第57話 グレートボアと本当の戦いの幕開け

「誰か! 今すぐ男爵へ伝えろ! 状況説明して応援を頼め! それから門の内側にもバリケードを作れ! そこの荷車を倒して構わん! それと西門周辺の民間人に退避を勧告しろ」

 ギルマスの叫びにバラバラとギルド職員が動き出した。

「他に、他に何かないか……。それ以前にグレートボアをどうするか……。やはり魔法と矢の一斉射撃で削れるだけ削って、Cランク冒険者で囲んで何とかするしかないのか……」

 ギルマスが小さい声で呟く。

 それを聞いて僕は、内心かなり動揺してしまった。

 ギルマスは、もう既に門が守りきれない前提で考えている。

 これはひょっとして、かなりマズい状況なのでは?

 背中に冷や汗が流れる。


「もういい、作業終了だ! 全員、門内へ撤収しろ! そして全員、門から離れるんだ!」

 ギルマスの言葉に外で作業していた人達が一斉に慌てて走りだし、門の中へと入る。

 そして全員が退避した後、門が閉められ、大きな太い角材で閂がかけられた。


「いいか! 標的はあのグレートボアだ! どこを狙えとは言わん。どこでもいい。とにかくあの突進を止めろ! 少しでもダメージを与えるんだ!」

「おう!」

「任しとけ!」

 何人かが威勢よく声を上げ、そして僕は無言で頷いた。


 グレートボアを見る。

 奴は猛スピードでどんどん近づいてきている。

 ……何と言うか……大きい? いや、大きい事はもっと前から分かっていたけど、近づいてくるとリアルに大きさを感じて怯みそうだ。

「全員、攻撃準備! 目標はグレートボア!」

 その声に全員が準備を始める。

 弓使いは弓に矢をつがえ、ギリッと引き絞り、僕達は呪文の詠唱を始めた。


「風よ、我が敵を撃て!」

「水よ、我が敵を穿け!」

「火よ、我が敵を穿け!」

「火よ、我が敵を撃て!」

「光よ、我が敵を撃て!」


 そして待つ。

 グレートボアがどんどん大きくなってくる。

 そして地鳴りのようなドドドドドというグレートボアの足音が僕の心をかき乱す。

 心臓がバクバクと大きくなっていく。

「……大きすぎじゃねぇか?」

 隣の弓使いの呟きが聞こえる。

 ……残念ながら僕も同意見だ。

 体高はどう見ても四メートル以上はあって、二階建ての建物や、ここの西門と同じぐらいはありそうに見える。象より余裕で大きいんじゃないか?

 それがドドドドと地響きと砂煙を巻き上げながら凄いスピードでこちらに向かってきている。

 あんなのに体当たりされて無事でいられるのか?

 僕の地球での常識が全力で、NO! という信号を送っている。

 どう想像してみても、あんなものと遭遇して生き残れるイメージが湧かない。

 心の中で焦りとも恐怖とも言えない何かがぐるぐると渦巻く。

 鉄の槍を握っている左手が自然と汗ばんできて、槍をギュッと握った。


 ふと、僕はこの場所に居るべきだったのか? という考えが、心の奥底から湧き上がる。

 最初は突発的に始まったスタンピードで、皆に連れられてギルドへと向かった。そこからは流れに飲まれるように、そのまま防衛に参加した。しかし、はたしてそれでよかったのだろうか。僕があんな化け物と相対する必要があるのだろうか。

 後ろを振り返り、門の内側にいる冒険者達を見る。

 ギルドで見かけた顔見知りの冒険者がいて、ダンがいて。そして一通り全員の顔を見ていくけど、第一波の後に、宿まで葡萄酒を入れに戻るだけだ、と言ってこの場を離れた若い冒険者の姿が見えない。他にも何人か最初にいた冒険者がいなくなっている気もする。

「……」

 まぁそういう事なんだろう。

 僕も彼らと同じように逃げ出していた方が良かったのだろうか、と考えた。

 頭の中でぐるぐると考える。

 そしてため息を吐き、首を振る。

 パーティメンバーを、ダンやラキを見捨てて僕だけ逃げるなんて、考えられない。結局、やるしかないのだ。

 そして僕はグレートボアを強く睨みつけた。



◆◆◆



「今だ! 放てぇぇぇ!」


 ギルマスの叫びに全員が動き出す。

 まずグレートボアに弓使いが放った矢が殺到し、その全身に突き立つ。

 しかしその毛皮に弾かれたのか、約半数は刺さらずに地面に落ちる。


「《ウインドボール》!」

「《ウォーターアロー》!」

「《ファイアアロー》!」

「《ファイアボール》!」

「《ライトボール》!」


 そこに僕達が放った魔法が飛来し、ドドドという爆発音をたてながら着弾した。

「ブギィィ!!」

 グレートボアは鬱陶しそうに一声鳴くも、スピードをほとんど落とさずに突っ込んでくる。

 ヤバい! 今までのモンスターとは強さの格が違いすぎる!

 僕のライトボールは多少魔力を多めに込めればエルシープでも吹っ飛ばせる威力があるのに、それを意に介さないどころか、他の人の魔法も合わせて一緒に食らってるのにダメージがほとんどない。

 これがBランクモンスターの強さだと言うのか?

 これが、この世界の人々が戦い続けているモンスターの強さなのか?


「手を休めるな! 休まずに放ち続けろ!」

 ギルマスのその叱責に全員が慌てて次の攻撃を用意し始める。

「光よ、我が敵を撃て《ライトボール》!」

 どんどん矢や呪文が命中するも、グレートボアは多少速度を落とすだけで走り続ける。


 そして、バリケードとして用意されていた横倒しの馬車へと突っ込み。

 ドゴッという音と共に馬車をはね飛ばした。

「はぁ?」

 僕が間抜けな声を出している間に、ふっ飛ばされた馬車が凄い勢いで壁に突っ込み、ドカンという轟音を響かせながら壁もろとも爆散する。

 何だこれは?

 何だこれは?

 これを……こんなモノを、人がどうにかすると言うのか? 出来ると言うのか?


 それでもグレートボアは止まらず、土属性持ちが作った壁を、子供が砂山でも踏み潰すように一撃で踏み崩し、門へとぶち当たった。

 その瞬間、ドゴンという音をたて、グレートボアの突進が止まる。

「やった! グレートボアを止めたぞ!」

 誰かの叫びが響く。

 が、次の瞬間、メリメリメリという音をたてながら門の閂が爆ぜ割れた。

 閂のなくなった門がギギギギと音をたてながら開いていく。


 そして、僕達とグレートボアの本当の戦いが始まったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます