Chapter Three

 お姫さまは、もう長いこと、塔の中で独りです。

 いつからこうしているのか、また、なぜこうしているのか、お姫さまは知りません。気づいた時には、塔の中で、白いページを埋めていました。

 淡々とした時間の流れは、お姫さまの記憶を、少しずつ溶かしていきます。昨日と今日は曖昧にくっつきあい、尽きることのない明日へ続いていきます。

 お姫さまの姿は、どれだけの時が流れようと――お姫さまには、どれほど経ったのかもうわかりませんでしたが――変わることがありません。長い金の髪を結い上げ、幼い身体に白いドレスを纏っています。ドレスには、ふんだんにレースとフリルがあしらわれ、透明な飾り玉がついています。襟許と腰には、大きなリボン。

 ですが、どれほど愛らしい姿をしていようと、何の意味もありません。見る人が、いないからです。

 お姫さまにとって、世界とはこの部屋の中。比べるものが何もないので、お姫さまにとってもやはり、こんな金の髪も銀の瞳も白いドレスも、意味がありませんでした。



 白い雲を見上げて、手を振ってみます。

 でも、この仕草は、いったい誰に教わったのでしょう。


 涙ぐむ空に、微笑みかけてみます。

 でも、お姫さまは、誰の笑顔も、自分の笑顔さえ、知らないのです。


 宙に舞う雨を、手招きしてみます。

 でも、お姫さま自身が、誰かに手招きされたことがあったでしょうか。


 囁く星たちに、歌を聴かせてみます。

 でも、声を合わせて歌ってくれる人はいません。



 けれど、お姫さまが、それらを疑問に思うことはありませんでした。

 お姫さまが、何かを想うことは、ありませんでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます