第28話 勧誘、思案、返答

 それからしばらく、お互いの事やら世間話やらで盛り上がった。

 メルの機嫌も直っている。

 そして話が一段落して、会話が途切れた時、ダンが真面目な顔でこんな事を言い始めた。

「なあ……ルークはパーティ組んでないんだよな? それで、パーティを組む気はある、とも言ってたよな? ……良ければさ、俺達のパーティに入らないか? メルとラキもいいだろ?」

 そう言ってダンは皆を見た。

 外野からは「あんな魔法が使えると知ってたら先に勧誘してたのによ」とか「万年草むしりのおめーらに回復持ちなんて必要ねぇだろ」とかガヤガヤと聞こえてくる。

 外野も外野で盛り上がっているようだ。


 メルが真っ先に答える。

「いいんじゃない! 回復魔法持ちなら大歓迎よ!」

 その後、少し考える素振りを見せたラキも頷きながら「いいと思う」と言った。


 いきなりの勧誘に僕は少し驚いていた。

 まさかそういう流れになるとは思わなかったし。

 いや、回復魔法持ちが珍しいなら、そうなるのは必然なのか?

 んー、これは渡りに船と言えるのだろうか? パーティについては考えていたところだし。

 少し話しただけだけど彼等は悪い人ではないと感じた。それに久しぶりに同世代と対等に喋って、笑って、楽しかった。彼等とは、またこうやってワイワイ騒ぎたいとも思った。

 それで十分な気もする。

 でも、もっと慎重に考えないといけない事のような気もする。

 うーん……。すぐには答えを出せそうにない。

 物語の主人公達ならパッと即答出来るのだろうか? 僕には無理そうだ。


「少し考えてもいいかな? 明日には返事するからさ」



◆◆◆



 朝、一階でゴトゴトと酒場のマスターが仕込みを始める音で目を覚ました。

 この宿に泊まるようになってから毎日この音で目を覚ましている。

 しかしそれも今日で最後だ。


 昨日は、あれから部屋に戻って色々と考えた。

 でも最初から順序立てて考えていくと、意外と簡単に答えはまとまった。

 まず、この村での生活は低い位置ではあるけど安定してきた。でもこれ以上の何かをするなら、とりあえずはどこでもいいから大きな街へと出る必要がある事。

 そして、僕はこの世界を色々と見ていきたい事。

 ヒーラーだからこそパーティに所属する必要性を感じた事。

 僕をパーティに誘ってくれる彼等の事。

 その彼等を良い奴だと思った事。

 彼等が拠点としている場所が大きな街で、これからそこに帰る事。

 そうやって順番に考えていくと、迷う必要なんてなかったのでは? と思うほどあっけなく、答えは目の前にあった。


 そして僕は彼等のパーティに入る事にした。


 部屋を出て階段を下り、一階の酒場へと歩く。

 これまでの毎日、出かける前にここで薄い葡萄酒を買って水筒に入れる。

 誰も井戸水は生のままでは飲んでないし、他の冒険者もこれかエールを買って入れているので僕も真似ている。


「マスター。今日から町に出ようと思います。お世話になりました」

 そう言って軽く頭を下げる。

 最後だし酒場のマスターに別れの挨拶をした。

 この村と、そしてこの宿屋には二週間ほどしかいなかったけど、なんだかんだで最初に降り立った場所だし、のどかな村という事もあって愛着も湧いてきていた。こうやって別れの挨拶をしていると寂しい気持ちになってくる。

 マスターはこちらを確認すると、「……おう、また泊まってくれや」と言いながら軽く片手をこちらに振り、仕込みへと戻っていった。

 それを見送ると、僕は踵を返して歩きだした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます