第5話 僕の予想は

 うちの家は神社だった。

 町中にある小さな山の上にあって、境内に家族で暮らしている和風な家もある。

 特別有名というわけでもなく、参拝客で溢れるのも年始ぐらい。当然そういう状況では神社として得られる収入だけで生活するのは難しく、何代も前から境内の武道場で剣術を中心とした古武術を教えている。今ではそれが本業のようなものだ。

 そんな家に生まれた僕も神事の手伝いをしたり境内の清掃もして、生徒と一緒に古武術を習い、高校生になってからは小さな子供に教える立場にもなったけど、どれだけ食べて運動して鍛えようとも筋力があまり付かなかった。

 力が付かないと身体能力的に劣ってしまうし、父が言うには「お前には剣術の才能は無い」らしい。でも逆にそれを補うために技術は付いたし、眼や勘は鋭くなって、体術や槍に関しては「そこそこ才能がある」という言葉を頂いた。

 しかし結局、次男だったし、神社も道場も継ぐわけじゃないし、少しモチベーションが下がっていたところでリスタージュというゲームに出会った。初めてのMMORPGという事で何もわからなかったけど、実家が神社という事で何となく名前をビショップにして、何となく神職繋がりでプリーストを選んで、何となく回復特化で育ててしまった。でもそのおかげで、クランでもちゃんとやっていけたんだけど――。


 さて、アビリティの話をしよう。

 さっき〈アビリティ〉で確認した武術系らしきアビリティ。剣撃、体撃、槍撃、斧撃、弓撃、盾防、棒撃の内、勝手に最初から取得してあったのは体撃、槍撃、盾防、棒撃の四つ。それとパラメータの中ではDEX、INT、MND、PIEが取得してあった。

 うちの道場で教えていたのは、剣術、体術、槍術で、僕はその中でも剣に憧れて一番熱心に練習していた。

 しかし僕には剣術の才能がないらしく、中々上達しなかったし、逆に体術と槍術に関しては才能があるらしく、最終的にはそれなりに上手くなったと思う。

 これ以外にも、鍛練を積み重ねても筋力が上昇しにくい体質など、総合的に考えるとアビリティについてある程度は予想出来てくる。


 つまり、簡単に言うと、

 アビリティとは“その人が持つ才能”なのではないか、という予想が僕の中で出来上がっていた。


 もし〈アビリティ〉が、ゲームなんかによく出てくるスキルみたいなモノなら、一番頑張った剣術に関係するはずの〈剣撃〉が少しぐらい取れていてもいいはずだし。それに、あまり筋力が付かなかった事もSTRやVITの才能がなかったから、とすれば辻褄が合うと思う。


 と、ここまで考えてみたが、この予想に絶対の自信がある! とまでは言い切れない。そもそも自分が持つ技術についてはともかく、才能の有無なんて客観的に判断することはかなり難しいはずなんだ。僕はたまたま父に「剣術の才能はない」と言われていたから気付けたけど……。

 いや、それに関しても結局は父の主観でしかないわけで、客観的に正しいと判断出来るようなものではないのかもしれない。身体能力に関しても僕の鍛え方に何か問題があっただけかもしれないし。

 しかし、今の状況では、限りあるパズルのピースとピースを集めて全体像を予想して、それを元に何らかの結論を出さなければいけない。それなら自分の予想を信じたいし、誰かの意見で決めて後で後悔したくない。

 だが、この事を誰かに話すかどうかはまた別だ。確証がない事を話して混乱させたくないし。

 責任が持てない事は言いたくない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます