第8話 考え抜いた結果

〈アビリティ〉

〈STRⅠ〉〈VITⅠ〉〈DEXⅡ〉〈INTⅡ〉〈MNDⅠ〉〈PIEⅢ〉〈光属性Ⅱ〉〈神聖力Ⅱ〉〈体撃Ⅲ〉〈槍撃Ⅱ〉〈盾防Ⅲ〉〈棒撃Ⅰ〉〈調理Ⅱ〉〈活性Ⅰ〉〈吸収Ⅱ〉〈信心Ⅲ〉〈集中Ⅱ〉〈視覚Ⅰ〉〈超感覚Ⅴ〉〈審美眼〉〈鑑識眼〉〈直感Ⅱ〉〈天運Ⅲ〉〈言語Ⅰ〉


 色々考えた結果、こういうアビリティ構成になった。


〈活性Ⅰ〉

 体力などの回復に関する適性。


 回復系らしい光属性を取り、〈STR〉と〈VIT〉を底上げし、物理系も魔法系の能力をまんべんなく上げ、〈活性〉など体を補助してくれそうなモノも取った。一番高いのは〈超感覚Ⅴ〉だけど、これは必要ポイントが一だったから取れただけで、これ以外だと一番高いのはⅢになる。

 ヒーラーの役割を第一に考えるなら回復魔法と書いてある〈光属性〉と、回復量が上がるっぽい〈MND〉などを最大まで取っておくのが正しそうに見えるけど、そうすると残りのポイントをそれだけで使い切る事になってしまうから、どう考えても却下だ。それはちょっと僕の方向性とは合わない。

 そもそもの話、MNDに補正がかかるという〈集中〉とか、魔力の回復に関する〈吸収〉とか、他にもヒーラーに必要そうなアビリティはあるので、ヒーラーに必要なアビリティを全て取るのは一〇〇ポイント全て使っても難しそうだし。

 武術系のアビリティを見ている時にも感じたけど、このアビリティのシステムでは回復魔法とか剣術とか一つの分野でも複数のアビリティが複雑に絡み合って形を成しているような感じがする。

 こういう万能型はゲームでは地雷扱いになるだろうけど、目指すのは、どんな状況にも対応出来る安定だ。別に世界を救いに行くわけじゃないしね。最強の力なんて必要ないし。

 うん。別に世界を救いに行くわけじゃないしね。

 そう、別に世界を救いに行くわけじゃないからね。

 大切なことなので三回言っておきました!


 ……逆にフラグになってそうで怖くなってきたぞ。


 さて、〈アビリティ〉については合計九九ポイントで終了。

 そして〈アイテム〉から一つ。


〈魔法使いセット 1〉

 樫の杖、綿のローブ、布の袋、小銭、背負袋、革の靴


 本来ならこういう消耗品にSPは使うべきではないと思う。しかし自分の格好を見て考えを変えるしかなかった。

 今の僕の格好は、裸足に下着、それに粗末な貫頭衣だけだ。テスラがどういう文明レベルかはわからないが、裸足に貫頭衣はないだろう。武器防具もなく、無一文で放り出されるのは流石に厳しいし、頭からすっぽり全身覆えるであろうローブと小銭が決め手となってこれを選んだ。

 他には〈冒険者セット 1〉もあったが、防具が胸当てで、貫頭衣に胸当てという何とも愉快な格好になりそうなので候補から外れた。


 さて、これで全て決め終わった。

 何か見落としがないか、もう一度チェックする。

 ……見落としはない……はずだ。

 後はおとなしく他の皆が終わるのを待とう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます