってしまうものなのだ。それもまた、仕方のないこと。

 空虚な気持ちで対岸を見やると、わたしの生える岩場から磯を挟んだ向かいに、真っ白な砂浜があった。

 妙に静かな浜辺で、三日月が横たわったような形をしている。何だか、とても美しい場所のように感じられ、それからわたしは、飽きもせず長い時間、その砂浜を眺めて過ごした。

 時折上空をかもめが横切る以外、訪れる者のない場所かと思われたが、太陽が水平線に引き寄せられ赤く輝く頃、不意に大きな生き物が現れた。

 人間だった。砂よりも白いワンピースを身に着けた、髪の長い女の子だ。風になびく豊かな髪が、わたしの花びらと同じ鮮やかなあか色なので、なんとなく親近感をおぼえる。きっと、わたしと同じように、美しい少女に違いない。

 彼女はしばし海を眺め、それから砂浜をひと回り散歩して、波打ち際に少し近づき、やがてそそくさとどこかへ去っていった。

 なんだ、あのきれいな髪をもっと見ていたかったのに。

 少女がいなくなってからも、わたしは無人のビーチを眺め続け――一晩眠って、薄明の頃、ふと目を覚ました。

 また人間がいた。あの少女かなと思ったが、どうやらそうではないらしい。髪は赤ではなく漆黒で、女の子ではなく若い男だった。

 大きな籠を背負って、せわしなく動き回っている。何をしているのだろうと観察していると、昨日のうちに浜辺に流れ着いたものを拾っているようだ。あの砂浜には少しも雑然としたところがなく、しんと澄み渡るように美しいのは奇跡だと思っていたが、それは彼の働きによるところが大きいのかもしれない。

 曙の光が、彼のおかげで清らかに保たれている浜を照らす。

 そして、新しい朝の中でわたしは、その出会いを目撃したのだった。



 くず拾いをしていた青年が、赤い髪の女の子を見つけ――それに、少女が気付いた。 青年は、背負っていた籠をトッと砂上に置くと、まっすぐ彼女の元へ駆けていく。

『ここのお屋敷はお姫様の別荘だっていうのは、本当だったんだ』

 青年が発した明るい音が潮風と共にわたしの元まで届き、大きく広げた葉の上で跳ねる。

『お、お姫様ではない……皇帝陛下だ!』

 怒ったような、困ったような少女の音は、自慢の花びらの上でくるくると踊る。

『皇帝? 君が?』

『違う! ばか者!』

『じゃあ、君は何なの?』

『わたしは……』

 少女は何かを口にしたようだったが、囁きは小さすぎて風にのらない。すぐに彼女は逃げ出してしまった。

 一人残された浜辺で、青年は長いこと立尽くし、彼女が走っていった方向を見つめていた。

 風が、彼の浮ついた心の形を撫でて運ぶ。

 それは、蒲公英たんぽぽの綿毛がバッとはじけて旅立っていくような、無限に拡大していく高揚感。海面で陽光が反射して、世界がきらめく。わたしにもわかった。彼は今とても素晴らしいものを見つけたのだ。

 つまり、恋だ。




 翌日から、青年は果敢に少女にアタックしはじめた。

 世間話を持ち出しては首を傾げられ、食事に行かないかと誘っては断られ、名前を教えてくれと頼んでは黙り込まれる。けれど、図太い性格なのか、袖にされても気にする様子はなく、何度でも陽気に話しかけた。

 日に焼けた肌に、伸びっぱなしの黒い髪、大らかで人なつっこい笑顔。少女を本当に怒らせてしまわない程度には距離を保ちつつ、しきりに周りをウロウロし続ける様子は、人間というより大きな犬に近い。

 当初は迷惑そうな顔をしていた少女だったが、彼のまっすぐさは彼女を不快にはしなかったようだ。

 つり上がった眉が少しだけ下がり、への字口から漏れる言葉の数が僅かずつ増えていく。彼女はポツリ、ポツリと、自身のことを話した。

 海を初めて見ただとか、長い髪を大事にしているとか、朝がちょっと苦手だとか、他愛ない話ばかりだったけれど、青年がいちいち素っ頓狂な声を上げてほめたり喜んだりするので、最後には可笑しくなってきたようで――やがて、不器用に笑顔を見せた。



 白い砂浜に、二人分の足跡が続く。

 青年と少女は、並んで散歩をした。

 昨日まで饒舌だった青年は、今頃になって緊張してきたのか、口数が少ない。元々無口なタイプであろう少女は、話しかけられないと何も言わないので、二人が並んで歩く姿は、なんとも奇妙でぎこちない。

 風は踊るのをやめ、草木はじっと彼らの様子にみみをすませる。

 二人は時々口を開いて一言、二言語り、少し笑って、また口を閉ざす。波が少女のサンダルを濡らしそうになって、慌てて逃げる。慌てたついでに手と手が触れる。少女が驚いて引っ込めそうになった手のひらを、勇気を出して捕まえる。――手は、振りほどかれることはなかった。

 生き物同士が惹かれあうのは、いつだって単純明快だ。花粉を抱えたミツバチが、ふと目にとまった花に何気なく舞い降りるのと同じ。そこに理由や計画はない。

 彼と彼女も、きっと、そうして――




 ――深夜。

 葉が塩辛い水をパタパタと弾いて、異変に気付いた。

「……やっぱり、百合だ」

 潮風に痛み始めていた身体が揺れる。

 二十六夜の月の下、青年の顔があった。

 夕方までとは違う切羽詰まった様子で、闇の中ここまで泳いできたのだろう。

 黒い髪から水が滴る。先ほどから葉を塗らすそれが花弁に落ちそうになって、慌てて彼は顔を引っ込めると、懐から何かを取り出した。小さなナイフだった。

 あっと思う暇もなく、もちろん逃げることもできず。

 わたしは茎の途中から切り取られ――次に気がついたとき、青年の手の中で海を渡っていた。乱暴な行為に、不思議と怒りは沸かなかった。むしろ、岩を掴む根の感覚がなくなると、身体が綿のように軽い。

 青年はわたしを大切に抱えて、少女の住む屋敷のドアを叩いた。

 そして、しばらくして姿を見せた少女の顔を、わたしは彼女の真正面に捕らえていた。彼が無言でわたしを彼女に差し出したのだ。

 最初に感じたとおりの美しい少女だったが、目を赤く腫らしている。泣いていたらしい。



「これは……」

 百合わたしを見つめて、少女は笑わなかった。けれど、苦しそうに眉根を寄せるその瞳に喜びの灯が揺らめいているのが分かる。

「岩場に一輪だけ咲いてたのを見つけて。君に……きっと似合うと思って」

「わたしに……花など」

「似合うよ。だから……お願いだよ、名前が知りたい」

「だめだ」

「好きだ」

「……だめだったら」

 届きそうな心と心が、わたしを挟んで軋み、求め合う。

 理屈ではない。抗えないから、彼はここに来たし、彼女は扉を開けた。

「ここにいる間だけ……名前以外なら……」

 俯く少女の指がするりと伸びて、わたしを支える青年の手にそっと重なる。

「何でも――」

 触れた場所から火がつくようだ。わたしもこのまま燃えてしまうのではないかと思われるほど。

「何でも……お前にやる」

 ぶっきらぼうな囁きは、けれど隠しようもなく甘い。

「だったら――今ここにいる君が、ぜんぶ欲しい」

 わたしのあたまの上で、言葉を失った二人の気配が近づき、重なり――溶けあった。

 蝋燭の揺らめく光が、異なる二つの色の肌を仄かに浮かび上がらせる。

 彼の情熱と、少女の不安が繋がり、境界線を失って、眩く、熱く、昏く光を放つ。過去も未来もない、今この刹那の歓喜。

 二人の恋が成就する瞬間に立ち会ったのは、世界でわたしだけだった。




 窓の外が白んで、最初の光が静寂を切り裂く。

 夢から覚めた少女はひとりだった。

 彼女はのろのろと辺りを見回し、枕元に置かれた紙切れを見つけた。夜明け前に部屋を抜け出した青年が残したものだ。

 少女は寝台に腰掛けて、手にしたメモに目を落とす。彼女の脇腹から背にかけて、引き攣れた赤黒い跡が、蛇のように横たわっていた。白い肌は、よく見ると傷だらけだ。彼女はしばらく微動だにせずそれを見つめ、やがてゆらりと立ち上がって、鍛え抜かれた剣のように引き締まった肢体を、無造作にサマードレスで隠した。


 日が暮れるまで、少女は窓の外を見つめていたが、青年が姿を見せることはなかった。彼女はわたしを花瓶から引き抜き、浜辺へ連れ出した。


 新月の近い空は、無数の星々に埋め尽くされている。

 彼女はひとり、暗い波打ち際へ向かって歩みを進めた。サンダルを脱ぎ捨て、素足は波に洗われる。足は止めない。スカートが濡れても気にする様子はない。

 そして、真夏のぬるい海に腰まで浸した彼女は、握りしめていた青年のメモを広げて、しばし見つめ――そっと水に浮かべた。


『もしも、もう一度会ってくれるなら――』


 一縷の願いを刻んだ文字が闇に滲み、波に捕らわれて、水中へ消えていく。

 少女はわたしをのぞき込んだ。メモと同じように、このまま海に葬られるのだと思った刹那、彼女の唇がわたしの花弁にそうっと触れた。

「……良い香り」

 ――そう、小さく呟いた。


 儚い夢が終わる。

 青年が捧げたわたしを、少女は手放さなかった。

 きっとわたしは、この恋の幻影の花となったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る